0

HaskellにあるSumモノイドとProdモノイド、どうも実用性を感じません。いちいち数字をSumとProdで囲って計算するラッパー作ったりしてまで使うくらいなら素直に + 、 * を使います。

ということは実用性、というよりは「Haskellはモノイド作れるよ!例えばモノイドである加法、乗法どちらもHaskellでモノイドとして実装できるよ!」というアピール(?)なのでしょうか?

もしくは数学的議論をしていてプログラムを使うときにSumモノイド、Prodモノイドがあると円滑にすすむ、というようなプログラマ向けではない理由なのでしょうか?

実用的な例があったら教えてください。

2

Monoidクラスに対する多相関数が使える、という事が利点です。
具体的には、単位元を用いた一般的なた代数的操作が可能です。また多相関数の実装では、結合律を仮定した最適化が可能になるでしょう。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする