0

タイトルの通り、radikoを録音するためにplayer.swfからswfextract.exeを用いてauthkey.pngを取得したいのですが、失敗してしまいます。

https://gist.github.com/booska/8861693 を参考にしています。

'rtmpdumpでRadikoを録音するWSH
'
' 起動書式例(名前無し引数)  cscript RadikoRec.vbs TBS 1:32:00 "c:\Documents and Settings\user\My Documents\Radiko\" 菊地成孔の粋な夜電波
' 起動書式例(名前付き引数)  cscript RadikoRec.vbs /i:TBS /t:1:32:00 /d:"c:\Documents and Settings\user\My Documents\Radiko\" /o:菊地成孔の粋な夜電波
'  ※詳しくは、コマンドラインの引数取得の箇所を参照のこと

Option Explicit
Dim i

'タスクスケジューラで休止モードから復帰させた場合に、必要に応じてNet接続までのマージン確保(通常はコメントアウト)
'WScript.Sleep(1000 * 5)    'スリープさせる秒数は環境により調整が必要

'コマンドラインの引数を取得(名前付き引数が優先)
Dim argStation,argRecTime,argDirectory,argOut,argSleep,argDebug,argSilent,argMail,argSendTo,argSMTP
argStation = "QRR"              '引数1(i):radiko.jp内の放送局のid
argRecTime = "00:30:00"         '引数2(t):録音時間をhh:mm:ssの形式で指定する。(前後のマージンを考慮して多く指定する)
argDirectory = "rec\"               '引数3(d):保存するホルダへのファイルパス ※例「c:\temp\radiko\」最後の「\」マークを忘れずに
argOut = "out"              '引数4(o):録音ファイル名
argSleep = "no"             '引数5(s):録音後にスリープさせるなら“yes”
argDebug = "yes"                '引数(deb):“yes”なら、動作の途中経過を逐次表示する
argSilent = "yes"               '引数(cilent):"yes"なら、外部コマンドであるwgetやrtmpdumpの実行プロンプトを表示しない
argMail = "no"                  '引数(mail):"yes"なら録音完了をメールで通知する。"att"なら録音ファイルを添付いたメールで送信する。なお大きなファイル添付は受信できない環境が多々有り、実用的ではないので注意のこと。
argSendTo = ""              '引数(sendto):メール通知する宛先 ex. hogehoge@hogehoge.jp
argSMTP = ""                    '引数(smtp):"メールボックスがあるSMTPサーバー ex. hogehoge.jp
Dim aNamed, aUnnamed
Set aNamed = WScript.Arguments.Named
Set aUnnamed = WScript.Arguments.Unnamed
If aUnnamed.Count > 0 Then
    For i = 0 To aUnnamed.Count - 1
        Select Case i
            Case 0
                argStation = aUnnamed.Item(i)
            Case 1
                argRecTime = aUnnamed.Item(i)
            Case 2
                argDirectory = aUnnamed.Item(i)
            Case 3
                argOut = aUnnamed.Item(i)
            Case 4
                argSleep = aUnnamed.Item(i)
        End Select
    Next
End If
If aNamed.Exists("i") Then  argStation = aNamed.Item("i")
If aNamed.Exists("t") Then  argRecTime = aNamed.Item("t")
If aNamed.Exists("d") Then  argDirectory = aNamed.Item("d")
If aNamed.Exists("o") Then  argOut = aNamed.Item("o")
If aNamed.Exists("s") Then  argSleep = LCase(aNamed.Item("s"))
If aNamed.Exists("deb") Then    argDebug = LCase(aNamed.Item("deb"))
If aNamed.Exists("silent") Then argSilent = LCase(aNamed.Item("silent"))
If aNamed.Exists("mail") Then   argMail = LCase(aNamed.Item("mail"))
If aNamed.Exists("sendto") Then argSendTo = LCase(aNamed.Item("sendto"))
If aNamed.Exists("smtp") Then   argSMTP = LCase(aNamed.Item("smtp"))

'メール通知の引数チェック
If argMail = "yes" or argMail = "att" Then
    If argSendTo = "" Then
        WScript.Echo " 注意:メール宛先が指定されていない為、メール通知をオフにしました。"
        argMail = "no"
    End If
    If argSMTP = "" Then
        WScript.Echo " 注意:メール送信先のSMTPサーバーが指定されていない為、メール通知をオフにしました。"
        argMail = "no"
    End If
End If

WScript.Echo "「" & argStation & "」の「" & argOut & "」を録音開始、録音時間は「" & argRecTime & "」"

'シェル起動オブジェクトを生成
Dim WSHShell,gShellStyle
Set WSHShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
If argSilent = "yes" Then
    gShellStyle = 7
Else
    gShellStyle = 10
End IF

'ファイルシステム用オブジェクトを生成(ラジコ独自認証でファイルを利用)
Dim WSHFS
Set WSHFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")

'引数で指定の録音時間を日時属性に変換
dim gRecTime
gRecTime = TimeValue(argRecTime)

'録音終了日時を求める
Dim gEndDate
gEndDate = Now() + gRecTime

'ワーク変数あれこれ
Dim gAns        '戻り値を拾う
Dim gWeekdays
gWeekdays = Array("(日)", "(月)", "(火)", "(水)", "(木)", "(金)", "(土)")  '曜日のコンスタント値
Dim lngWeekday      '今日の曜日インデックス
Dim strNow          'ファイル名とする日時文字列
Dim strSuffix           'ファイル名の接尾文字列
Dim gRecSecond      '録音時間を総秒数に変換した値
Dim strCmd          'rtmpdumpを起動するコマンドライン文字列
Dim MaxRetry
MaxRetry = 2            'リトライ回数制限値(リトライ回数がこれを超えたらギブアップ) ※常識的な回数以下にしないと、大迷惑になるので注意の事!
Dim CtrRetry
CtrRetry = 0            'リトライ回数カウンター
Dim IntervalRetry
IntervalRetry = 3       'リトライまでのインターバル基数で、このインターバル基数×リトライ回数で、リトライまでのインターバルを徐々に長して、少し長い通信途絶におけるリトライ無駄撃ちを軽減している。 ※2未満の指定は大迷惑なので厳禁!
Dim pFileName           '録音保存するファイル名
Dim aryOutFiles()       '保存した録音ファイル名の配列、リトライがなければ1ファイルのみ
Dim aryOutCtr           '録音したファイルカウントで、リトライがなければZero
aryOutCtr = 0
Do
    '録音秒数をrtmpdumpの引数形式(秒数)にする
    gRecTime = gEndDate - Now()
    gRecSecond = Hour(gRecTime) * 60 * 60 + Minute(gRecTime) * 60 + Second(gRecTime) + 20   '20秒ほどマージンを設けることで録音終了時の誤差でリトライにいってしまうことを防止する。
    '現在の曜日インデックスを求める
    lngWeekday = Weekday(Now) -1
    'ファイル名のプレフィックス(日時文字列)付きで編集
    strNow = Year(Now) & "年" & Right("0" & Month(Now), 2) & "月" & Right("0" & Day(Now), 2) & "日" & gWeekdays(lngWeekday) & Right("0" & Hour(Now), 2) & "時" & Right("0" & Minute(Now), 2) & "分 "
    If CtrRetry > 0 Then
        strSuffix = argOut & "~" & Right("000" & CtrRetry, 3)       '1分以内にリトライが発生するとファイル名が重複するのでリトライ回数もファイル名に含める
    Else
        strSuffix = argOut
    End If
    '起動するrtmpdumpのコマンドラインを編集
    pFileName = argDirectory & strNow & strSuffix & ".flv"
    strCmd = GetRadikoCmd(pFileName)
    If Left(strCmd, 5) = "error" Then
        WScript.Echo strCmd
    Else
        'rtmpdumpを起動して録音を開始する
        If argDebug = "yes" Then WScript.Echo strCmd
        WSHShell.Run strCmd,gShellStyle,True
    End If
    '録音したファイル名を記録
    if WSHFS.FileExists(pFileName) = True Then
        ReDim Preserve aryOutFiles(aryOutCtr)
        aryOutFiles(aryOutCtr) = pFileName
        aryOutCtr = aryOutCtr + 1
        WScript.Echo "warning : 録音ファイル名「" & pFileName & "」が出力されました。"
    Else
        WScript.Echo "warning : 録音ファイル名「" & pFileName & "」は出力されませんでした!"
    End If
    '録音終了の判断
    If Now() >= gEndDate Then Exit Do       '予定録音時間まで録音できたので完了
    CtrRetry = CtrRetry + 1
    If CtrRetry > MaxRetry Then
        gAns = MsgBox("abend : リトライ回数制限に達したので録音を中断!", 48, "☆録音ギブアップ☆")
        WScript.Quit(1)     'トライ回数制限を超えたら諦める
    End If
    WScript.Sleep(1000 * (IntervalRetry * CtrRetry))    'リトライ・インターバルを増やし行くのは通信途絶が長くなった場合に必要な配慮
    WScript.Echo "warning : " & Right("000" & CtrRetry, 3) & "回目のリトライが発生!"
Loop
If argMail = "yes" or argMail = "att" Then  call SendMail()     '録音完了をメールで通知する。

'パソコンを休止にする。 ※全ての環境で動作するか、ちょっと怪しい
If argSleep = "yes" Then
    WSHShell.Run "%windir%\System32\rundll32.exe powrprof.dll,SetSuspendState",,False
End If
WScript.Quit(0)

'Radiko.jpの独自認証を行い、録音用のrtmpdumpのコマンドラインを生成する
Function GetRadikoCmd(aOutPath)

    Dim playerurl,pSwfPlayer,pKeyFile,RtnCD,auth1_fms,auth2_fms
    playerurl = "http://radiko.jp/player/swf/player_4.0.0.00.swf"
    '同時複数起動でのファイル名バッティング対策で、重複しないテンポラリファイル名を生成する
    Dim pTmpName
    pTmpName = WSHFS.GetTempName()
    pSwfPlayer = "tmp\player_" & pTmpName & ".swf"
    pKeyFile = "tmp\authkey_" & pTmpName & ".png"
    auth1_fms = "tmp\auth1_fms_" & pTmpName
    auth2_fms = "tmp\auth2_fms_" & pTmpName

    '認証ステップ1:Radikoのswfプレイヤーをplayer.swfというファイル名でダウンロード
    RtnCD = WSHShell.run("bin\wget.exe -q -o """ & pSwfPlayer & """ """ & playerurl & """",gShellStyle,True)
    If RtnCD <> 0 Then
        GetRadikoCmd = "error 認証ステップ1:player.swfの取得失敗!"
        Exit Function
    Else
        If argDebug = "yes" Then WScript.Echo "認証ステップ1:player.swfの取得成功"
    End If

    '認証ステップ2:player.swfからauthkey.pngを抜き出す
    RtnCD = WSHShell.run("bin\swftools\swfextract.exe" & " -b 14 """ & pSwfPlayer & """ -o """ & pKeyFile & """",gShellStyle,True)
    If RtnCD <> 0 Then
        GetRadikoCmd = "error 認証ステップ2:authkey.pngの抜き出し失敗!"
        Exit Function
    Else
        If argDebug = "yes" Then WScript.Echo "認証ステップ2:authkey.pngの抜き出し成功"
    End If

    '認証ステップ3:auth1_fmsを取得
    RtnCD = WSHShell.run("bin\wget.exe -q" _
            & " --header=""pragma: no-cache""" _
            & " --header=""X-Radiko-App: pc_1""" _
            & " --header=""X-Radiko-App-Version: 2.0.1""" _
            & " --header=""X-Radiko-User: test-stream""" _
            & " --header=""X-Radiko-Device: pc""" _
            & " --post-data=""\r\n""" _
            & " --no-check-certificate" _
            & " --save-headers https://radiko.jp/v2/api/auth1_fms" _
            & " -O """ & auth1_fms & """",gShellStyle,True)
    If RtnCD <> 0 Then
        GetRadikoCmd = "error 認証ステップ3:auth1_fmsファイルの取得失敗!"
        Exit Function
    Else
        If argDebug = "yes" Then WScript.Echo "認証ステップ3:auth1_fmsファイルの取得成功"
    End If

    '認証ステップ4:auth1_fmsから、authtoken,length,offsetを読み取る
    Dim pFile
    Dim pLine
    Dim pAuthtoken,pLength,pOffset
    Set pFile = WSHFS.OpenTextFile(auth1_fms,1)
    Do While pFile.AtEndOfStream = False
        pLine = pFile.ReadLine
        If InStr(LCase(pLine),"x-radiko-authtoken=") <> 0 Then
            pAuthtoken = mid(pLine,InStr(pLine,"=")+1,len(pLine)-InStr(pLine,"="))
        ElseIf InStr(LCase(pLine),"x-radiko-keylength=") <> 0 Then
            pLength = mid(pLine,InStr(pLine,"=")+1,len(pLine)-InStr(pLine,"="))
        ElseIf InStr(LCase(pLine),"x-radiko-keyoffset=") <> 0 Then
            pOffset = mid(pLine,InStr(pLine,"=")+1,len(pLine)-InStr(pLine,"="))
        End If
    Loop
    pFile.Close

    If argDebug = "yes" Then WScript.Echo "認証ステップ4:x-radiko-authtoken=" & pAuthtoken & " ,x-radiko-keylength=" & pLength & " ,x-radiko-keyoffset=" & pOffset

    '認証ステップ5:authkey.pngのoffsetのlengthの内容から、base64の値であるpartialkeyを求める
    Dim pXmldom,pB64,pStream,partialkey

    Set pXmldom = CreateObject("Microsoft.XMLDOM")
    Set pB64 = pXmldom.CreateElement("work")
    pB64.DataType = "bin.base64"

    Set pStream = CreateObject("ADODB.Stream")
    pStream.Type = 1
    pStream.Open
    pStream.LoadFromFile pKeyFile
    pStream.position = pOffset
    pB64.NodeTypedValue = pStream.Read(pLength)

    partialkey = pB64.Text
    pStream.Close
    Set pStream = Nothing

    If argDebug = "yes" Then WScript.Echo "認証ステップ5:partialkey=" & partialkey

    '認証ステップ6:上記で求めたキーからauthtokenとpartialkeyをradikoに送り認証を成立させる
    Dim key
    RtnCD = WSHShell.run("bin\wget.exe -q" _
            & " --header=""pragma: no-cache""" _
            & " --header=""X-Radiko-App: pc_1""" _
            & " --header=""X-Radiko-App-Version: 2.0.1""" _
            & " --header=""X-Radiko-User: test-stream""" _
            & " --header=""X-Radiko-Device: pc""" _
            & " --header=""X-Radiko-Authtoken: " & pAuthtoken & """"_
            & " --header=""X-Radiko-Partialkey: " & partialkey & """"_
            & " --post-data=""\r\n""" _
            & " --no-check-certificate" _
            & " https://radiko.jp/v2/api/auth2_fms" _
            & " -O """ & auth2_fms & """",gShellStyle,True)
    If RtnCD <> 0 Then
        GetRadikoCmd = "error 認証ステップ6:authtokenとpartialkeyの失敗!"
        Exit Function
    Else
        If argDebug = "yes" Then WScript.Echo "認証ステップ6:authtokenとpartialkeyの送信成功"
    End If

    '録音の為のrtmpdumpのコマンドラインを返す
    GetRadikoCmd = "bin\rtmpdump.exe -v " _
        & " --stop " & gRecSecond _
        & " -r ""rtmpe://f-radiko.smartstream.ne.jp""" _
        & " --playpath ""simul-stream.stream""" _
        & " --app """ & argStation & "/_definst_""" _
        & " -W " & playerurl _
        & " -C S:"""" -C S:"""" -C S:"""" -C S:" & pAuthtoken _
        & " --live" _
        & " --flv """ & aOutPath & """"

    'テンポラリファイルを消す
    If argDebug <> "yes" Then
        WSHFS.DeleteFile pSwfPlayer, True
        WSHFS.DeleteFile pKeyFile, True
        WSHFS.DeleteFile auth1_fms, True
        WSHFS.DeleteFile auth2_fms, True
    End If

End Function

'メール通知(CDOでメール送信できる環境であることが前提、例えばHome Editionなどは使えないと思われる。ポート25が開いていないLANでも利用できない。)
Function SendMail()
    Dim oMsg
    Dim pBody
    Dim pFileNm
    Dim oFile
    Set oMsg = CreateObject("CDO.Message")
    oMsg.From = argSendTo
    oMsg.To = argSendTo
    oMsg.Subject = "録音が完了しました。 放送局 : " & argStation & " ファイル : " & argOut
    pBody = "録音が完了しました" & vbCrLf
    For Each pFileNm In aryOutFiles
        pBody = pBody & "録音ファイル名 : " & pFileNm & vbCrLf
        '録音したファイルを添付する(録音時間が長い場合に受信でるかは、送信先のSMTPサーバーの設定に依存する)
        If argMail = "att" Then
            Set oFile = WSHFS.GetFile(pFileNm)
            oMsg.AddAttachment(oFile.Path)      'フルパスじゃないと添付出来ない
        End If
    Next
    oMsg.TextBody = pBody
    oMsg.Configuration.Fields.Item ("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/sendusing") = 2
    oMsg.Configuration.Fields.Item ("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpserver") = argSMTP
    oMsg.Configuration.Fields.Item ("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpserverport") = 25
    oMsg.Configuration.Fields.Update
    oMsg.Send
End Function

実行例

PS C:\radiko> cscript radiko.vbs QRR 0:01:00 "rec\" qrrt
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.8
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

「QRR」の「qrrtest」を録音開始、録音時間は「0:01:00」
認証ステップ1:player.swfの取得成功
error 認証ステップ2:authkey.pngの抜き出し失敗!
warning : 録音ファイル名「rec\2016年03月02日(水)12時06分 qrrtest.flv」は出力されませんでした!
warning : 001回目のリトライが発生!
認証ステップ1:player.swfの取得成功
error 認証ステップ2:authkey.pngの抜き出し失敗!
warning : 録音ファイル名「rec\2016年03月02日(水)12時06分 qrrtest~001.flv」は出力されませんでした!
warning : 002回目のリトライが発生!
認証ステップ1:player.swfの取得成功
error 認証ステップ2:authkey.pngの抜き出し失敗!
warning : 録音ファイル名「rec\2016年03月02日(水)12時06分 qrrtest~002.flv」は出力されませんでした!

このように、authkey.pngの取得に失敗します。
swfextract.exeは、bin/swftools/内にあります。

RtnCD = WSHShell.run("bin\swftools\swfextract.exe" & " -b 14 """ & pSwfPlayer & """ -o """ & pKeyFile & """",gShellStyle,True)

この部分で何かしら構文ミスがあるのか、そもそもswfextract.exeがちゃんと動いてないのか、原因が分からない状態です。

動作環境

windows8.1/64bit
swftools-0.9.0
Windows PowerShell

binフォルダ

bin/
    swftools/swfextract.exe
    rtmpdump.exe
    wget.exe
    libeay32.dll
    libssl32.dll
  • WSHShell.run("bin\swftools\swfextract.exe" & ... &"""", ...) の直前に WScript.Echo "bin\swftools\swfextract.exe" & ... & """" と書いて、実際に実行されているコマンドを確認してみてください。そのコマンドを手動で実行することで、もしswfextractがエラーを出していればそれも見れるはずです。 – unarist 16年3月2日 9:46
  • ご指摘ありがとうございます。182行目,48行目にて識別子エラーがでました。 C:\radiko\radiko.vbs(182, 48) Microsoft VBScript コンパイル エラー: 識別子がありません。 48行目:If aNamed.Exists("s") Then argSleep = LCase(aNamed.Item("s")) 182行目はご指摘を受けて追加した行です。 48行目は録音後スリープする時に使用する変数ですが、authkeyの取得に関係しているのでしょうか…。済みませんが引き続きアドバイスを頂けますと幸いです。 – うしろのこ 16年3月3日 2:47
  • それは182行目48文字目という意味です。...と省略した個所をそのまま書いていないでしょうか?正確にはWScript.Echo "bin\swftools\swfextract.exe" & " -b 14 """ & pSwfPlayer & """ -o """ & pKeyFile & """" 、つまりWSHShell.run に渡した第一引数を WScript.Echo に渡してほしかったのです。 – unarist 16年3月3日 2:53
  • vb事態触りたてなものでご迷惑おかけしました。上記文を追加し実行したところ、 認証ステップ1:player.swfの取得成功"bin\swftools\swfextract.exe" & " -b 14 """ & pSwfPlayer & """ -o """ & pKeyFile & """" error 認証ステップ2:authkey.pngの抜き出し失敗! warning : 録音ファイル名「rec\2016年03月03日(木)16時30分 TBStxt.flv」は出力されませんでした! と出ました。182行目をWScript.Echoで実行したところauthkey.pngの抽出に成功しました。ありがとうございました。 その後の処理で再びエラーが出てしまいました。 以下ソース 認証ステップ3:auth1_fmsファイルの取得成功 認証ステップ4:x-radiko-authtoken=8oEaGlGB-KSJEzmLYv5LwQ ,x-radiko-keylength=16 ,x-radiko-keyoffset=56769 C:\radiko\radiko.vbs(239, 2) ADODB.Stream: ファイルを開けませんでした。 調べたところ、パスが間違っている可能性があるそうですが、何処を直せばよいのか分かりません。度々申し訳ありませんがご教授お願いします。。。 – うしろのこ 16年3月3日 8:34
  • 長くなりそうなのでチャットに移動しました。ひょっとしてチャットに投稿できないようでしたら、こちらでコメント下さい。 chat.stackexchange.com/rooms/36499 – unarist 16年3月3日 10:36

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする