1
select 氏名 from 顧客基本情報 where 氏名 = '漢字'

とすると結果が0件になります。

AZURE SQL管理サイトで

select 氏名 from 顧客基本情報 where 氏名 = N'漢字'

のように漢字の前にNをつけると結果が返ってくるのですが
Access側のクエリでは構文エラーとなります。

同じくAccess側のクエリで

select 氏名 from 顧客基本情報 where 氏名 = strconv('漢字',64);

としても結果は0件となります。

Access側のクエリで漢字データの検索方法をご存知の方教えてください。
よろしく願いします。

  • 「select [氏名] from [顧客基本情報] where [氏名] = strconv('漢字',64);」とするとどうなりますでしょうか。 – user4986 14年12月28日 4:02
  • heliac2001 様 回答ありがとうございます。 select [氏名] from [顧客基本情報] where [氏名] = strconv('漢字',64); としても結果は0件となります。 原因がわかりましたので、下段の回答へのコメントします。 – Yasushi Jin 14年12月29日 11:11
3

どのようにAccessで接続したかわかりませんが、ODBCデータソースからリンクテーブル経由でクエリを実行した限りでは問題なく取得できました。

参考になるかわかりませんが、詳細を書いておきます。

SQL Azure

  • 照合順序 - Japanese_CI_AI

接続クライアント

  • Windows 8.1
  • Ms Access 2013

ODBC データソース

  • プロバイダ SQL Server Native Client 11.0
    Native Clientであれば問題ないと思います。
  • Change the default database to:を目的のデータベースに変更した以外は標準のまま
    画像の説明をここに入力

テーブル

Azure 管理ポータル上で以下のsqlで作成

create table 顧客基本情報 (id int primary key, 氏名 nvarchar(32))

詳細は以下の通り

画像の説明をここに入力

SQL

select 氏名
FROM dbo_顧客基本情報
where 氏名='漢字'

access1
access2

  • 1
    flied onion様 回答ありがとうございます。 参考に頂いた•照合順序 - Japanese_CI_AIの情報が原因解明につながりました。 デフォルトではSQL_Latin_General_CP1_CI_ASのため検索時に合致しなかったようです。 ちなみに、Microsoft SQL Server Migration Assistant for Accessで250,000以上のデータを変換する場合は、スケールがBasicではNGでした。 それがわからず、照合順序を変えるのに、1日かかってしまいました。 – Yasushi Jin 14年12月29日 11:22
  • @YasushiJin さん、解決されたようでよかったです。デフォルトがJapaneseではないので見落としがちですよね。スケールの情報ありがとうございます。参考にさせてもらいます。 – flied onion 14年12月29日 12:29

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする