1

swiftで、PhotosとUICollectionViewを利用し、カメラロールにある写真全てを表示するプログラムを作成しているのですが、UICollectionViewの部分でうまくいかず困っています。
ストーリーボードを使用していないせいで、viewWithTag(1)がnilなっているというところまではわかったのですが、対処方法がわからない状態です。
できるだけ、ストーリーボードは使用せずに解決したいと思っています・・・。
お力添えいただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

import Foundation
import UIKit
import Photos

class AlbumView: UIViewController,UICollectionViewDelegate, UICollectionViewDataSource{

var photoAssets = [PHAsset]()
var collectionView: UICollectionView!

override func viewDidLoad() {
    println("now I show you alubum view!")
    super.viewDidLoad()

    //background image
    self.view.backgroundColor = UIColor(patternImage: UIImage(named: "cotton-a.png")!)

    // レイアウト作成
    let flowLayout = UICollectionViewFlowLayout()
    flowLayout.scrollDirection = .Vertical
    flowLayout.minimumInteritemSpacing = 5.0
    flowLayout.minimumLineSpacing = 5.0
    flowLayout.itemSize = CGSizeMake(100, 100)

    getAllPhotosInfo()

    // コレクションビュー作成
    collectionView = UICollectionView(frame: view.frame, collectionViewLayout: flowLayout)
    collectionView.registerClass(UICollectionViewCell.classForCoder(), forCellWithReuseIdentifier: "cell")
    collectionView.dataSource = self
    view.addSubview(collectionView)
}

func collectionView(collectionView: UICollectionView, numberOfItemsInSection section: Int) -> Int {
    return photoAssets.count
}

func collectionView(collectionView: UICollectionView, cellForItemAtIndexPath indexPath: NSIndexPath) -> UICollectionViewCell {
    let cell = self.collectionView.dequeueReusableCellWithReuseIdentifier("cell", forIndexPath: indexPath) as! UICollectionViewCell
    let asset = photoAssets[indexPath.row]

    var imageView = cell.viewWithTag(1) as! UIImageView //<-ここでnilになってしまい落ちてしまいます。

    let manager: PHImageManager = PHImageManager()
    manager.requestImageForAsset(asset,
        targetSize: CGSizeMake(120, 120),
        contentMode: .AspectFill,
        options: nil) { (image, info) -> Void in
            println("image is \(image)")

            imageView.image = image
        }
    return cell
}

private func getAllPhotosInfo() {
    photoAssets = []

    var options = PHFetchOptions()
    options.sortDescriptors = [
        NSSortDescriptor(key: "creationDate", ascending: false)
    ]
    //取得するタイプを選択。今回はimage.
    var assets: PHFetchResult = PHAsset.fetchAssetsWithMediaType(.Image, options: nil)
    assets.enumerateObjectsUsingBlock { (asset, index, stop) -> Void in
        self.photoAssets.append(asset as! PHAsset)
    }
}

}
0

第一に、UITableViewCellUICollectionViewCellの相違を意識しましょう。前者は、textLabeldetailTextLabelimageViewといったコンテンツビューがあらかじめ用意されていますが、後者は、ほぼ空っぽの状態です。

var imageView = cell.viewWithTag(1) as! UIImageView

「なければimageViewを作る」というプログラムなしに、いきなりimageViewにアクセスしようとしても、「そりゃないよ」とコンパイラにおこられるだけです。

第二に、UICollectionViewCellクラスリファレンスの冒頭をご覧ください。

To configure the appearance of your cell, add the views needed to
present the data item’s content as subviews to the view in the
contentView property. Do not directly add subviews to the cell itself.
The cell manages multiple layers of content, of which the content view
is only one. In addition to the content view, the cell manages two
background views that display the cell in its selected and unselected
states.

セルにサブビューを貼り付ける場合、contentViewaddSubview()しよう。直接セルにaddSubview()してはいけない。そう書かれています。

以上から、

  1. セルにimageViewがなければ、contentViewimageViewを貼り付ける。
  2. imageViewにアクセスするには、
    let imageView = cell.contentView.viewWithTag(1) as! UIImageView
    とする。

という修正をすればいいとわかります。

(個人の考えとして、UICollectionViewCellのサブクラスを作って、imageViewなどの主要な構成を作ったほうがいいのではないかと思います。以下、サブクラスPhotoCellを作ったサンプルを載せておきます。)

Xcode 6.4 + Swift 1.2

// import Foundation // UIKitをimportしてあれば、Foundationのimportは不要
import UIKit
import Photos

// 紛らわしさを排除する意味で、AlbumViewをAlbumViewControllerに改名。
class AlbumViewController: UIViewController,UICollectionViewDelegate, UICollectionViewDataSource{

    var photoAssets = [PHAsset]()
    var collectionView: UICollectionView!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad() // 親クラスの呼び出しは、最初の行で行うようにしましょう。

        println("now I show you alubum view!")

        //background image
        self.view.backgroundColor = UIColor(patternImage: UIImage(named: "cotton-a.png")!)

        // レイアウト作成
        let flowLayout = UICollectionViewFlowLayout()
        flowLayout.scrollDirection = .Vertical
        flowLayout.minimumInteritemSpacing = 5.0
        flowLayout.minimumLineSpacing = 5.0
        flowLayout.itemSize = CGSizeMake(100, 100)

        getAllPhotosInfo()

        // コレクションビュー作成
        collectionView = UICollectionView(frame: view.frame, collectionViewLayout: flowLayout)
        // PhotoCellクラスからセルをregistする。
        // collectionView.registerClass(PhotoCell.classForCoder(), forCellWithReuseIdentifier: "cell")
        collectionView.registerClass(PhotoCell.self, forCellWithReuseIdentifier: "cell") // クラスの取得は、さっくりselfでOK
        collectionView.dataSource = self
        view.addSubview(collectionView)
    }

    func collectionView(collectionView: UICollectionView, numberOfItemsInSection section: Int) -> Int {
        return photoAssets.count
    }

    func collectionView(collectionView: UICollectionView, cellForItemAtIndexPath indexPath: NSIndexPath) -> UICollectionViewCell {
        let cell = self.collectionView.dequeueReusableCellWithReuseIdentifier("cell", forIndexPath: indexPath) as! PhotoCell // PhotoCellクラスのインスタンスを返す。
        let asset = photoAssets[indexPath.row]

        // var imageView = cell.viewWithTag(1) as! UIImageView // 不要になったので、削除。

        let manager: PHImageManager = PHImageManager()
        manager.requestImageForAsset(asset,
            targetSize: CGSizeMake(120, 120),
            contentMode: .AspectFill,
            options: nil) { (image, info) -> Void in
                println("image is \(image)")

                // imageView.image = image // 次の行に変更。
                cell.imageView.image = image
        }
        return cell
    }

    private func getAllPhotosInfo() {
        photoAssets = []

        var options = PHFetchOptions()
        options.sortDescriptors = [
            NSSortDescriptor(key: "creationDate", ascending: false)
        ]
        //取得するタイプを選択。今回はimage.
        var assets: PHFetchResult = PHAsset.fetchAssetsWithMediaType(.Image, options: nil)
        assets.enumerateObjectsUsingBlock { (asset, index, stop) -> Void in
            self.photoAssets.append(asset as! PHAsset)
        }
    }

}

// 1クラス1Swiftファイルという制限はなく、1Swiftファイルに複数のクラスを定義してもOK。
class PhotoCell: UICollectionViewCell {

    // プロパティとしてimageViewを宣言しておけば、いちいちviewWithTag()などを使わずにすみます。
    var imageView: UIImageView!

    override init(frame: CGRect) {
        super.init(frame: frame)

        // イニシアライザで、imageViewを生成、貼り付け。imageViewの大きさ、ContentModeは、適宜指定してください。
        imageView = UIImageView(frame: CGRect(x: 2.0, y: 2.0, width: frame.size.width - 4.0, height: frame.size.height - 4.0))
        imageView.contentMode = UIViewContentMode.ScaleAspectFit
        // contentViewに貼り付ける。
        self.contentView.addSubview(imageView)
    }

    // Storyboardを使用しなくても、このイニシアライザを定義してないと、ビルドを通らない。
    required init(coder aDecoder: NSCoder) {
        fatalError("init(coder:) has not been implemented")
    }
}
  • Harawoさん本当にありがとうございます。 詳しい説明に、例のコードのおかげで無事動きました。 サブクラスを作ってみたこともあったのですが、どのようにしていいのかわからず、困っていたので本当に助かりました。 また、複数のクラスを一つのファイルに記入しても良いことや、自分で変更すればいい場所など、細かいコメントのおかげですごくわかりやすかったです。 本当にありがとうございました。 – Rei 15年11月29日 6:25

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする