8

お世話になります。

以前Gitのアカウントを作成して、そのアカウントは自分のプライベートPCでしばらく使用していたのですが、最近、仕事で使用し始めました。

今回、仕事で使用しているGitアカウントと完全に分けるかたちで、別のGitアカウントを作成して、プライベート用の別のアカウント、別リポジトリを作成して使用したいのですが、自分のプライベートPCでpushをすると以前作成した(現在仕事で使用している)ユーザー名で認識されてしまい、「permissionがありません」というエラーが出てきてしまい、pushできません。

どなたか、同じPCでGitのアカウントを分ける方法をご存知でしたらご教示下さい。

よろしくお願い致します。

0

4 件の回答 4

12

SSHを使っているかHTTPSを使っているかで変わってきますが・・・

HTTPSを使う場合

HTTPSでこの問題が発生する場合、credential helper が資格情報(ユーザー名・パスワード)を記憶しているのだと思います。この場合、URLにユーザー名を記載することで、別の資格情報を記憶させることができます。

git clone https://github.com/user_a/aprojectX
 ↓
git clone https://user_a@github.com/user_a/aprojectX

参考

SSHを使う場合

この場合ユーザーは秘密鍵で識別されるので、秘密鍵を使い分ける必要があります。

環境にもよりますが、コマンドで git push/pull している場合はSSH接続に openssh を使っていることでしょう。であれば .ssh/config で接続先ごとに秘密鍵を指定できます。

例えば .ssh/config に次のような記述を行い、

Host github-private
    HostName github.com
    IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_private

github.com の代わりに上で決めた github-private をホスト名として使うと、

git clone git@github.com:user_a/projectX
 ↓
git clone git@github-private:user_a/projectX

~/.ssh/id_rsa の代わりに ~/.ssh/id_rsa_private が使われます。

なお、Githubに限って言えば、

  • プライベート用のリポジトリで仕事用のアカウントをCollaboratorとして登録する
  • (SSHなら)仕事用の公開鍵をプライベート用のアカウントに登録する

といった方法もあります。

参考


cloneするURLの書き換えは手でやってもいいですし、例えばある Github ユーザーにまとめて適用するのであれば、gitconfigに url.<base>.insteadOf というエントリを生やすことで自動で置換させることもできます。それこそ HTTPS URL からの置換をさせることもできます。

[url "git@github-private:user_a/"]
    insteadOf = https://github.com/user_a/

参考 Git リポジトリ URL を書き換える git-config の設定 "insteadOf" と "pushInsteadOf" - kakakakakku blog

またいずれの方法でもコミット時のnameやemailは別途変える必要があります。これについては conditional includes という機能で、「 ~/private/ 以下ではこの gitconfig を適用する」という設定を行うとかですかね……。

参考 includeIf を使って git config をプロジェクトごとに読み替える - kakakakakku blog

2
  • うっかり会社のアカウントでGithubにpushして、仕事中にOSSの作業をしていたのがバレる... 2016年10月12日 2:29
  • FWIW: ホスト名を分けなくても良い方法をこちらの回答に記述しました: ja.stackoverflow.com/a/90849/754
    – Yuki Inoue
    9月2日 4:34
4

OSが何か書かれていませんが、OS上でユーザーを分けたらいかがでしょうか。

1
  • 1
    わりとこれが一つの有効解だったりすると思っています。
    – Yuki Inoue
    2016年10月14日 5:31
2

複数アカウントで github 上のリポジトリに対して git 操作が上手くいかない理由は、 @unarist さんも述べているように、 github 社は github に登録された SSH (公開) 鍵に合致するものを認証として通過させ、その後に認可のロジックを行うような処理になっているため、 git プロトコル的に同一ホストに対して鍵を使い分けるような設定が基本的にできないから、この問題が発生しています。

@unarist さんの回答では、なので、 ~/.ssh/config に、鍵ごとに host の設定を行って、その名前でもって git clone などを行う方法が提示されていますが、これは、アカウントごとにホスト名を変えていかなければならず、ちょっと不便です。

自分が最近行っている方法としては、git 2.3 以降で導入された GIT_SSH_COMMAND 環境変数を設定する方法です。例えば以下のように環境変数を設定し、

export GIT_SSH_COMMAND='ssh -i ~/.ssh/another-account-key'

この設定を direnv を用いるなどしてこのアカウントを使いたい特定の作業用ディレクトリのみで有効化することで、そのディレクトリ以下にこの別アカウントでアクセスしたいリポジトリたちをまとめていけば、普段通りのフローで git clone を実行できるようになります。

参考として、 GIT_SSH_COMMAND は、 git が内部で利用する ssh コマンドを、指定したコマンドに置き換えるように指示する環境変数です。

0

参考までに、GitKrakenのProバージョンを使用すると複数アカウントの切り替えが出来るようです。
(Windows, Mac, Linux対応のGUIクライアントです)

Frequently Asked Questions

How can I use multiple GitHub / Bitbucket accounts with GitKraken?
However, with GitKraken Pro‘s multiple profile support, you can easily switch between profiles that each have their own associated GitHub and BitBucket accounts.

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。