-1

ElasticSearchにおけるaggregationクエリ内でのField追加及び日付指定について、
以下、アグリゲーションで指定フィールドを集約した結果を日付で抽出し、上位を表示させております。

まずは1点目の質問
1.集約されたフィールドがそれぞれ表示されますが、そこにデータを追加で表示させたいのですがどのようにすればよろしいでしょうか。

    "key" : "122.xxx.xxx.xxx",
    "doc_count" : 2013,
    "sample_sum" : {
      "value" : 7730929.0
      以下が追加したいデータ
      場所は問いません
      ----------------------------
      "bgp_ipv4_next_hop" : 1 or 0
      ----------------------------
    },

"sample_range" : {
      "buckets" : [ {
        "key" : "2016-02-24T09:14:00.000Z-2016-02-24T09:29:18.517Z",
        "from" : 1.45630524E12,
        "from_as_string" : "2016-02-24T09:14:00.000Z",
        "to" : 1.456306158517E12,
        "to_as_string" : "2016-02-24T09:29:18.517Z",
        "doc_count" : 295,
        "sample_calculate" : {
          "value" : 1043050.0
        }

例えば上記のクエリの集約結果にbgp_ipv4_next_hopのデータをipごとに追加したい場合、
どのように追加すればよろしいでしょうか。作成クエリは下部に記載しております。
色々ネストしてみましたが、なかなか上手くいきません。

2.現在、以下の設定で1時間ごとのデータ抽出を行っておりますが。
こちら定常的に00:00に実行したい場合、時間の指定は出来るのでしょうか。
またそうであれば、どのように毎日決められた時間に実行するのでしょうか。
(正直、まだ時間の記法についてよくわかっていません...)

 "gte": "now-1h/h",
  "lte": "now/d",

以下、作成クエリ

{
  "size": 0,
  "query": {
    "filtered": {
      "query": {
        "query_string": {
          "query": "*",
          "analyze_wildcard": true
        }
      },
      "filter": {
        "bool": {
          "must": [
            {
              "range": {
                "@timestamp": {
                  "gte": "now-1h/h",
                  "lte": "now/d",
                  "format": "epoch_millis"
                }
              }
            }
          ],
          "must_not": []
        }
      }
    }
  },
  "aggs": {
    "sample_query": {
      "terms": {
        "field": "ipv4_src_addr",
        "size": 15,
        "order": {
          "tsutsui_sum": "desc"
        }
      },
      "aggs": {
        "sample_sum": {
          "sum": {
            "field": "in_bytes"
          }
        },
        "sample_range": {
          "date_range": {
            "field": "@timestamp",
            "ranges": [
              {
                "from": "now-15m/m",
                "to": "now"
              }
            ]
          },
          "aggs": {
            "sample_calculate": {
              "sum": {
                "field": "in_bytes"
              }
            }
          }
        }
      }
    }
  }
}

どうぞよろしくお願い致します。

以下、使用するnetflowのデータ構造

     "mappings" : {
     "netflow" : {
     "properties" : {
      "@timestamp" : {
        "type" : "date",
        "format" : "strict_date_optional_time||epoch_millis"
      },
      "bgp_ipv4_next_hop" : {
        "type" : "string"
      },
      "bgp_ipv6_next_hop" : {
        "type" : "string"
      },
      "direction" : {
        "type" : "long"
      },
      "dst_as" : {
        "type" : "long"
      },
      "dst_mask" : {
        "type" : "long"
      },
      "egress_vrf_id" : {
        "type" : "long"
      },
      "first_switched" : {
        "type" : "date",
        "format" : "strict_date_optional_time||epoch_millis"
      },
      "flow_sampler_id" : {
        "type" : "long"
      },
      "flow_sampler_mode" : {
        "type" : "long"
      },
      "flow_sampler_random_interval" : {
        "type" : "long"
      },
      "flow_seq_num" : {
        "type" : "long"
      },
      "flowset_id" : {
        "type" : "long"
      },
      "forwarding_status" : {
        "type" : "long"
      },
      "geoip_city" : {
        "type" : "string"
      },
      "geoip_country" : {
        "type" : "string"
      },
      "geoip_lat" : {
        "type" : "double"
      },
      "geoip_lon" : {
        "type" : "double"
      },
      "geoip_pin" : {
        "type" : "string"
      },
      "host" : {
        "type" : "string"
      },
      "in_bytes" : {
        "type" : "long"
      },
      "in_pkts" : {
        "type" : "long"
      },
      "ingress_vrf_id" : {
        "type" : "long"
      },
      "input_snmp" : {
        "type" : "long"
      },
      "ipv4_dst_addr" : {
        "type" : "string"
      },
      "ipv4_src_addr" : {
        "type" : "string"
      },
      "ipv6_dst_addr" : {
        "type" : "string"
      },
      "ipv6_dst_mask" : {
        "type" : "long"
      },
      "ipv6_flow_label" : {
        "type" : "long"
      },
      "ipv6_option_headers" : {
        "type" : "long"
      },
      "ipv6_src_addr" : {
        "type" : "string"
      },
      "ipv6_src_mask" : {
        "type" : "long"
      },
      "l4_dst_port" : {
        "type" : "long"
      },
      "l4_src_port" : {
        "type" : "long"
      },
      "last_switched" : {
        "type" : "date",
        "format" : "strict_date_optional_time||epoch_millis"
      },
      "output_snmp" : {
        "type" : "long"
      },
      "protocol" : {
        "type" : "long"
      },
      "sampler_name" : {
        "type" : "string"
      },
      "src_as" : {
        "type" : "long"
      },
      "src_mask" : {
        "type" : "long"
      },
      "src_tos" : {
        "type" : "long"
      },
      "system" : {
        "type" : "string"
      },
      "tcp_flags" : {
        "type" : "long"
      },
      "version" : {
        "type" : "long"
          }
        }
      }
    }
  }
}

以下サンプルデータ

        @timestamp  March 3rd 2016, 14:36:00.000
    t_id    AVM6-heNCCEYIL1vsnDa
    t_index     flow-20160303
    #_score     1
    t_type  netflow
    tbgp_ipv6_next_hop  ::
    #direction  0
    #dst_as     0
    #egress_vrf_id  1,610,612,736
    first_switched  March 3rd 2016, 14:35:45.999
    #flow_sampler_id    1
    #flow_seq_num   150,022,732
    #flowset_id     266
    #forwarding_status  64
    thost   133.130.xxx.xxx
    #in_bytes   1,500
    #in_pkts    1
    #ingress_vrf_id     1,610,612,736
    #input_snmp     84
    tipv6_dst_addr  2400:8500:1301:2519:157:7:xx:xx
    #ipv6_dst_mask  64
    #ipv6_flow_label    0
    #ipv6_option_headers    0
    tipv6_src_addr  2001:da8:208:849d:c86d:769a:xxxx:xxxx
    #ipv6_src_mask  32
    #l4_dst_port    25,565
    #l4_src_port    6,944
    last_switched   March 3rd 2016, 14:35:45.999
    #output_snmp    10
    #protocol   6
    #src_as     23,910
    #src_tos    0
    #tcp_flags  16
    #version    9
| この質問を改善する | |
1

1番目の質問は、データの構造や、出力結果としてどんなものが欲しいかをもう少しわかりやすく書いていただいた方が良いかと。
サンプルデータなどがあると回答しやすいです。

2番目の質問ですが、クエリの定期実行はElasticsearchの機能ではないかと。
外部(cronなど)から起動したり、Watcherという商用のプラグインなどで定期実行する方法になるかと。
使用されている'now-1h/h'といった表記に関しては、クエリが実行された時点での時間を元にElasticsearchが計算処理を行います。

| この回答を改善する | |
  • 回答ありがとうございます。 1点目の質問ですが、元データの構造はnetflowの情報に基づくものです。また出力結果は追記いたしました。こちらの出力結果を出すためにどこにどのクエリを記述すべきかご教授頂けると幸いです。1か0の単一のデータをIPごとに表示するだけなのでアグリゲーションは必要なさそうですし... 2点目ですがWatcherを確認してみましたが、とても便利そうです。ただ私がお聞きしたかったのは毎時cronで1時間ごとに実行する際、1時間後ごとのデータを出力するために1時間分のデータを抽出する記法のことでした。 また、now-1h/1hですと右側と左側の1hでは何が違うのか、nowを基準にし、1を使った計算ということはわかりますが、項目の意味合いを知りたいと思いました。 お手数をおかけしております。 – shun 16年3月3日 5:29
  • 取り急ぎ、日付の処理については、こちらがドキュメントになります。 elastic.co/guide/en/elasticsearch/reference/2.2/… – johtani 16年3月3日 7:18
  • 確認させていただきました。取り急ぎの回答、誠にありがとうございます。 – shun 16年3月4日 1:08
  • お忙しいところ恐縮ですが、お手すきでご回答頂けると幸いです。お願い致します。 – shun 16年3月7日 1:49
  • アプリケーションで利用しているのであれば、別途取得してくっつけるのが楽かと思います。 あとは、sample_sumと同じ階層でbgp_ipv4_next_hopのterms aggsを実行するという手もあるかと。 – johtani 16年3月8日 6:50

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする