1

ベースとなるViewを生成し、その上に機能に応じたUIパーツをaddSubView()します。
その後機能を変えた場合はベースとなるViewの上のUIパーツを全てremoveFromSuperview()してから値を再設定しaddSubView()という処理を行ったのですが、
再設定後の表示が画面の左上にUIパーツがまとまった状態になり、Debug View Hierarchyで確認するとRuntimeErrorに以下のエラーが出ていました。

Layout Issues 
   -> Position is ambiguous for UILabel

StoryBoard上でAutoLayoutは設定はしてあります。
なので、再設定をしない初回は正しく表示されます。

removeFromSuperview()をした場合、インスタンスは解放されずViewとの繋がりが絶たれるだけだという認識でいたので、制約が解除されるという想定はしていませんでしたが、
UIパーツの制約が解除されてしまうということはあるのでしょうか?

2

AutoLayoutは隣接する他のビューや、superViewとの相対的な関係を表すものですので、removeFromSuperView()メソッドでビューを外した場合、たいていは制約の整合性が崩れて、書かれたような制約のエラーが起こります。
ビューを実行時に外したり追加したりなど、構造を変えた場合は制約も合わせて変更する必要があります。
実行時にコードでAutoLayoutの制約をビューに合わせて変更するのは面倒なので、可能なら別の構成のビューを用意しておいて、表示を切り替える、などとする方が簡単だと思います。

0

removeFromSuperview()API Referenceを参照してみてください。

Calling this method removes any constraints that refer to the view you are removing, or that refer to any view in the subtree of the view you are removing.

とある通り、removeFromSuperview() では、view と同時に関連する制約も取り除かれます。

制約のエラーが出るのは、storyboard 上で設定していた制約が失われてしまうためです。

コードで AutoLayout を再設定するか、もしくは removeFromSuperview() を呼び出す前にその view に関連する制約を退避させて、addSubview() 後に再度適用する必要があります。

-1

removeFromSuperview()をした場合、インスタンスは解放されずViewとの繋がりが絶たれるだけだという認識でいたので、

その認識は正しくありません。あるViewは、Superview以外のオブジェクトから強参照されていない場合、解放されます。そしてAuto Layoutによる制約(Constraint)は、この「Superview以外のオブジェクト」にはあたりません。
ここで「解放する」とは、いつでも解放されていい状態にするという意味で使われていて、直ちに解放することではないので、オブジェクトの監視システムが解放する直前の限られたタイミングで、nilをチェックすると、アドレスが取得できたりすることがあります。

こういう時は、検証用のプログラムを作ってみるといいでしょう。
ひとつのUILabelと、ふたつのUIButtonを作ります。インスタンスlabelは、Storyboard上で、Constraintの設定をしておいてください。

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    @IBOutlet weak var label: UILabel!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
    }

    @IBAction func removeLabel(_ sender: AnyObject) {
        label.removeFromSuperview()
    }

    @IBAction func nilCheck(_ sender: AnyObject) {
        if label == nil {
            print("Label is nil")
        } else {
            print("Label is not nil")
        }
    }
}

removeLabel()のボタンを押して、次にnilCheck()のボタンを押してください。

出力:Label is nil

Storyboard/Interface Builderで配置したViewは、removeFromSuperview()しない。表示からViewを消したければ、isHidden(Swift2以前では、hidden)で、非表示にする方法を選ぶ。非表示にした場合、Constraintは維持しています。

  • 1
    removeFromSuperview()でインスタンスが解放されるかどうかは他から強参照されているかどうかによります。そしてARCはGCではないので「いつでも解放されていい状態にする」ということはなく、いつ解放されるのかは常に予測可能です。また、この質問はインスタンスの解放は論点ではなくて、AutoLayoutの制約がビューを外したときに解除されてしまうのかどうか、ということを聞いていると思います。 – kishikawa katsumi 16年10月20日 4:07
  • @kishikawakatsumi ご指摘をいただいて、内容を追加しました。 – nagonsoftware 16年10月20日 4:33

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする