0

OS X 10.11で#include <uchar.h>と書いてコンパイルするとfatal error: 'uchar.h' file not foundとなってしまいます
なぜでしょうか?


Apple LLVM version 7.3.0 (clang-703.0.29)
Target: x86_64-apple-darwin15.4.0
Thread model: posix
InstalledDir: /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/XcodeDefault.xctoolchain/usr/bin

  • uchar.hはC11で追加されたヘッダーファイルですが、Clang/LLVMにはC標準ライブラリは含まれていないので、別途C11対応のC標準ライブラリが必要です。OSに含まれているのかXcodeに含まれるものなのかは知りませんが、どこかにuchar.hは存在しますか?(ちなみに、オープンソース版のOS X 10.11.2のLibcには含まれていません。) – alpha 16年4月10日 14:50
1

uchar.hはC11規格に含まれているのですが、clangはC11を
部分的にサポートしている状態のようです。

3

Clangが対応していないのではなく、OS XのCライブラリ(/usr/lib/libSystem.B.dylib)がuchar.hが提供するライブラリに対応しておらず、OS X自身にヘッダファイルが用意されていないからです。これはClangだけでなくGCCでも同じです。HomeBrewでいれたGCC 6.2でも同じくエラーになります(macOS 10.12で確認)。

GCCの資料になりますが、uchar.hについてはライブラリの問題となっています。

C11Status - GCC Wiki

最新のLinuxで2.16以上のglibcを採用しているのであれば、ClangでもGCCでもコンパイルは可能です。逆に言うと2.16未満のglibcを使った古いLinuxではGCCやClangをいくら最新にしても、OS Xと同じくコンパイルはできません。OS XについてはglibcではなくlibSystem.B.dylibというのを使っていますが、macOS 10.12でも対応していないようですので、いつ対応するのかは不明です。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする