0

HTML5とThymeleafを使用しています。

<tr>
    <th>大タイトル</th>
    <th>中だいとる</th>
    <th:block th:each="title, stat: ${titleList}">
        <th>小タイトル<a class="title-icon" xxxx><span class=アイコンを表示></span></a></th>※
    </th:block>
</tr>

上記のように th:each で小タイトルをtitleList分表示しており
小タイトルの横にはアイコンを表示し、アイコンをクリックするとダイアログが表示されるようにしています。

ここで、小タイトルを「小タイトル1」、「小タイトル2」…と表示したく、
※箇所を下記のように変更してみたのですが、

<th th:text="'小タイトル' + ${stat.count}"><a class="title-icon" xxxx><span class=アイコンを表示></span></a></th>

確かに小タイトルに番号は振られるようになったのですが、

<a class="title-icon" xxxx><span class=アイコンを表示></span></a>

で表示されていたアイコンが表示されなくなってしまいました。

変更箇所は以下のみなのですが、何がおかしいのかがわかりません…。
アドバイスを頂けると助かります。

<th>小タイトル
↓
<th th:text="'小タイトル' + ${stat.count}">

1 件の回答 1

0

th:text 属性を指定した場合、その要素の中身は全てそのテキストで置き換えられます。入れ子になっている要素、ここでは <a class="title-icon" ...> も含めて、です。
仮に子要素を残すとしたら、テキストを挿入するのが子要素の前なのか後ろなのか、あるいは間なのかわからないですし。

※以下、Thymeleafのチュートリアルを参考に書いていますが、実際に試してはいません。

ひとつの方法は、置き換えたいテキストだけを含んだ要素を作る方法です。<span> などのHTMLタグを使ってもいいですが、生成されたHTMLではやっぱりべたなテキストにしたいということであれば、 <th:block> というタグを使います。

<th><th:block th:text="'質問' + ${stat.count}" /><a class="title-icon" xxxx><span class=アイコンを表示></span></a></th>

もしくは、インライン記法が使えそうです。この場合親要素に th:inline 属性を指定しておき、属性ではなくテキスト中に [[ ]] で囲んだ式を書きます。

<th th:inline="text">質問 [[${stat.count}]]<a class="title-icon" xxxx><span class=アイコンを表示></span></a></th>

これまでの質問でも気になったのですが、Thymeleafを通して出力されたHTMLが期待と異なるというのと、HTMLの表示結果が期待したものと違う、というのは分けて考えるべきです。

表示が期待通りにならないとき、まずはブラウザのソース表示機能や開発者ツールでHTMLを見てみて、期待したものになっているかどうかを確認します。HTMLは合っているのに意図した表示にならないというのはHTML(やCSS)の問題ですし、今回のようにHTMLがおかしいというのはThymeleafのテンプレートの記述が間違っているということです。

そのためにも、Thymeleafの記法や属性を使わずにHTMLだけで組んで表示結果を確認してから、そのHTMLを生成できるようにThymeleafでマークアップしていく、という手順を踏んだ方が確実です。

1
  • 回答ありがとうございます。どちらの方法も期待動作となりました。HTMLが初めてで、このタグをなぜ使うのか?がまだ理解できておらず、とりあえず、ネットのサイトを見てまねっこ&変更してみよう!という感じで勉強しています。開発手順まで書いていただき、本当に勉強になりました。「Thymeleafの記法や属性を使わずにHTMLだけで組んで」というアドバイス、さっそく実施してみたいと思います。
    – kanko
    2016年8月16日 0:03

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする