0

swift初心者です、現在既存のコードを編集し、わからない部分を調べつつswiftの学習をしています。

https://sites.google.com/a/gclue.jp/swift-docs/

こちらのサイトの「015 UIViewControllerで画面遷移する」のプログラムをベースに

http://swift-salaryman.com/nsuserdefaults.php

こちらのサイトのArrayの項目を参考にしFirstViewControllerで保存した配列データをSecondViewControllerのラベルに表示するというプログラムを作成しようとしたところ、outputLabel.text = arr[0][0] の部分で

Type 'AnyObject!' has no subscript members

のエラーが出てきました。詳しい方ご教授お願いします。

import UIKit

var dictionary : [[String]] = [["0"],["1"]]
class FirstViewController: UIViewController,UITextFieldDelegate {

    var saveField: UITextField!//saveField

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        self.view.backgroundColor = UIColor.grayColor() // 背景色をGreenに
        // nextボタンの生成
        let nextButton: UIButton = UIButton(frame: CGRectMake(0,0,120,50))
        nextButton.backgroundColor = UIColor.redColor();
        nextButton.layer.masksToBounds = true
        nextButton.setTitle("Next", forState: .Normal)
        nextButton.layer.cornerRadius = 20.0
        nextButton.layer.position = CGPoint(x: self.view.bounds.width/2 , y:self.view.bounds.height-50)
            //ボタンアクション
        nextButton.addTarget(self, action: "onClickMyButton:", forControlEvents: .TouchUpInside)
        //saveボタンの生成
        let saveButton: UIButton = UIButton(frame: CGRectMake(0,0,100,25))
        saveButton.backgroundColor = UIColor.redColor();
        saveButton.layer.masksToBounds = true
        saveButton.setTitle("保存", forState: .Normal)
        saveButton.layer.cornerRadius = 3.0
        saveButton.layer.position = CGPoint(x: (self.view.bounds.width/2)+70 , y:self.view.bounds.height-530)
            //ボタンアクション
        saveButton.addTarget(self, action: "onClickSaveButton:", forControlEvents: .TouchUpInside)
        //saveFieldの作成
        saveField = UITextField(frame: CGRectMake(0,0,250,30))
        saveField.delegate = self        // Delegateの設定
        saveField.borderStyle = UITextBorderStyle.RoundedRect        // 枠を表示する.
        saveField.layer.position = CGPoint(x:self.view.bounds.width/2,y:100)    //位置決め

        // Viewに追加
        self.view.addSubview(saveField)
        self.view.addSubview(nextButton)
        self.view.addSubview(saveButton)
    }

    //Nextボタン処理
    internal func onClickMyButton(sender: UIButton){
        let mySecondViewController: UIViewController = SecondViewController()        // SecondViewControllerに遷移
        mySecondViewController.modalTransitionStyle = UIModalTransitionStyle.CrossDissolve        // アニメーション設定
        self.presentViewController(mySecondViewController, animated: true, completion: nil)        // Viewの移動
    }
    //saveボタン処理
    func onClickSaveButton(sender: UIButton){
        dictionary[0][0] = String(saveField.text)   //現在の値をdictionaryに格納
        NSUserDefaults.standardUserDefaults().setObject(dictionary, forKey:"dictionarySaveDate")   //保存処理
        NSUserDefaults.standardUserDefaults().synchronize()    //書いたほうがいいらしい
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }
}

//////////////////////////////////    SecondViewController    ////////////////////////////////////////////////////

class SecondViewController: UIViewController,UITextFieldDelegate {

    override func viewDidLoad() {
        //保存データの読み込み
        let arr: AnyObject! = NSUserDefaults.standardUserDefaults().arrayForKey("dictionarySaveDate")
        // 背景色を設定.
        self.view.backgroundColor = UIColor.whiteColor()
        // ボタンを作成.
        let backButton: UIButton = UIButton(frame: CGRectMake(0,0,120,50))
        backButton.backgroundColor = UIColor.redColor();
        backButton.layer.masksToBounds = true
        backButton.setTitle("Back", forState: .Normal)
        backButton.layer.cornerRadius = 20.0
        backButton.layer.position = CGPoint(x: self.view.bounds.width/2 , y:self.view.bounds.height-50)
            //ボタンアクション
        backButton.addTarget(self, action: "onClickMyButton:", forControlEvents: .TouchUpInside)
        self.view.addSubview(backButton)
        // ラベル作成
        let outputLabel: UILabel = UILabel(frame: CGRectMake(0,0,200,50))
        outputLabel.backgroundColor = UIColor.orangeColor()
        outputLabel.layer.masksToBounds = true
        outputLabel.layer.cornerRadius = 20.0

        outputLabel.text = arr[0][0]    //ERROR   Type 'AnyObject!' has no subscript members

        outputLabel.textColor = UIColor.whiteColor()
        outputLabel.textAlignment = NSTextAlignment.Center
        outputLabel.layer.position = CGPoint(x: self.view.bounds.width/2,y: 200)
        self.view.addSubview(outputLabel)
    }


    internal func onClickMyButton(sender: UIButton){
        let myViewController: UIViewController = FirstViewController()  // 遷移するViewを定義
        myViewController.modalTransitionStyle = UIModalTransitionStyle.FlipHorizontal   // アニメーションを設定
        self.presentViewController(myViewController, animated: true, completion: nil)   // Viewの移動
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
}
1

動作確認がしにくかったので、FirstViewControllerの方を少し修正させていただきました。

    //saveボタン処理
    func onClickSaveButton(sender: UIButton){
        saveField.resignFirstResponder() //->他にUITextFieldがなければキーボードが隠れる
        dictionary[0][0] = String(saveField.text)   //現在の値をdictionaryに格納
        NSUserDefaults.standardUserDefaults().setObject(dictionary, forKey:"dictionarySaveDate")   //保存処理
        NSUserDefaults.standardUserDefaults().synchronize()    //書いたほうがいいらしい
    }

テストの際は外部キーボードを有効にしているのだと思いますが、実際のアプリでは外部キーボードを接続しているユーザはほとんどいません。この辺り「学習」を進めて実アプリを構築される場合までに実アプリでの定番の処理を覚えていってください。

さて本題です。Swiftでデータ型がらみのエラーが出た場合には、エラーが発生している行をより細かく分解していくと、どこが誤りなのかが分かりやすくなります。

    let innerArr = arr[0]
    let value = innerArr[0]
    outputLabel.text = value //->error: cannot assign value of type 'AnyObject!' to type 'String?'

どうやらSwiftが本当に報告すべき内容は「outputLabel.textのデータ型はString?なので、AnyObject!型の値は代入できません」と言うことのようです。

Swiftは現在発展途上の言語で、特にデータ型が絡んだエラー診断メッセージについては時折理解不能なことを言うことがあります。(今回のは、英語でバグ報告が書けるなら、Appleかswift.orgにバグ報告を書いてもらった方が良いレベルです。)今のところは慣れてもらって、「何かしらのデータ型にまつわるエラーがありますよ」と言う報告だと思って読むようにしてください。

さて上記のコードで出るエラーは3行目を次のように修正すると解消することができます。

    outputLabel.text = (value as! String)

カッコは中途半端にお節介なSwiftの診断メッセージを黙らせるために必要なのですが、これは置いて、あなたのもとのoutputLabel.text = arr[0][0]にもas! String等で明示的な型変換を記載してやれば、とりあえずエラーは解消できるはずです。

ただし、それはあまり正しい解決方法とは言えません。あなたのSecondViewControllerでは、こんな行でarrを定義しています。

    let arr: AnyObject! = NSUserDefaults.standardUserDefaults().arrayForKey("dictionarySaveDate")

あなたのコード全体が正常に動作していれば、NSUserDefaults.standardUserDefaults().arrayForKey("dictionarySaveDate")の値は[[String]]であることがわかっているのに(arrayForKey(_:)の戻り値の型よりさらに情報の少ない)AnyObject型としてarrを宣言してしまっています。

ここではやはりarr[[String]]型で宣言するべきでしょう。また、もし異なるデータ型であればプログラムのどこかに誤りがあるので、簡単なチェックをした上でおかしい場合は開発者にわかるようなメッセージを出した方が良いでしょう。最新のSwiftにはguard文というのがあるので、そちらの出番になります。
 let arr: AnyObject! = ...の1行を次のように書き換えてみてください。

        guard let arr = NSUserDefaults.standardUserDefaults().arrayForKey("dictionarySaveDate") as? [[String]] else {
            print("Error in dictionarySaveDate")
            return
        }

これでarr[[String]]型として宣言されたことになり、それ以外のデータ型であればメッセージを表示して処理を中断することになります。この変更によりoutputLabel.text = arr[0][0]の部分は元のあなたのコードのままでエラーが出なくなるはずです。

一般的に、データ型がはっきりとわかっているのに変数のデータ型をAnyObjectとしてしまうと、データ型に起因する謎のエラーに悩まされることが多くなります。できるだけ使用は避けた方が無難でしょう。

なんで次のViewControllerにデータ渡したいだけでNSUserDefaultsなんかつこてるねん?とかなんで配列やのに変数名がdictionaryやねん?とか、突っ込みどころはたくさんあるのですが、「学習」から実アプリを意識したコーディングに移るまでの間にしっかり改善していってください。(学習用のコードは時折、説明したいポイントになることを示すために実アプリではやらないようなコードになっていることもよくあります。お気をつけて。)

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする