5

EDIT: 最初に投稿した時は、N個の整数の合計の一般解を求める問題だと思っていたのですが、一般解だとNP完全問題になってしまうので、出題者の意図は3つ限定だったのだろうと思います。ですので3つの合計に改題しました。回答を考えてくださった皆さんすみません!


ある任意の長さのリストに符号つきの整数が格納されています。値の重複を許します。そこから3つの整数を取り出すとき、合計が0になる組み合わせを求めなさいという問題が解けません。どうぞご教授ください。

条件

  • itertoolsを使えば下のように簡単に計算できますが、itertoolsは使わないものとします。
  • メモリを3回走査するとtime complexity(CPUタイム)はO(N^3)になります。それよりは効率のよい方法で実装したいです。
  • space complexity(メモリ効率)は犠牲にしていいです。
  • ソートやリストのコピーなど前処理を行っても構いません。

検算用のコード

import itertools
l=[-3, 2, 1, -2, 0, 5, -1 , -1]
for c  in itertools.combinations(l, 3):
    if sum(c) == 0:
        print c

答え

(-3, 2, 1)
(-3, -2, 5)
(2, -2, 0)
(2, -1, -1)
(1, 0, -1)
(1, 0, -1)

今まで調べたこと

itertools.combinationのマニュアルには同等のアルゴリズムのソースがありました。このアルゴリズムはO(N)だそうです。

def combinations(iterable, r):
    # combinations('ABCD', 2) --> AB AC AD BC BD CD
    # combinations(range(4), 3) --> 012 013 023 123
    pool = tuple(iterable)
    n = len(pool)
    if r > n:
        return
    indices = range(r)
    yield tuple(pool[i] for i in indices)
    while True:
        for i in reversed(range(r)):
            if indices[i] != i + n - r:
                break
        else:
            return
        indices[i] += 1
        for j in range(i+1, r):
            indices[j] = indices[j-1] + 1
        yield tuple(pool[i] for i in indices)

これだけでも十分速いと思いますが、与えられた問題とデータの性質に合わせてより効率的な方法はないかと模索しています。

条件のところに書いていますが、ヒントはソートしても良いし、リストのコピーを作っても良い、とのことです。また取り出す個数が3でなくて2ならどうか?とも聞かれました。2つなら辞書にd[-1]=1などとして、リストに存在する符号が反対の値の組合せを保存しておけば、O(1)で計算できることになります。しかしこれでは重複する値に対応できないし、3つ以上に拡張できるのか、全く見当もつきません。

類題

部分和問題という類題は任意の数の部分和を探すもので、僕に与えられた問題はサブセットということになりそうです。なんとなく、見た目より遥かに難しい問題だということはわかりました。

部分和問題。NP完全だそうです...。

さらに調べてわかったこと

取り出す個数が3の時は"3sum問題"として、ダイナミックプログラミング(DP、動的計画法)のO(N^2)の解が知られている。

本家StackOverflow N=3の時の回答 コードも簡単。
3和問題

2

ほとんど本家からのコピーですが、3つの和限定の解です。

l=[-3, 2, 1, -2, 0, 5, -1 , -1]
l.sort()
M = len(l) - 1
for i, e in enumerate(l):
    j = i + 1
    k = M
    while k > j:
        s = l[i] + l[j] + l[k]
        if s == 0:
            print l[i], l[j], l[k]
            k -= 1
        elif s > 0:
            k -= 1
        else:
            j += 1

結果

-3 -2 5
-3 1 2
-2 0 2
-1 -1 2
-1 0 1
-1 0 1
0

とりあえず、itertools.combinationはO(N)ではありません。O(N^3)です。
というのも、combination(iterable, 3)は、iterableから3個の要素を選ぶすべての場合を返すので、
N個から3個選ぶ方法、N(N-1)(N-2)/6だけ時間がかかります。

長さNの配列aに対して、O(N^2)解法は以下の通りです。

  1. 連想配列dictを用意し、dict[i]=(a[j]=iとなるjの個数)となるようにする
  2. dictのキーを配列xにソートして格納する
  3. sum=0とする
  4. 0<=i<j<len(x)に対して、5.を実行する。
  5. -(x[i]+x[j])dictのキーとして含まれていれば、sum+=dict[-(x[i]+x[j])]とする
  6. sumが答え
  • すいません、これだと重複ができますね。<br/> 少し面倒ですが、(0,0,0)の場合、(0,p,-p)の場合、(p,q,-p-q)の場合、(-p,-q,p+q)の場合で<br/> 分けて求める必要があります(p,q>0とします)。<br/> <br/> (0,0,0)は、dict[0]=kとしてk*(k-1)*(k-2)/6通りです。<br/> <br/> (0,p,-p)の場合、0の選び方がk通りで、(p,-p)の部分は以下のようにします。<br/> i=len(x)-1 sum=0 while i>=0 && x[i]>0: if -x[i] in dict: sum += dict[-x[i]] i-- pythonはほとんど触ったことがないので、エラーが出るかもしれません。<br/> ともかく、この場合はk*sum通りです。<br/> <br/> (p,q,-p-q)の場合は回答で述べた通りですが、i,jx[i]>0 && x[j]>0を満たす範囲で<br/> 動かす必要があります。<br/> <br/> (-p,-q,p+q)の場合も同様です。<br/> – selpo 15年12月25日 7:29

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする