1

PHPでHTMLを取得する方法を調べたところ、
file_get_contents、curl_exec、HttpRequestなどの手段があるそうなのですが、
これら3つにどういう違いがあるのでしょうか?

2

file_get_contentsは内部向けで対象のファイルの内容を文字列として読み込みます。
外に出れなくもないですが、ちょっと遅いです。


cURLは、libcurlから呼び出されるデータ転送用のライブラリですね。
元々コマンドラインからcURLは使うのですが、
PHPからでも転送時のオプションを設定することで色々なプロトコルで接続できます。
ただしPHPをコンパイル時にcURLをサポートさせる必要があります。


HTTP_RequestはPearモジュールでサーバに最初から入っていることは無いですね。
モジュールのインストールに制約があるようなサーバなら使わないですね……便利ですけど
cURLをラップして作られているので出来ることはcURLとほとんど変わりませんが、
PHP5以上では並列で接続できるというメリットがあります。
curl_multiがあるのでcURLが並列処理できないわけではないです。
ただcurl_multiはCPU食いつぶして重かったような記憶があります。

2

こだわりがなければfile_get_contentsが簡単で十分です。特に問題はありません。

一方で、WebAPIのようにHTTPヘッダにアクセストークンを付けてリクエストする必要がある場合など、複雑な場合はちょっとめんどくさい指定をする必要があるので注意してください。また、Composerでライブラリを導入できるならGuzzle, an extensible PHP HTTP clientを利用するのも良い選択肢です。

性能に大差はないので、自分の用途に合って、めんどくさくない/コードが読みやすい方法を利用すれば良いです。参考までに、各方法のサンプルコードを掲げます。

file_get_contentsの場合

<?php
$query = [
    'fizz' => 'buzz',
    'ほげ' => 'ふが',
];
$get_url = 'http://httpbin.org/get?' . http_build_query($query);
$headers = [
    'User-Agent: PHP/' . PHP_VERSION,
];
$opts = [
    'http' => [
        'header' => implode("\r\n", $headers) . "\r\n",
        'content' => $body,
    ]
];
$json = file_get_contents($get_url, false, stream_context_create($opts));
var_dump(json_decode($json, true));

curlを利用する場合

<?php

$query = [
    'fizz' => 'buzz',
    'ほげ' => 'ふが',
];
$headers = [
    'User-Agent: PHP/' . PHP_VERSION,
];

$curl = curl_init('http://httpbin.org/get?' . http_build_query($query));
curl_setopt_array($curl, [
    CURLOPT_RETURNTRANSFER => true,
    CURLOPT_HTTPHEADER => $headers
]);

$json = curl_exec($curl);
var_dump(json_decode($json, true));
curl_close($curl);

Guzzle6の場合

<?php

include_once __DIR__ . '/vendor/autoload.php';

$client = new \GuzzleHttp\Client;
$query = [
    'fizz' => 'buzz',
    'ほげ' => 'ふが',
];
$res = $client->get('http://httpbin.org/get', [
    'query' => $query,
    'headers' => [
        'User-Agent' => 'PHP/' . PHP_VERSION,
    ]
]);

var_dump(json_decode($res->getBody(), true));

これらのコードは http://gihyo.jp/magazine/wdpress/archive/2016/vol92/support に書いたPHP記事のサンプルコードを抜萃したものです。(無料でダウンロードいただけます)

Vol.92の本誌ではこれらの手法の比較についてちょっと詳しく解説したので、興味があればお読みください ヾ(〃><)ノ゙☆

ちなみに、PECL HTTPのhttp\Clientは過去にPHPの公式マニュアルにも掲載されてたこともあるのですが、今年の初旬に削除されましたので推奨しません。また、PEARのライブラリは昨今ではあまり利用されません。

1

HTTP_Requestは使ったことがないので、curlとfile_get_contentsだけ回答します。

単純にURLにアクセスして情報を取得するだけであれば、file_get_contentsの方がシンプルに書けて便利です。

外部のAPIを使うためヘッダに認証キーを乗せたり、POSTで送信したりする場合は、curlの方がオプションの指定などを自然な感じで書けます。

指定できるオプションは下記にありますが、例えばプロキシを設定したり、HTTPS通信の際に証明書チェックを省略したり、という指定は、curlの方が探しやすいです。(file_get_contentsも、できなくはないと思いますが)

http://php.net/manual/ja/function.curl-setopt.php

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする