9

MacOS X El CapitanのiTerm2上でzshを起動し、そこから手でtmuxを起動しています。

そしてしばらく使っているといつのまにかtmuxのunixドメインソケット (以下「ソケット」) が消されてしまいます。

/private/var/folders/<途中省略>/T/tmux-501/default

にありますが、tmux-501 以下が消されてしまいます。消えるタイミングがまちまちで、おおむね数時間使っているといつの間にか消えている感じです。これが消えてしまうと tmux ls などソケットを読み書きする機能を使ったとき

error connecting to /private/var/folders/<途中省略>/T/tmux-501/default (No such file or directory)

というエラーを報告してくるようになります。ソケットファイルが消えていることに気づくのはこのソケットを読み書きする機能を使った時であり、当然消えたタイミングではありません。つまりいつ消えたのかわかりません。このことから誰が消しているのか皆目見当がつかなくなっています。

ところでtmuxのmanを見ると、SIGUSR1 をtmuxのプロセスに送るとソケットファイルを作りなおしてくれる (ただし親ディレクトリがないと失敗する) との意味の記述があるので以下のようにやってみると復活できました。

$ mkdir -m700 /private/var/folders/<途中省略>/T/tmux-501
$ killall -SIGUSR1 tmux

このあと tmux ls が正常に見えるようになります。

ディレクトリのパーミッションを700にしているのは、もともとtmuxが作ったディレクトリがそうだったのと、デフォルトの755のままだと作りなおしてくれなかったからであり、特に深い意味はありません。

実用上は作りなおせばいいので面倒なこと以外は問題ない気はします。が、誰が消しているのか気持ち悪くて仕方がありません。誰がいつ消しているのか特定できれば解決の糸口になる気がしています。特定する方法は何かありませんでしょうか?

2016/1/28 11:54追記

1秒毎にファイルが消えたかチェックして消えたら時刻を記録するシェルスクリプトを回していたところ消えた時刻を捕まえました。今日の11:42:56、コンソール.appでログを漁ってみるとこんなものが記録されていました。

2016/01/28 11:42:56.581 sandboxd[132]: ([52708]) PluginProcess(52708) deny file-write-unlink /private/var/folders/<中略>/C/com.apple.sandbox
2016/01/28 11:42:56.588 sandboxd[132]: ([52708]) PluginProcess(52708) deny file-write-unlink /private/var/folders/<中略>/C/com.apple.sandbox
2016/01/28 11:42:56.597 sandboxd[132]: ([52708]) PluginProcess(52708) deny file-read-data /private/var/folders/<中略>/C/com.apple.sandbox
2016/01/28 11:42:56.975 launchservicesd[79]: SecTaskLoadEntitlements failed error=22
2016/01/28 11:42:56.981 launchservicesd[79]: SecTaskLoadEntitlements failed error=22
2016/01/28 11:42:56.983 launchservicesd[79]: SecTaskLoadEntitlements failed error=22

最初から3つまでのエントリにはそれぞれコンソール.appが詳細情報ありと言ってきていて、1番目のエントリについてそれを表示させると以下のようになります。

PluginProcess(52708) deny file-write-unlink /private/var/folders/<中略>/C/com.apple.sandbox

Process:         PluginProcess [52708]
Path:            /System/Library/Frameworks/WebKit.framework/Versions/A/PluginProcess.app/Contents/MacOS/PluginProcess
Load Address:    0x2000
Identifier:      com.apple.WebKit.PluginProcess
Version:         11601.4.4 (11601)
Build Info:      1-WebKit2~7601004004000000
Code Type:       i386 (Native)
Parent Process:  Safari [331]

Date/Time:       2016-01-28 11:42:56.401 +0900
OS Version:      Mac OS X 10.11.3 (15D21)
Report Version:  8

<後略>

後略以降はコールスタックが続いているようです。これを見る限り webkit に関連するファイルのようで deny や unlink なんて出ていることから消すのに失敗したのでしょうか。その時に巻き込まれて tmux のソケットも消された? 全部推測ですけど。この時 safari で何をやっていたかというとなんとも覚えてないですね。

ログに記録された文言でぐぐってみていますけど芳しい情報を見つけられないでいます。とりあえずこういう事実があったということだけ書いておきます。次はソケットを監視しつつ safari をいじめてみることでしょうか。

2016/1/28 23:57追記

(server-start) で起動する Emacs サーバの unix ドメインソケットも消されることがわかりました。同一犯による犯行なのかわかりませんが、ソケットを消しまくる奴がそんなにたくさんいるとは思えません。なんにしろ大変迷惑な話です。まいったな。こっちも M-x server-start すりゃいいといえばいいんですがね…。

  • 関連?:askubuntu.com/questions/48844/… – user10685 16年1月23日 10:37
  • ありがとうございます。ただこの辺はOSによる差があるようで、もしLinuxで同様のトラブルが起きた時は参考にします。 – hage 16年1月25日 12:44
  • 1
    brew install fswatchfswatch -o /..../tmux-501とするとtmux終了時に反応があるので、誰かが消した時も反応すると思います。ただイベントの構造体を見る限り、誰が変更したのかはわからないようです。消された瞬間にpsで一覧を保存してみるとか。 – Kenji Noguchi 16年1月28日 6:28
  • psも保存! そういうのもあるのか! 確かにpsを保存すべきでした。fswatchともどもありがとうございます。 – hage 16年1月28日 14:57
  • 1
    Qiitaで解決済みのようですが、periodicが削除しているようです。設定は /etc/defaults/periodic.confにあります。これによると/tmpは3日で削除対象です。スクリプトは/etc/periodic/daily/110.clean-tmps。X11関係だけ削除対象から除外しているのがナイーブ(あほ)すぎますね。この除外リスとにtmuxを含めるか、そもそもtmpの削除を止めた方がいいかも。素人さん向けにチューンした結果なんだろうけど、Macにはガッカリさせられることが多い。tmuxもソケットを/var/run/tmuxあたりにつくればいいのかもしれないけど、ユーザーには書き込み権限がないから無理か。 – Kenji Noguchi 16年1月28日 18:58
1

実際に試してはいないのですが、この辺はどうでしょう?

opensnoopコマンドは、特定のファイルやフォルダにアクセスしたプロセスをリストアプしてくれる便利なユーティリティです。

http://yamaqblog.tokyo/?p=16811

launchdのWatchPathsによるファイル監視

http://qiita.com/uraura/items/4bb0663e670fbaba1083

「mac file audit」でぐぐるとけっこう見つかるようです。

  • なるほど audit という言葉がキーワードなのですね。opensnoopはそのものずばりという感じですね。これを使ってしばらく様子を見てみます。どうもありがとうございます。 – hage 16年1月25日 12:43
  • 1
    ちょっと試してみたのですが、opensnoopはファイルの読み書きはわかるけど削除はわからないようですね。-fでディレクトリを指定してもファイルの作成・削除は通知されませんでした。その点WatchPathsの方は削除も監視できるようです(未検証)。 – aosho235 16年1月26日 4:00
  • ありがとうございます。WatchPathsは大げさかなと思ったので一秒ごとにソケットがあるかどうか確認して、なかったら時刻を記録して終了するというシェルスクリプトで監視をはじめました。 Qiitaにソケットファイルが消えた時にどうしたらよいかという観点から、作りなおすためのzsh関数という記事を書いたら有力なコメントが寄せられまして、それでともかく監視してみることにしてみました。 – hage 16年1月27日 3:15
1

tmuxのソケットはどこにある?

netstatで確認。

netstat -an | grep tmux
40a70ef2516d600f stream      0      0 40a70ef2566b2197                0                0                0 /private/var/folders/j7/0w59t0zs7vs1j4r5x0tlywy80000gq/T/tmux-503/default

statしてみる

stat /private/var/folders/j7/0w59t0zs7vs1j4r5x0tlywy80000gq/T/tmux-503/default
16777220 51632361 srwxrwx--- 1 knoguchi staff 0 0 "Jan 28 10:40:22 2016" "Jan 28 10:40:22 2016" "Jan 28 10:40:22 2016" "Jan 28 10:40:22 2016" 4096 0 0 /private/var/folders/j7/0w59t0zs7vs1j4r5x0tlywy80000gq/T/tmux-503/default

stat -s /private/var/folders/j7/0w59t0zs7vs1j4r5x0tlywy80000gq/T/tmux-503/default
st_dev=16777220 st_ino=51632361 st_mode=0140770 st_nlink=1 st_uid=503 st_gid=20 st_rdev=0 st_size=0 st_atime=1454006422 st_mtime=1454006422 st_ctime=1454006422 st_birthtime=1454006422 st_blksize=4096 st_blocks=0 st_flags=0

そもそも/var/foldersって何?

マニュアルによると、ユーザーごとの一時ファイルとキャッシュだそうです。/var/folders///Tならテンポラリ、Cならキャッシュという使い分けがされている様子。

$ man 7 hier

     /var/         multi-purpose log, temporary, transient, and spool files
(中略)
                   folders/   per-user temporary files and caches

で、/var/foldersの関係者は誰?

Darwinのソースコードをgrep /var/foldersすると、launchctl起動時に存在しなければ作成して権限など諸々セットするようです。

    { "/var/folders", 0, 0, S_IRWXU | S_IRGRP | S_IXGRP | S_IROTH | S_IXOTH, S_ISUID | S_ISGID, true },

そしてdirhelper。これはは/System/Library/LaunchDaemons/com.apple.bsd.dirhelper.plistで指定されている環境変数を参照して、

    <key>EnvironmentVariables</key>
    <dict>
            <key>CLEAN_FILES_OLDER_THAN_DAYS</key>
            <string>3</string>
    </dict>

古いファイルを消すことになっている。コイツは怪しい!

dirhelperを追え

ソースコードで先の環境変数を参照しているところを探す。

if (!args->machineBoot) {
        struct timeval now;
        long days = 3;
        const char* str = getenv("CLEAN_FILES_OLDER_THAN_DAYS");
        if (str) {
            days = strtol(str, NULL, 0);
        }
        (void)gettimeofday(&now, NULL);
        for (i = 0; args->dirs[i]; i++)
            asl_log(NULL, NULL, ASL_LEVEL_INFO, "Cleaning %s older than %ld days", args->dirs[i], days);

        when = now.tv_sec - (days * 60 * 60 * 24);
    }

machineBootはdirhelperのコマンドラインに-machineBootオプションを引き渡すとセットされる。起動時はこのオプションを指定するとwhen=0になり無条件削除になるようだ。

さらに見ていくと/var/folders///*ディレクトリを削除しようとしている。最初に書いたtmuxのソケットであれば/var/folders/j7/0w59t0zs7vs1j4r5x0tlywy80000gq/Tがclean_files_older_thanに引き渡されているようだ。コメントではレギュラーファイルだけを消すと書いてある。

chdir("/");
if ((d = opendir("/"))) {
    ...
    // /var/folders/*
    while ((e = readdir(d))) {
        ...
        // /var/folders/*/*
        while ((e2 = readdir(d2))) {
            ...
            for (i = 0; args->dirs[i]; i++) {
                        const char *name = args->dirs[i];
                        snprintf(dirbuf, sizeof(dirbuf),
                             "%s/%s/%s", path, e2->d_name, name);
                        if (is_directory(dirbuf)) {
                            // at boot time we clean all files,
                            // otherwise only clean regular files.
                            clean_files_older_than(dirbuf, when);
                        }
                    }

clean_files_older_thanを見てみるとまずディレクトリを開いて、逐次レギュラーファイルか確認して古ければ削除対象。S_ISREGがレギュラーファイルの確認マクロで/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/MacOSX.platform/Developer/SDKs/MacOSX10.11.sdk/usr/include/sys/stat.hここにある。

fts = fts_open(path_argv, FTS_PHYSICAL | FTS_XDEV, NULL);
...
while ((ent = fts_read(fts))) {
    switch(ent->fts_info) {
        ...
        case FTS_DEFAULT:
            if (S_ISREG(ent->fts_statp->st_mode) &&
                (ent->fts_statp->st_birthtime < when) &&
                (ent->fts_statp->st_atime < when)) {
                ...
                (void)unlink(ent->fts_path);

ふむふむ、特に怪しい点はない...? コマンドラインに-cleanTemporaryItemsを引き渡すとmachineBootがfalseで実行されるので、試してみる。

# atime, birth timeを1/1にセットして3日以上前に作ったことにする
touch -t 201601010000 /private/var/folders/j7/0w59t0zs7vs1j4r5x0tlywy80000gq/T/tmux-503/default

# dirhelper実行
/usr/libexec/dirhelper -cleanTemporaryItems

# statしてみる
stat /private/var/folders/j7/0w59t0zs7vs1j4r5x0tlywy80000gq/T/tmux-503/default
16777220 51632361 srw-rw---- 1 knoguchi staff 0 0 "Jan  1 00:00:00 2016" "Jan  1 00:00:00 2016" "Jan 29 14:48:47 2016" "Jan  1 00:00:00 2016" 4096 0 0 /private/var/folders/j7/0w59t0zs7vs1j4r5x0tlywy80000gq/T/tmux-503/default

ちゃんと残ってる。というわけでdirhelperは犯人じゃなかった。スンマセン(^^;;;

  • 最後のところ、tmux-503をtouch & statしないとダメですね。何れにしても同じ結果でしたが。 – Kenji Noguchi 16年1月30日 3:10
  • うおおおお、すごい情報だと思って目をキラキラさせて読んでいたら最後でずっこけましたw でもありがとうございます。面白かったです。 – hage 16年2月3日 15:05

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする