4
#!/bin/sh
param_list=("param1" "param2" "param3")
for param in "${param_list[@]}"
do
  python sample.py $param
done

以上のように、ファイルにコマンドライン引数を渡してfor文で実行した際に、Ctl+c一回ではループから抜けられません。どのようにしたらよいでしょうか。

  • /bin/sh の実体は何になりますか? readlink(1) が使える環境であれば、readlink /bin/sh で調べるのが簡単だと思います。bash あるいは ksh (mksh, pdksh ではなく AT&T ksh) ではないでしょうか? 手元で調べた限りでは、シェル実装 (bash と ksh) の問題です。dash や zsh など、ほかのシェル実装では問題ありません。 – fumiyas 16年4月4日 15:40
  • 1
    Ctrl+c一回では抜けられないということは、何回かCtrl+cすれば抜けられるということですか?それなら実はもっと単純にpython sample.py $param || exitでも良いのでは? – Kenji Noguchi 16年4月4日 20:15
1

PythonインタプリタがデフォルトでSIGINTシグナルをトラップしてPython内の例外として扱っているからではないでしょうか。

OSのデフォルトの動作にするには、Pythonスクリプト中でハンドラにSIG_DFLを設定するとか。

import signal
signal.signal(signal.SIGINT, signal.SIG_DFL)
  • 2
    Ctrl+C を受けた tty はプロセスグループに SIGINT シグナルを送るので、Python プロセスだけでなく、sh プロセスにもシグナルは送られます。ざっくり調べた限りでは、この問題は sh (恐らく bash) の問題であり、Python プロセスが SIGINT を受けて終了するのが速ければ問題を回避できる可能性はありますが、根本的な解決にはなりません。 – fumiyas 16年4月4日 15:37
  • 本当だ、dashだとPython側で仕掛けしなくても終了しますね。 – emasaka 16年4月4日 16:26
0

シェルスクリプト側で trap を使うとか。

trap 'exit 1' INT
  • bash-4.3.42 で試しました。 bash の問題なのかどうかはわかりませんが、この実装において、trap ハンドラで(exit 1 以外でも)ループを抜けるのは悪いアイデアでしょうか? – Taichi Yanagiya 16年4月4日 16:29
  • 2
    悪くないと思います。SIGINT で終了したことを明示するなら、trap 'exit 130' INT がよりよいでしょう。(128 + SIGINT の整数値) – fumiyas 16年4月4日 16:56

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする