1
IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. CALC.
DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
  01 TESTCALCARRAY.
    03 TESTVAR OCCURS 5 PIC 9(5) VALUE 0.
  01 TESTDISPARRAY.
    03 TESTDISP OCCURS 5 PIC ZZZZ9.
  01 SUMVAR PIC 99999 VALUE 0.
PROCEDURE DIVISION.
  MAIN SECTION.
  ADD 5 TO TESTVAR(1) TESTVAR(2) TESTVAR(3) TESTVAR(4) TESTVAR(5).
  SUBTRACT 1 FROM  TESTVAR(2).
  DIVIDE  TESTVAR(1) BY 3 GIVING  TESTVAR(4) REMAINDER  TESTVAR(3).
  MULTIPLY TESTVAR(1) BY 0 GIVING  TESTVAR(5).
  COMPUTE SUMVAR = TESTVAR(1)+TESTVAR(2)+TESTVAR(3)+TESTVAR(4)+TESTVAR(5)
  DISPLAY TESTCALCARRAY.
  DISPLAY SUMVAR.
  MOVE TESTCALCARRAY TO TESTDISPARRAY.
  DISPLAY TESTDISPARRAY.
  STOP RUN.

このようなコードを書いたのですが、
最後のDISPLAY TESTDISPARRAYが

0000500004000020000100000

となってしまいます。

□□□□5□□□□4□□□□2□□□□1□□□□0

となる想定なのですが、どの部分が違っているでしょうか?

よろしくお願いします。

0
1

WORKING-STORAGE SECTION01のところは集団項目ですので、PIC句は利用不可みたいです。そのために、集団項目をDISPLAYしてみると、集団項目は内側のレベル番号のPIC句のフォーマティングまで読めないのだと私は思っています。

一方で、内側のレベル番号を独立的にDISPLAYしてみると、PIC句のフォーマティングが表示されるみたいですね。例えば、DISPLAY TESTDISP(1)

それでは、PIC句のフォーマティングを保存するために、繰り返し文を使うのはどうですか。

コード例:

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. EXAMPLE.
DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
  01 TESTCALCARRAY.
    03 TESTVAR OCCURS 3 PIC 9(5) VALUE 0.
  01 TESTDISPARRAY.
    03 TESTDISP OCCURS 3 PIC ZZZZ9.
  01 C PIC 99 VALUE 1.
PROCEDURE DIVISION.
  MAIN SECTION.
  ADD 1 TO TESTVAR(1)
  ADD 2 TO TESTVAR(2)
  ADD 3 TO TESTVAR(3)
  PERFORM EXAMPLE-LOOP UNTIL C>3.
  STOP RUN.

  EXAMPLE-LOOP.
  MOVE TESTVAR(C) TO TESTDISP(C).
  DISPLAY TESTDISP(C) WITH NO ADVANCING.
  ADD 1 TO C.

コードの結果:

    1    2    3

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする