0

私は現在、MapKitを使っての地図アプリを作っているのですが、入力されている住所を引数に、緯度経度を出す関数を呼び出したはずなのですが上手く配列に入っておらず、fatal error: Index out of range`で落ちてしまいます。
_nameと_jyuusyoの配列には遷移前に、入力された住所と場所名が保存されています。
Xcode Version 7.3です。

import UIKit
import MapKit
import CoreLocation
import QuartzCore


let gamensize = UIScreen.mainScreen().bounds.size
var ken = "千葉県"
var _ido = [CLLocationDegrees]()
var _keido = [CLLocationDegrees?]()
var _name = ["東京ディズニーランド","東京タワー"]
var _jyuusyo = ["千葉県浦安市舞浜1−1","東京都港区芝公園4丁目2−8"]

class ViewController: UIViewController, MKMapViewDelegate{

    //MapViewの生成
    let myMapView = MKMapView()

    //配列
    var _jikan = [String]()
    var _syoyoujikan = [Int]()

    //時間表
    var a: Bool = true
    var i = 0

    //ステータスバー隠す
    override func prefersStatusBarHidden() -> Bool {
        return true

    }

    //渡された県に画面を合わせる
    func ken_settei(ken: String) {
        // geocoderを作成.
        let myGeocoder = CLGeocoder()
        let myAddress = ken
        // 正ジオコーディング開始
        myGeocoder.geocodeAddressString(myAddress, completionHandler: { (placemarks, error) -> Void in
            if let placemark = placemarks?[0] as? CLPlacemark! {
                // 地名を入力して検索リストに有れば緯度経度を取得
                if placemark != nil {
                    // 中心点の緯度経度.
                    let Lat: CLLocationDegrees = placemark!.location!.coordinate.latitude
                    let Lon: CLLocationDegrees = placemark!.location!.coordinate.longitude
                    let myCoordinate: CLLocationCoordinate2D = CLLocationCoordinate2DMake(Lat, Lon)

                    print(placemark!.location!.coordinate.latitude)
                    print(placemark!.location!.coordinate.longitude)

                    // 縮尺.
                    let myLatDist : CLLocationDistance = 200000
                    let myLonDist : CLLocationDistance = 200000

                    // Regionを作成.
                    let Region: MKCoordinateRegion = MKCoordinateRegionMakeWithDistance(myCoordinate, myLatDist, myLonDist)

                    //regionに設定したマップの表示設定をMapViewに反映
                    self.myMapView.setRegion(Region, animated: true)

                }else{
                    print("見つかりません")
                }
            }
        })


    }

    //出発地点の緯度と経度、到達地点の緯度と経度で、ルートを表示(所要時間、距離も表示)
    func rutokensaku(ido: CLLocationDegrees, keido: CLLocationDegrees, t_ido: CLLocationDegrees, t_keido: CLLocationDegrees){
        // 出発点の緯度、経度を設定.
        let myLatitude: CLLocationDegrees = ido
        let myLongitude: CLLocationDegrees = keido
        // 目的地の緯度、経度を設定
        let requestLatitude: CLLocationDegrees = t_ido
        let requestLongitude: CLLocationDegrees = t_keido

        let fromCoordinate: CLLocationCoordinate2D = CLLocationCoordinate2DMake(myLatitude, myLongitude)
        let requestCoordinate: CLLocationCoordinate2D = CLLocationCoordinate2DMake(requestLatitude, requestLongitude)

        // PlaceMarkを生成して出発点、目的地の座標をセット.
        let fromPlace: MKPlacemark = MKPlacemark(coordinate: fromCoordinate, addressDictionary: nil)
        let toPlace: MKPlacemark = MKPlacemark(coordinate: requestCoordinate, addressDictionary: nil)
        // Itemを生成してPlaceMarkをセット.
        let fromItem: MKMapItem! = MKMapItem(placemark: fromPlace)
        let toItem: MKMapItem! = MKMapItem(placemark: toPlace)

        let myRequest:MKDirectionsRequest = MKDirectionsRequest()

        myRequest.source = fromItem
        myRequest.destination = toItem

        // 複数経路の検索
        myRequest.requestsAlternateRoutes = true
        // 移動手段を車に設定.
        myRequest.transportType = MKDirectionsTransportType.Automobile
        // MKDirectionsを生成してRequestをセット.
        let myDirections: MKDirections = MKDirections(request: myRequest)
        // 経路探索.
        myDirections.calculateDirectionsWithCompletionHandler { (response, error) -> Void in

            // NSErrorを受け取ったか、ルートがない場合.
            if error != nil || response!.routes.isEmpty {
                print("エラーもしくはルートが無い")
                self._syoyoujikan.append(999999)
                return
            }

            let route: MKRoute = response!.routes[0] as MKRoute
            self._syoyoujikan.append(Int(route.expectedTravelTime/60))

            // mapViewにルートを描画.
            self.myMapView.addOverlay(route.polyline)
        }
    }

    //住所から緯度経度を取得するジオコーディング(配列に住所、緯度経度を追加)
    func Geocodering(jyuusyo: String) {
        // geocoderを作成.
        let myGeocoder = CLGeocoder()
        let myAddress = jyuusyo

        // 正ジオコーディング開始
        myGeocoder.geocodeAddressString(myAddress, completionHandler: { (placemarks, error) -> Void in
            if let placemark = placemarks?[0] as? CLPlacemark! {
                // 地名を入力して検索リストに有れば緯度経度を取得
                if placemark != nil {

                    _ido.append(placemark!.location!.coordinate.latitude)
                    _keido.append(placemark!.location!.coordinate.longitude)

                    let pin = MKPointAnnotation()
                    //ピンを刺す座標
                    let poji:CLLocationCoordinate2D = CLLocationCoordinate2DMake(placemark!.location!.coordinate.latitude, placemark!.location!.coordinate.longitude)
                    //ピンに座標指定
                    pin.coordinate = poji
                    pin.title = "\(_name[self.i])"
                    pin.subtitle = "\(_jyuusyo[self.i])"

                    self.i += 1

                    self.myMapView.addAnnotation(pin)
                    //アノテーション(ピン)のtitle, subtitleにそれぞれ緯度経度をセット.

                }else{
                    print("見つかりません")
                }
            }
        })
    }

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        //入力された県に画面を合わせる
        ken_settei(ken)

        for var i = 0; i <  _jyuusyo.count ; i++ {
            self.Geocodering(_jyuusyo[i])
        }

        for var i = 0; i < _jyuusyo.count ; i++ {
            if i + 1 < _jyuusyo.count {
                //経路を順番に表示
                self.rutokensaku(_ido[i], keido: _keido[i]!, t_ido: _ido[i+1], t_keido: _keido[i+1]!)
            }else{
                //帰り道の表示
                self.rutokensaku(_ido[i], keido: _keido[i]!, t_ido: _ido[0], t_keido: _keido[0]!)
            }
        }

        myMapView.delegate = self

        //MapView生成の処理
        //サイズと位置
        myMapView.frame = self.view.frame
        self.view.addSubview(myMapView)

        //地図の形式
        myMapView.mapType = MKMapType.Standard

    }


    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }

    // ルートの表示設定.
    func mapView(mapView: MKMapView!, rendererForOverlay overlay: MKOverlay!) -> MKOverlayRenderer! {

        let route: MKPolyline = overlay as! MKPolyline
        let routeRenderer: MKPolylineRenderer = MKPolylineRenderer(polyline: route)

        // 線の太さ
        routeRenderer.lineWidth = 4.0
        // 線の色
        routeRenderer.strokeColor = UIColor.redColor()
        return routeRenderer
    }
}
  • インデントが反映されるようにと試行錯誤されたようですが、半角スペース4つでインデントすればきちんと半角スペースも表示されます(後半のコードはそうなってますね)。一度コードを貼り付け直して、コード全体を範囲選択し、エディタ上部の {} を押してみてください。参考 meta.ja.stackoverflow.com/a/2069/8000 – unarist 16年4月12日 9:16
  • ご質問に掲載されたコード、{}が正しくバランスしていません。また、肝心のエラーを起こしている部分に関わる_ido, _keidoを含め、コード中で参照されているのに、その宣言が見当たらない変数が多数あります。その他、幾つかの箇所で(Xcode7.3を使用しているのであれば)警告が出ている部分があるはずですが、警告を無視してそのままにしておられるのでしょうか?unarist さんのコメントにありますが、ご自分の質問は編集できるはずですので、該当の変数宣言を全て含むコード全体を(正しくコンパイルできるものを修正せずに)貼り付け直してみてください。あなたのコードにはおかしなところがいくつかあるのですが、どのように変数宣言をしているのかが正しくわからないと、そのうちのどの部分がfatal error: Index out of rangeを引き起こしているのかわかりません。 – OOPer 16年4月12日 9:21
  • 変更いたしました。もう一度見てくださると有難いです – plea_114514 16年4月13日 8:04
  • 修正ご苦労様でした。今から見させてもらいます。それほど時間を置かずに何かわかると思います。 – OOPer 16年4月13日 8:14
1

クラッシュしているのはおそらく、2回目のfor文の中で_ido[i]_keido[i]を参照しているところかと思います。

最初のfor文でGeocodering()メソッドを実行していて、そこで_ido_keidoに値を追加しているので、値があるはず、と思われているかもしれませんが、CLGeocoder.geocodeAddressString()メソッドは非同期で実行されるので、次のfor文に入ったときにはまだ結果は帰ってきていません。
(geocodeAddressString()のコールバックにブレークポイントを置くかprint文を書いて実行してみると、実行されてないことがよく分かります)

for var i = 0; i <  _jyuusyo.count; i++ {
    self.Geocodering(_jyuusyo[i])
}


for var i = 0; i < _jyuusyo.count; i++ {
    if i + 1 < _jyuusyo.count {
        //経路を順番に表示
        self.rutokensaku(_ido[i], keido: _keido[i]!, t_ido: _ido[i+1], t_keido: _keido[i+1]!)
    } else {
        //帰り道の表示
        self.rutokensaku(_ido[i], keido: _keido[i]!, t_ido: _ido[0], t_keido: _keido[0]!)
    }
}

とりあえず簡単に直すのであれば、2回目のfor文をgeocodeAddressString()completionHandlerの中に書くといいと思います。

myGeocoder.geocodeAddressString(myAddress, completionHandler: { (placemarks, error) -> Void in
    if let placemark = placemarks?[0] as? CLPlacemark! {
        // 地名を入力して検索リストに有れば緯度経度を取得
        if placemark != nil {

            ...

            self.myMapView.addAnnotation(pin)
            //アノテーション(ピン)のtitle, subtitleにそれぞれ緯度経度をセット.

            // 2回目のfor文をこの辺りに移動する
            for var i = 0; i < _jyuusyo.count ; i++ {
                if i + 1 < _jyuusyo.count {
                    //経路を順番に表示
                    self.rutokensaku(_ido[i], keido: _keido[i]!, t_ido: _ido[i+1], t_keido: _keido[i+1]!)
                }else{
                    //帰り道の表示
                    self.rutokensaku(_ido[i], keido: _keido[i]!, t_ido: _ido[0], t_keido: _keido[0]!)
                }
            }

        }else{
            print("見つかりません")
        }
    }
})
  • 「とりあえず簡単に」だと「2回目のfor文」が毎回呼ばれるので、_ido, _keidoの数が揃う前にも実行されて、結局out of indexになっちゃいませんか? – OOPer 16年4月13日 8:44
  • 更にif文を付けたら解決しました。 あなたのおかげです!本当にありがとうございます! – plea_114514 16年4月13日 8:44
  • @plea_114514 さん、解決できていたのならなによりです。 – OOPer 16年4月13日 8:46
  • @LePered'OO ああ確かに。さすがに乱暴すぎますね。ありがとうございます。 – kishikawa katsumi 16年4月13日 8:48

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする