15

C/C++の非常に素朴な疑問です。

a[ i ] の i の型は何か?

です。
古き良きK&R時代であればintでしょうが、いつからか、sizeof演算子の戻り値もsize_tなので
size_tではないのか?という疑問がわきます。

とはいえ、(ちょっと強引なコードですが)

const char *a = "abcdefg";
a++;
printf("%c", a[-1]);

もありなので、-1を指定できるということはint?

C++コンテナのoperator [](...)は添字の型が定義されているから
それ(たいてい size_type)に従えばよいのですが、

単純な配列型(char []など)の添字の型はなんでしょうか?

12

Cについてですが、

配列の宣言と使用の2種類があると思いますが、

C11 のドラフト
6.7.6.2 Array declarators

1 In addition to optional type qualifiers and the keyword static, the
[ and ] may delimit an expression or *. If they delimit an expression
(which specifies the size of an array), the expression shall have an
integer type. If the expression is a constant expression, it shall
have a value greater than zero. The element type shall not be an
incomplete or function type. The optional type qualifiers and the
keyword static shall appear only in a declaration of a function
parameter with an array type, and then only in the outermost array
type derivation.

the expression shall have an integer type. If the expression is a constant expression, it shall have a value greater than zero.
とありますから

「整数型で0より大きい値」ということになると思います。
intのみ(char a[10];←この場合はリテラルの10はint)というわけではなく例えばstatic char a[10000ULL];などもOKです)


配列としてのアクセスについては、
6.5.2.1 Array subscripting

2 A postfix expression followed by an expression in square brackets []
is a subscripted designation of an element of an array object. The
definition of the subscript operator [] is that E1[E2] is identical to
(*((E1)+(E2))). Because of the conversion rules that apply to the
binary + operator, if E1 is an array object (equivalently, a pointer
to the initial element of an array object) and E2 is an integer,
E1[E2] designates the E2-th element of E1 (counting from zero).

E2 is an integer
とありますからこちらも整数型(こちらはマイナス可、(結果は配列の範囲内である必要があります(アドレスとしては最後の次のアドレスは有効、この場合は読み書きはできない)))ですね。

1

C++に関しては、std::ptrdiff_tですね。この型が実際に何になるかは実装依存ですが、符号付き整数になります。

http://en.cppreference.com/w/cpp/types/ptrdiff_t から引用

std::ptrdiff_t is used for pointer arithmetic and array indexing, if negative values are possible.

ついでに、ちょっと古いドラフトですが、こちらかも引用。
http://www.open-std.org/jtc1/sc22/wg21/docs/papers/2011/n3242.pdf

For every cv-qualified or cv-unqualified object type T there exist candidate operator functions of the form
T * operator+(T *, std::ptrdiff_t);
T & operator[](T *, std::ptrdiff_t);
T * operator-(T *, std::ptrdiff_t);
T * operator+(std::ptrdiff_t, T *);
T & operator[](std::ptrdiff_t, T *);

  • Cについても同じではないでしょうか? en.cppreference.com/w/c/types/ptrdiff_tから引用。'ptrdiff_t is used for pointer arithmetic and array indexing' – jsuzu 16年4月19日 6:48
  • en.cppreference.com/w/c/types/size_t には、size_t is commonly used for array indexingとも書いてあります。 – jsuzu 16年4月19日 7:11
  • 2
    該当サイトの説明は「演算子[]にてptrdiff_tsize_tを利用できる」と言っているだけで、添え字の型がptrdiff_t である とはなっていません。 – yohjp 16年4月19日 9:42
  • ちょっと古いドラフトですが、仕様でoperator[]について述べている部分の引用を追加しました。 – snak 16年4月19日 21:25
  • 1
    同セクションの第1パラグラフに "These candidate functions participate in the operator overload resolution process as described in 13.3.1.2 and are used for no other purpose" とあり、これを根拠にptrdiff_t型というのは少々厳しいかもしれませんね。 – yohjp 16年4月20日 13:14

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする