1

phpでexecを用いてpsqlを動かそうとしました。

$cmd = '/usr/pgsql-9.3/bin/psql -U testuser example -c "SELECT * FROM test LIMIT 1"';
exec($cmd);

すると、

$ php -f test.php
Password for user testuser:

とパスワード入力を求めるプロンプトが表示されてしまいます。

パスワードを渡す方法が知りたいです。 なお、サーバの設定は変更できません。

1

パスワードを指定しなかった時に、特定のテキストファイル内容を参照する仕組みが Postgresql にはあります。

  • PostgreSQL 9.3.2 スワードファイル http://www.postgresql.jp/document/9.3/html/libpq-pgpass.html

    ...
    ユーザのホームディレクトリの.pgpassまたはPGPASSFILEで設定されるファイルは、接続にパスワードが必要な場合(かつ、他に指定されたパスワードが無かった場合)に使用するパスワードを格納するファイルです。
    ...
    Unixシステムにおいて、.pgpassの権限はグループ、他者へのアクセスをすべて拒否しなければなりません。 これはchmod 0600 ~/.pgpassといったコマンドによって行います。 権限をこれよりも緩くすると、このファイルは無視されます。 Microsoft Windowsにおいては、このファイルが安全なディレクトリに格納されていることを前提としていますので、特別に行われる権限の検査はありません。
    ...

1

interactive prompts with proc_open() on psql queryにありますが、PGPASSWORD環境変数を使うのが一番簡単です。

環境変数を渡してコマンドを実行する方法は幾つかあります。

putenvを使う方法

putenv('PGPASSWORD=password');

execの前に設定すればOKです。

コマンドに含める方法

$cmd = "PGPASSWORD=password /usr/pgsql-9.3/bin/psql -U testuser example -c "SELECT * FROM test LIMIT 1"

proc_openの引数で渡す方法

proc_openのドキュメントを見ると第5引数に環境変数を渡せます。

$process = proc_open($cmd, $descriptorspec, $pipes, 
                     null, array("PGPASSWORD" => "password"));



追記

コメントでもいただきましたが、環境変数に認証情報を入れてコマンドを動かすと、/proc//environに環境変数が出力されます。

proc_openでもexecでも同じです。putenvの場合どうなるか検証できていません。

本回答に乗っている方法は環境変数を見られても構わないような環境でのみ利用するようにして下さい。

  • 1
    環境変数に平文でパスワードを設定した場合、他のユーザが ps コマンドを使ってその環境変数を見ることができてしまう場合もありますので、PGPASSWORD 環境変数を使うのはやめておいた方が良いかと思います。代わりに、~/.pgpass ファイルを使う方がまだ安全でしょう(ファイルパーミッションに注意しなければなりませんが)。 – user4986 14年12月24日 10:49
  • ありがとうございます。このあたり、ですかね。diary.sorah.jp/2014/06/05/securing-environment-variables 今回の場合は特段シビアな環境ではないので、環境変数に入れて問題ないのですが、回答を編集しておきます。 – ISHITOYA Kentaro 14年12月24日 13:19

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする