1

使用中のSQLite3データベースは、次の方法でバックアップできますね(オンラインバックアップ)

sqlite3 /path/to/db ".backup /path/to/backup"

しかしデータベースが大きいので、この方法ではディスク容量が足りません。

そこでローカルにファイルを作らずに、別のホストへバックアップを送りたいのですが、なにかいい方法がないものでしょうか。

2

NFSを使って、別のホストのディレクトリもしくはファイルをマウントし、そのマウントした先を出力先に指定すれば、ローカルファイルではなく、別のホストのファイルにバックアップされます。

0

データベースが大きすぎてバックアップが取れないということであれば、アプリケーションを停止してファイルをコピーするのが確実で一番速い方法だと思います。

一応、

sqlite3 db.sqlite3 ".dump" | ssh remotehost 'cat > a'

といったようにダンプを標準出力経由でリモートに転送する方法も考えられますが、DBが大きいのであれば

  • アプリケーションの動作が遅延する
  • バックアップに長時間かかる
  • またはその両方

といった事態が起きることが想像されます。

(そもそもバックアップも取れないほどストレージが逼迫してること自体をどうにかすべきですが)

  • もしも使用中ではないDBをバックアップするならば、これは1つのよい方法ですね。他にSCPがありますね。 – rakou1986 16年3月6日 12:05
0
sqlite3 store.db ".backup /dev/stdout" > backup.db

標準出力のリダイレクト先はなんとでも。(httpのレスポンスでもいい)

  • ありがとうございます。 httpのレスポンス(にリダイレクトして標準出力をブラウザでダウンロードする?)の詳しい方法を教えて頂けませんか。 それから、これはエラーです。 sqlite3 source.db ".backup /dev/stdout" Error: cannot open "/dev/stdout" もちろんこれは別にできなくていいのですが(echo hello | /dev/stdout のように内容が端末に表示されても良さそうなものですが) ./backup.db以外の他の場所へ出力するためにパイプをしても、このエラーが起きてしまいます。 sqlite3 source.db ".backup /dev/stdout" | ssh ... "cat > backup.db" なぜ/dev/stdoutを開けないのか分からずに困っています。 – rakou1986 16年3月4日 16:04
  • /dev/stdoutが使えるかどうかはホストOSに依存しますー。 – NoboNobo 16年3月5日 1:05
  • @rakou1986 Linux の様な /dev/stdout が使える OS 上でも同じエラーになります。sqlite3 のソースコードを眺めてみると、出力先がパイプ(FIFO)だとダメみたいです。 – user9156 16年3月5日 13:06
  • /dev/stdoutはありますが、だめでした。コードを見てくださりありがとうございます。 – rakou1986 16年3月6日 11:11
0

rdiff-backupでディレクトリの差分を同期する方法もあるようです。

aptitude install rdiff-backup
(exclusiveロックを取る)
rdiff-backup local_var user@host::/remote_var
(ロックを解放)
  • 手前味噌で少し試しただけですが、今のところこれが最も簡単で良いです。 – rakou1986 16年3月6日 11:12
  • どのみちrdiff中はサービスが止まるけれども、差分のほうがマシという考えです。ロックはexclusiveよりもsharedのほうが良さそう – rakou1986 16年3月6日 12:12

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする