2

railsでテストや開発用に初期データを用意する方法はありますか?

DBに格納できるテキストデータなどはseedなどを使えば良いと思いますが、
画像ファイルなどのデータを上手く管理する方法があれば教えて下さい。

よろしくお願いします。

3

質問がざっくりしすぎていて、どんなユースケースを想定しているのかがちょっとわかりにくいですが、ここではRailsチュートリアルの「マイクロポストの画像投稿」をサンプルとして考えてみます。

http://railstutorial.jp/chapters/user_microposts?version=4.2#sec-micropost_images

まず、/tests/fixtures/images/ディレクトリに初期データの画像ファイル"sample.jpg"を配置します。

これをdb/seeds.rbで投入できるようにします。

# Users
User.create!(name:  "Example User",
             email: "example@railstutorial.org",
             password:              "foobar",
             password_confirmation: "foobar",
             admin: true,
             activated:    true,
             activated_at: Time.zone.now)
99.times do |n|
  name  = Faker::Name.name
  email = "example-#{n+1}@railstutorial.org"
  password = "password"
  User.create!(name:  name,
               email: email,
               password:              password,
               password_confirmation: password,
               activated:    true,
               activated_at: Time.zone.now)  
end

# Microposts
users = User.order(:created_at).take(6)
image_path = File.join(Rails.root, "test/fixtures/images/sample.jpg")
50.times do
  content = Faker::Lorem.sentence(5)
  users.each { |user|
    # 画像と一緒にマイクロポストの初期データを作成する
    user.microposts.create!(content: content, picture: File.new(image_path))
  }
end

# Following relationships
users = User.all
user  = users.first
following = users[2..50]
followers = users[3..40]
following.each { |followed| user.follow(followed) }
followers.each { |follower| follower.follow(user) }

この状態でbin/rake db:seedを実行すると画像データとともにサンプルデータが作成されます。

画像の説明をここに入力

「これだと自分が考えているユースケースと異なる」という場合は、ユースケースや実際に使っているコードを追記してください。

1

初期データをrailsのプログラムからどのように利用するかで、どこに初期データ用のファイルを置くかなどの条件が変わってくると思いますが、一括してそれらの処理を行うならseedに書くか、rakeファイルを作ってそこに処理を書くのが良いのではないでしょうか。
データベースに画像データを取り込んでしまう設計なら、seedで処理するのも悪くないんじゃないかと思います。画像ファイルの置き場を決めておき、seed内でバイナリモードでオープンし、そのバイナリデータをそのままテーブルレコードに入れてしまう、という考え方です。

1

自分も「seedデータとしてbinaryの画像データをDBのbinary列に追加したい」と思い、試行錯誤しましたので、忘備録として記載させていただきます。
cul8erさんの記載してくださっている内容と重複してしまいますが、サンプルコード込ということでご容赦ください。

schema.rb
create_table "hoges"
 t.binary   "photo",       limit: 65535
end

上記のようなテーブル定義でseedデータ作成する際に

path = Rails.root.join("画像が置いてあるパス")
photo = File.open(path, "rb").read

これで、photoをHogesテーブルのphoto列の値としてに設定すれば登録できました。

cul8erさんの

バイナリモードでオープンし、そのバイナリデータをそのままテーブルレコードに入れてしまう

は、File.openの第二引数に"rb"を指定して、それをreadすることで実現可能でした~。

0

半分自分用のノートです:

環境:
bundle exec rails --version
Rails 5.1.4

Fixture:

Create a file config/initializer/file_fixtures_extension.rb

  require 'active_record/fixtures'
  module FileFixtureExtension
    def file(file_name)
      File::open(Rails.root.join('test/fixtures/', file_name), 'rb') do |f|
        "!!binary \"#{Base64.strict_encode64(f.read)}\""
      end
    end
  end
ActiveRecord::Fixture.extend FileFixtureExtension

module ActiveRecord::の部分は必要なかったり変わったりする。エラーが出たらactive_record/fixturesを検索しましょう。

Create or edit the file test/fixtures/YourModelName.yaml

one:
  user: :one
  file: <%= ActiveRecord::Fixture::file 'files_to_upload/test.png' %>

当然のことながら:

  • files_to_upload/test.png
    test/fixtures/に用意するフォルダとファイル名(任意);ここからbinary dataを読み込む。
  • YourModelName
    fixtureがseedする対象モデル名。

Running test

bundle exec rails db:seed  
bundle exec rails test  
と打つとtest databaseがFixtureを読み込みtestが実行されます。

Handling errors example or what I had to go through

Search tool:

sudo apt search ag|grep "silver"
    silversearcher-ag-el/xenial,xenial 0.46-2 all    
sudo apt install silversearcher-ag

Find library location:

bundle exec rails test  
.../config/initializers/file_fixtures_extension.rb:11:in `<top 
(required)>': uninitialized constant Fixture (NameError)  
from /home/d/.rvm/gems/ruby-2.4.0/gems/railties-5.1.4/lib/rails/engine.rb:655:in `block in load_config_initializer'  

エラーの/home/d/.rvm/gems/ruby-2.4.0/gemsの部分が使用しているgemの位置を報告しています。  

Search gems:

cd /home/d/.rvm/gems/ruby-2.4.0/gems  
ag 'class Fixture '  
activerecord-5.1.4/lib/active_record/fixtures.rb
11:  class FixtureClassNotFound < ActiveRecord::ActiveRecordError #:nodoc:
412:  class FixtureSet
804:  class Fixture #:nodoc:
807:    class FixtureError < StandardError #:nodoc:

vi activerecord-5.1.0/lib/active_record/fixtures.rbで覗くと5.1ではFixtureはmodule ActiveRecordのメンバーです。

Current database(e.g. development database)にfixtureを読み込む

bundle exec rails db:fixtures:load  
  

Running script to modify database

Fixtureを書くのが面倒なときや、バックアップ作業で使うかも。
bundle exec rails runner your_script_name.rb

Uploading a file in controller test

  test "should update user" do
    #file = Rack::Test::UploadedFile.new(Rails.root.join("test/fixtures/files_to_upload/test.png"))
    file = fixture_file_upload('/files_to_upload/test.png','image/png')
    patch user_url(@user), 
      params: { 
        user: { 
          name:'new name',
          file: file, 
        } 
    }
    assert_redirected_to user_url(@user)
  end

上の例ではuserモデルのfileのタイプはbinaryです。
file:@user.fileはエラーになる。
Rack::Test::UploadedFile.newfixture_file_uploadも両方機能します。 

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする