0

Dovecot + Postfix + OpenLDAPの環境で、受信メールの件数を確認しようとしています。
コマンドより mailコマンドでメールの送信をおこないました。

[root@mailcli-01 openldap]# mail hoge13@mailsvr-01.local
Subject: testtesttest
testtesttesttest
.
EOT

そして、/var/vmail/hoge13/Maildir/new に移動して、受信メールがあることを確認しました。

[root@mailsvr-01 new]# ll
合計 4
-rw------- 1 mailadmin mailadmin 748  1月  6 14:27 2016 1452058078.Vfd00Ic36f3M146124.mailsvr-01.local

その上で、telnetコマンドで POP3 (110ポート) を指定してメールの件数を確認しましたが、0件と表示されてしまいます。

[root@mailsvr-01 new]# telnet mailsvr-01.local 110
Trying 192.168.100.41...
Connected to mailsvr-01.local.
Escape character is '^]'.
+OK Dovecot ready.
USER hoge13
+OK
PASS naisyo
+OK Logged in.
LIST
+OK 0 messages:

どこを見直せばよいかご教授いただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

  • dovecotの設定ですが mail_location はどんな値になってますか? – take88 16年1月6日 8:20
  • @take88さん ありがとうございます。 mail_location = maildir:~/Maildirとなってます。 – bird 16年1月8日 3:54
2

メールボックスのパス名から推測すると、MDA (Mail Delivery Agent。メールボックスへメールメッセージを配送するサービス) として Postfix の virtual(8) を利用していると見受けられます。以下、その前提で。

Postfix virtual(8) に設定したメールボックスの場所と、MRA (Mail Retrieval Agent。メーラーに対してメールボックスへのアクセスを提供するサービス) である Dovecot POP3 サーバーに設定したメールボックスの場所が食い違っているためだと思われます。

Dovecot でユーザーのメールボックス形式や場所を調べるには doveadm(1) を利用します。これで設定を確認しましょう。以下は実行例です。

# doveadm user foobar
field   value
user    foobar
uid     8
gid     12
home    /var/mail/example.ac.jp/foobar
mail    maildir:~/Maildir
quota_rule      *:bytes=0M

以下のいずれかの対処が必要です。

  • Postfix の設定を変更し、MDA として Dovecot の lmtp (LMTP サービス) あるいは dovecot-lda(1) を利用するようにする。(これにより、Dovecot で設定したメールボックスにメールメッセージが配送されるようになる)
  • Dovecot の設定を変更し、メールボックスの場所を Postfix の virtual(8) に設定した場所に合わせる。

個人的には、前者の「MDA として Dovecot を利用する」ほうがお勧めです。こちらであれば、Postfix 側にメールボックスの場所を設定する必要がありませんし、Dovecot MDA 独自の機能 (quota, sieve など) を利用できるからです。


Postfix で Dovecot LMTP を利用する手順は Wiki に記載があります。


以下は Dovecot + LDAP において、ユーザーのメールボックスに関する設定を行なう一例です。ご参考までに。(dovecot.conf や相当するファイルの設定と組合せる構成もありますが、それには触れません)

Dovecot のユーザーの各種属性を LDAP サーバーのユーザーエントリあるいは dovecot-ldap.conf.ext (あるいは相当するファイル) で設定しているのであれば、そのファイル中の user_attrs パラメーターを適宜調整する必要があります。もし userdb { driver=prefetch } を利用しているなら pass_attrs パラメーターも要調整。

例えば、すべてのユーザーの UID と GID が mailadmin、ユーザーエントリの uid 属性がユーザー名を保持している、メールボックスは maildir 形式で場所が /var/vmail/<uid属性の値>/Maildir であるなら、次のような記述になります。これはあくまで例ですので、ほかにも LDAP ユーザーエントリの属性 → Dovecot ユーザーの属性にマッピングしたい値があるなら、適宜調整してください。

user_attrs = \
  =uid=mailadmin, \
  =gid=mailadmin, \
  uid=mail=maildir:/var/vmail/%$/Maildir

詳細は Dovecot の Wiki をどうぞ。このあたり↓かな?

UID / GID の値(数値)によっては、dovecot.conffirst_valid_uidlast_valid_uidfirst_valid_gidlast_valid_gid パラメーターの値を調整する必要があるかもしれません。適宜調整してください。Dovecot の全ユーザーの UID / GID の名前がどちらも mailadmin で、その UID 値 / GID 値がどちらも 1000 の場合:

first_valid_uid = 1000
last_valid_uid = 1000
first_valid_gid = 1000
last_valid_gid = 1000
  • @fumiyasさん ご丁寧に回答ありがとうございました!postfixのメールボックス指定とdovecotのメールボックス指定の場所がたしかに食い違っており、dovecotの10-auth.confの設定を見直したらうまく受信が表示できるようになりました。 userdb { driver = static args = uid=1000 gid=1000 home=/var/vmail/%u/Maildir } ありがとうございます。 – bird 16年1月8日 4:07

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする