7

IPython Notebook で書いたコードをGitで管理したいのですが、 *.ipynbをコミットすると差分が見にくくて辛いです。

セル単位でコードが実行できる利点を残しながら、 Gitで差分が把握しやすい方法はないものでしょうか。

3

ソース:こちら(英語)の人気ある質問

iPythonを使っていないですが、まだ答えが出てないので見つけたことを知らせします。
今のところ(2014年12月)はちゃんとしたやり方がないみたいですが、以下の①でなんとできそうです。
そして解決②でそろそろiPythonそのままでできそうです。


① コミットと差分を普通通りにできるようなやり方。ソース(英語)

  1. gitフィルターを作成します。例えば: ~/bin/ipynb_output_filter.py

    #! /usr/bin/python
    
    import sys
    from IPython.nbformat.current import read, write
    
    json_in = read(sys.stdin, 'json')
    
    for sheet in json_in.worksheets:
        for cell in sheet.cells:
            if "outputs" in cell:
                cell.outputs = []
            if "prompt_number" in cell:
                cell.prompt_number = ''
    
    write(json_in, sys.stdout, 'json')
    
  2. そのファイルを実行可能に変更します: chmod +x ~/bin/ipynb_output_filter.py

  3. ~/.gitattributesに追加または新規で作成します

    *.ipynb    filter=dropoutput_ipynb
    
  4. 以下のコマンドでgitフィルターを設定します:

    git config --global core.attributesfile ~/.gitattributes
    git config --global filter.dropoutput_ipynb.clean ~/bin/ipynb_output_filter.py
    git config --global filter.dropoutput_ipynb.smudge cat
    

問題点:

  • コミットしたら出力データが残りません!
  • ソースであとの細かいこともあります。

② iPythonそのままで。ソース(英語)

こちらはまだはっきり理解していませんが、みんなにこの問題で困っているようなので、いつかきっと解決すると思います。
使い方を聞きましたので答えが出ましたらここでアップします。

  • 日本語を一部修正しました。英語版の回答を参考にした際は、今回のようにソースをリンクで示して頂ければ良いと思います。 – tomute 14年12月17日 16:10
  • @tomute ありがとうございました – kobejohn 14年12月17日 16:45

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする