1

前提・実現したいこと

CentOS7 で、CentOS6 での runlevel に当たる設定がしたいです。
service に対する設定方法と確認方法がわかりません。

具体的には、CentOS7 で以下の代替となるコマンドを教えていただきたいです。

$ sudo chkconfig --level=2345 mysql on <- runlevel を設定
$ chkconfig --list mysql <- 設定された runlevel を確認
mysqld             0:off    1:off    2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

調べたこと

CentOS7では、runlevel ではなく target という概念に変わっていることは
なんとなくわかったのですが、
service に対する設定方法と確認方法がわかりません。

以下コマンドが chconfig --list の代替とされていたのですが、
target の確認ができません。また、target の変更方法もわかりませんでした。

systemctl list-unit-files
3

runlevel に対応する target の確認

/lib/systemd/system/runlevel*.target のリンク先を見ることで概ね理解できるかと思います。

[centos@localhost ~]$ ls -l /lib/systemd/system/runlevel*.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 15 Feb 15 14:40 /lib/systemd/system/runlevel0.target -> poweroff.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 13 Feb 15 14:40 /lib/systemd/system/runlevel1.target -> rescue.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 17 Feb 15 14:40 /lib/systemd/system/runlevel2.target -> multi-user.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 17 Feb 15 14:40 /lib/systemd/system/runlevel3.target -> multi-user.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 17 Feb 15 14:40 /lib/systemd/system/runlevel4.target -> multi-user.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 16 Feb 15 14:40 /lib/systemd/system/runlevel5.target -> graphical.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 13 Feb 15 14:40 /lib/systemd/system/runlevel6.target -> reboot.target

runlevel(相当)設定変更

ユニット定義ファイル内[Intall]セクションのWantedByディレクティブに記述します。
(以下yum install mariadb-serverでインストールしたmariadbについて書きますので適宜読み替えてください。)

CentOSオフィシャルパッケージをインストールした場合、ユニット定義ファイルは /usr/lib/systemd/system/ に置かれます。 ここにある mariadb.serviceファイルを /etc/systemd/system/ へコピーし、それを編集します。

デフォルトでは

[Install]
WantedBy=multi-user.target

となっているので前節の情報と照らし合わせると--level=2345相当であることがわかります。
これを、例えば--level=5相当に変更するのであれば、multi-user.targetgraphical.targetに書き換えます。

編集が終わったらサービスを有効化します。

# systemctl enable mariadb.service

設定確認

上記コマンド実行後、対応するディレクトリ /etc/systemd/system/*.wants/ にシンボリックリンクが置かれますのでlsで確認できます。

$ ls /etc/systemd/system/*.wants/
(前略)
/etc/systemd/system/graphical.target.wants/:
mariadb.service
(後略)

正確な意味合いは異なる(WantedByだけが対象ではない)ようですが、ある特定のサービスについて調べたいのであればsystemctl list-dependencies --reverseコマンド出力も役に立つかもしれません。

$ systemctl list-dependencies --reverse mariadb.service
mariadb.service
● └─graphical.target

参考

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする