9

touchでディレクトリをほってファイルを作成することは出来ますか?

/var/www/html/index.htmlを作りたい時に/var/www/までしかディレクトリがない場合にいちいちディレクトリを作るのがめんどくさいです。

1回のコマンドで簡単に済ませる方法があれば教えて下さいな

10

install -D /dev/null /var/www/html/index.html


追記: このコマンドは既にあるファイルを上書きします(!)

--backupオプションで退避させる事もできますが、touchと同じ効果を期待するなら他の回答のように mkdirtouch を組み合わせたほうが良いと思います。

本当に欲しかったもの

sh -c 'mkdir -p "$(dirname "$0")" && touch "$0"' /var/www/html/index.html

解説

  • sh -c <command> <args...>
    既存のセッションに非ログイン/非インタラクティブなshのプロセスを作成し、<command>を実行します。 /bin/sh は Ubuntu で dash 、 CentOS だと bash になりますので、コマンドは bourne-shell で書くのが良いかと思います。外側の <args...> はそれぞれ <command> 中の $0, $1 ... に代入されます。

  • dirname <arg>
    <arg> に渡された文字列をファイルパスとしてそのディレクトリを参照します。 <arg> には空白やグロブ(*等)が含まれる可能性があるため、ダブルクォートで括ります。

  • $(<command>)
    <command>を実行し、その標準出力を文字列とします。古いbourne-shellではバッククォートで書く必要がありましたが、昨今はPOSIXに準拠したシェルであれば基本的に広く使えると考えてかまわないでしょう。バッククォートでも書けなくはないですが、内側の " をエスケープする必要があります。

  • mkdir -p <arg>
    ご存知の通りです。 <arg>に空白が含まれる可能性があるのでダブルクォートでくくります。

  • &&
    mkdir が失敗した時に touch が実行されてしまわないよう短絡評価にします。コマンド実行前に /var/www/html/index.html/ という ディレクトリ が存在した場合、 mkdir -p は失敗するでしょう。

  • touch "$0"
    shコマンドで渡されていた引数で touch します。

  • 2
    このコマンドは既にファイルがあるときに破壊してしまうという点で touch とは挙動が異なるわけですが、危険すぎません? – 774RR 10月10日 6:41
  • @774RR 「/var/www/までしかディレクトリがない場合」と「1回のコマンドで」が前提条件として頭にこびりついてました。backupオプションもありますがtouch代わり使うならセオリー通りmkdir && touchでしょうね。回答に修正を追加しておきます。 – ernix 10月10日 8:05
1

こんなんでいかがですか。.bashrcとかに入れてください

dirtouch() {
    mkdir -p "$(dirname $1)"
    touch "$1"
}
alias touch=dirtouch

編集: スペース対策のクォート

  • dirtouch 'foo bar/baz' の様にスペースが入っていたりすると誤動作するので mkdir -p "$(dirname "$1")", touch "$1" とすると良いかと。 – user9156 16年2月4日 23:19
  • ああ、すみません。基本ですね。 – Kenji Noguchi 16年2月4日 23:28
1

以下にすれば複数のパスに対応できます。
dirtouch test/{a,b}.txtでも使える。

dirtouch() {
    for i in "$@"
    do
        mkdir -p $(dirname "$i")
        touch "$i"
    done
}

(アカウントの信用度が低いので別コメントとして回答)

  • $@は元々配列のようなものなのでfor i in "$@"で問題なく動作すると思います。 – 伽語蓮弥 10月9日 2:46
  • 一行余計ですね。シェルスクリプトに疎いもので。 ダブルクオートもいらないみたいでした。 修正しときました。 – kobabu_wrap 10月9日 4:26
  • 1
    ダブルクォートがないと、空白を含む場合に誤作動します。 – nekketsuuu 10月9日 5:12
  • 空白がある場合、for i in $@で別要素としてイテレーションされるので、ダブルクオートなくてもいいのではと思うので外してみました。が、シェルスクリプト詳しくないので、変なバグ防ぐためにダブルクオート合ったほうがいいですね。 – kobabu_wrap 10月10日 17:23
  • 1
    ちなみに、for NAME [in WORDS ... ] ; do COMMANDS; done ... If "in WORDS ...;" is not present, then 'in "$@"' is assumed. ですので、for i;do ... done とすることもできます。 – metropolis 10月14日 14:33
1

kebabu_wrapさんの回答の発展形です。
手元では-hとか--dateなどの引数を使うのでそれらを無視するようにしました。

touch () {
    for arg in "$@"; do
        case "$arg" in
            -d|-r|-t) next="skip"; continue ;;
                  -*) continue ;;
                   *) test "$next" = "skip" && { unset next; continue; } ;;
        esac
        mkdir --parent "$(dirname "$arg")"
    done
    command -p touch "$@"
}

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする