1

Linux で IPv6 Routing Header Options Manipulation と同等の機能を実現する方法はありますか?

inet6_rthdr_space などを利用したいです.

http://www.manpages.info/freebsd/inet6_rthdr_space.3.html

BSD で動いていたコードを gcc でコンパイルして Arch Linux で動かそうと思っています.

  • RFC2292 の実装については cmsg(3) に記載があります。また、これらの macro を使用した *BSD compatible な API の実装例が newlib/libc/sys/linux/net/rthdr.c にあります。 – user9156 16年5月27日 7:34
  • @argus さん: newlib/libc/sys/linux/net/rthdr.c の存在は知らなかったです.rthdr.c をダウンロードして同時にコンパイルしたら無事 API が扱えました.ありがとうございます.追加で教えていただきたいのですが,この API を使って type 0 routing header (RH0) を持つパケットを作ろうと思っています.RFC5095 のため,*BSD では RH0 のコードが削除された と聞きますが,Linux では扱えますでしょうか? – sira 16年5月27日 14:23
  • 残念ながら、IETF の決定(deprecate source routing in IPv6)を受けて、BSD と同時期に Linux においても該当部分のコードが削除されてしまいましたので扱えませんね。。 – user9156 16年5月27日 15:47
  • ありがとうございました.表題の件は解決しましたので.RH0 については改めて別の質問に投稿しようと思います. – sira 16年5月28日 3:10
1

RFC2292 の実装 cmsg(3) を使った *BSD 互換な API が newlib/libc/sys/linux/net/rthdr.c にあるようです.

ありがとうございました.

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする