0

処理が一定時間経ったらタイムアウトさせたいと思い、以下のソースをswiftで書き換えてみました。
dispatchのcancelの方法を実践してみる

var source: dispatch_source_t?    

func setTimer(date: NSDate, block:() -> ()) {

    // deltaIntervalを取得してあげる
    let deltaInterval: NSTimeInterval = date.timeIntervalSinceDate(NSDate())
    asyncAfterDelay(deltaInterval, block: block)
}

func cancelTimer() {

    print("キャンセルロジック外側に入りました。")
    if source != nil {
        print("キャンセルロジックに入りました。")
        dispatch_source_cancel(source!)
    }
}

func asyncAfterDelay(delay: NSTimeInterval, block:() -> ()) {

    return asyncAfterDate(NSDate(timeIntervalSinceNow: delay), block: block)
}

func asyncAfterDate(date: NSDate, block:() -> ()) {

    let queue: dispatch_queue_t = dispatch_queue_create("test", DISPATCH_QUEUE_SERIAL)

    source = dispatch_source_create(DISPATCH_SOURCE_TYPE_TIMER, 0, 0, queue)

    dispatch_source_set_event_handler(source!, {
        dispatch_async(dispatch_get_main_queue(), {
            // 時間になったら呼ばれるもの
            block()
            // 呼ばれたら処理をキャンセルする
            if self.source != nil {
                dispatch_source_cancel(self.source!)
            }
        })
    })

    let delta: dispatch_time_t = getDiapatchTimeByDate(date)
    dispatch_source_set_timer(source!, delta, NSEC_PER_SEC, 0)
    dispatch_resume(source!)
}

func getDiapatchTimeByDate(date: NSDate) -> dispatch_time_t {

    var interval: NSTimeInterval
    var second = Double()
    var subsecond = Double()
    var time = timespec()
    var milestone: dispatch_time_t

    interval = date.timeIntervalSince1970
    subsecond = modf(interval, &second)
    time.tv_sec = __darwin_time_t(second)
    time.tv_nsec = Int(subsecond) * Int(NSEC_PER_SEC)
    milestone = dispatch_walltime(&time, 0)

    return milestone
}

そして以下の内容で動作を確認してみました。
しかし予定では3秒後にタイムアウトするはずが一向にならずループから抜けられません・・・

func doReadInputStream(connectTime: Int) -> Int {

    // connectTime = 30

    // 現在日時にconnectTime/10の値を足した日時を取得
    let df = NSDateFormatter()
    df.calendar = NSCalendar(calendarIdentifier: NSCalendarIdentifierGregorian)
    let jpLocale = NSLocale(localeIdentifier: "ja_JP")

    df.locale = jpLocale
    df.dateFormat = "yyyyMMddHHmmssS"
    let now = df.stringFromDate(NSDate())

    let fmt = NSDateFormatter()
    fmt.calendar = NSCalendar.init(calendarIdentifier: NSCalendarIdentifierGregorian)
    fmt.dateFormat = "yyyyMMddHHmmssS"
    var date = fmt.dateFromString(now)

    let dComp = NSDateComponents()
    let connectNum = connectTime / 10
    dComp.second = connectNum
    date = NSCalendar.currentCalendar().dateByAddingComponents(dComp, toDate: date!, options: NSCalendarOptions())
    if let uwDate = date {
        fmt.stringFromDate(uwDate)
    } else {
        print("dateがnilです。")
    }

    // タイマーセット
    var isKeika = true
    setTimer(date!, block: {

        isKeika = false
    })

    // 以下のループを一定時間経ったら抜けたい
    var num = 1
    while isKeika == true {

        print("ループ:\(num)回目")
        num += 1
    }

    // ループを抜けた後の処理

書き換えを間違っている、もしくは足りない記述などがあるのでしょうか?

1

以下の部分で、メインキューにディスパッチしているので、メインスレッドが空かない限りはここで処理を待つことになります。
そしてメインスレッドはdoReadInputStream()メソッドの最後で無限ループを待っているので空くことはありません。

dispatch_source_set_event_handler(source!, {
    dispatch_async(dispatch_get_main_queue(), { // メインスレッドは無限ループしているので呼ばれない
        // 時間になったら呼ばれるもの
        block()
        // 呼ばれたら処理をキャンセルする
        if self.source != nil {
            dispatch_source_cancel(self.source!)
        }
    })
})

解決するには、メインキューにディスパッチするのをやめるか、

dispatch_source_set_event_handler(source!, {
    // 時間になったら呼ばれるもの
    block()
    // 呼ばれたら処理をキャンセルする
    if self.source != nil {
        dispatch_source_cancel(self.source!)
    }
})

以下のように、無限ループの中で適度にランループを回してあげる、の2つの方法があります。

while isKeika == true {
    print("ループ:\(num)回目")
    num += 1
    NSRunLoop.currentRunLoop().runUntilDate(NSDate(timeIntervalSinceNow: 0.01))
}

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする