1

SVGにフォントを埋め込むことはできますか?
SVGにフォントを埋め込んで、そのSVGを<body>background-imageにしたいです
このようなことはできるのでしょうか?

  • 3
    趣旨からは外れますが、テキストを動かしたりしないのであれば、textをpathに変換したsvgファイルを用意するのが簡単だと思います。たとえばinkscapeなどでこの処理が可能です。参考 – rio.irikami 16年6月28日 13:42
5

ほぼ同じ質問が英語でありました。2つやり方があって、CSS<style>タグでフォントファイルをbase64にしてdata URIを埋め込む方法と、<font>タグで自前のフォントをパスで指定する方法です。@rio.irikami さんがコメントで書かれた様にpathとして足す場合、2つ目のやり方にすれば最初面倒臭いですがあとからの編集は楽です。
直接質問とは関係ありませんが、フォントを埋め込む場合データの再配布という扱いになる可能性があるのでライセンスには気をつけた方がいいと思います。

1. <style>を使う方法

SVGにCSSスタイルを足すには、

<svg ...>
  <defs>
    <style type="text/css"><![CDATA[
      @font-face {
        font-family: "Sample font";
        src: url("data:application/font-woff;charset=utf-8;base64,...");
      }
    ]]></style>
  </defs>
</svg>

のように<svg>タグ内に<defs><style>...</style></defs>をつけてそこでスタイルを指定します。ここにHTMLでつかうCSSと同じ様にフォントとそのソースを指定すればそのフォントを<text>から指定でます。ソースはウェブ上のフォントも指定できますが、サンプルの様にフォントファイルのdata URIをコピペすれば内臓もできます。...部分にbase64エンコードしたフォントファイル、application/font-woffにファイルのフォーマットをMIMEであらわしたものを指定します。サンプルは.woffフォントの場合です。.ttfならばapplication/x-font-ttf、.otfはapplication/x-font-otfの様になります。

2. <font>を使う方法

フォントをファイルとしてではなく、<font>タグを使いフォントの元であるパスを埋め込むことでフォントとして使うことができます。サンプルとそのソースW3のドキュメントを見ていただいた方がわかると思いますが、一応軽くまとめると<font>タグ内に<glyph>(書体)を足すことで1文字づつフォントを作ります。<glyph>のプロパティunicodeで文字、dでパスを指定します。

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする