-1

下のように書いていますが、もっとシンプルな書き方はありせんか? 重複した部分が多く、冗長な気がするのですが。

func addSomeButton(view:AnyObject) {


    let viewForMyButton = UIView()

    //...


    //Viewにボタン追加
    if view is UITextView {
        (view as! UITextView).inputAccessoryView = viewForMyButton
    } else if view is UITextField {
        (view as! UITextField).inputAccessoryView = viewForMyButton
    }
}
1

そもそものメソッドを分割してしまうと言う手もありますね。

func addSomeButton(view: UITextView) {
    let viewForMyButton = UIView()

    // 共通の処理は別メソッドにくくり出す

    view.inputAccessoryView = viewForMyButton
}

func addSomeButton(view: UITextField) {
    let viewForMyButton = UIView()

    // 共通の処理を呼ぶ

    view.inputAccessoryView = viewForMyButton
}

他の方も書かれていますが『シンプルな書き方』は受け取る人によって変わるでしょうし、自分が好きなようにやれば良いと思いますよ。

2

inputAccessoryViewUITextViewUITextField の共通の祖先 UIResponder のプロパティですから、

if view is UIResponder {
    (view as! UIResponder).inputAccessoryView = viewForMyButton
}

という感じでよろしいのではないでしょうか。

パラメータ view の型を UIResponderUIView に変更できれば、型判定も as も必要ありません。

(追記)
コメントで指摘があったように、この回答は間違いです。動きません。

  • 1
    実際にXcode上でコードを書いてみればすぐ分かるはずなのですが、UIResponderクラス(や、それを継承しただけのUIView)のinputAccessoryViewはread-onlyプロパティなので代入することができません。従ってUIResponderUIViewにキャストしてもinputAccessoryViewへの代入はコンパイル時にエラーになります。 – OOPer 16年4月22日 7:52
  • おお、本当ですね。この回答は間違いでした。 – int32_t 16年4月22日 8:13
1

例えばswitch-caseを使うとこんな書き方ができます。

    switch view {
    case let v as UITextView:
        v.inputAccessoryView = viewForMyButton
    case let v as UITextField:
        v.inputAccessoryView = viewForMyButton
    default:
        break
    }

行数はかえって増えてしまってますね。

if文にもcaseパターンが使えるので、こんな書き方もできます。

    if case let v as UITextView = view  {
        v.inputAccessoryView = viewForMyButton
    } else if case let v as UITextField = view {
        v.inputAccessoryView = viewForMyButton
    }

この場面でif文中にcaseパターンを使うのは少し無理矢理って感じもしますが。

as?演算子を使えば、caseパターンではなくif-letでも同じことが書けます。

    if let v = view as? UITextView {
        v.inputAccessoryView = viewForMyButton
    } else if let v = view as? UITextField {
        v.inputAccessoryView = viewForMyButton
    }

これが文字数的には一番短いし、一般的でしょうか。

こんな前準備をしておけば、

protocol InputAccessoryViewType: class {
    var inputAccessoryView: UIView? {get set}
}
extension UITextView: InputAccessoryViewType {}
extension UITextField: InputAccessoryViewType {}

こんな書き方もできるんですが。

    if let v = view as? InputAccessoryViewType {
        v.inputAccessoryView = viewForMyButton
    }

準備まで入れるととても「シンプル」とは言えないですね。

「もっとシンプルな書き方はありせんか?」と言う質問は少々「曖昧すぎる」気がするので、『「as!による強制キャスト」のように「使わなくて済むなら使いたくない機能」を出来るだけ省く』と解釈させてもらいました。思いつくのはこんなものでしょうか。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする