2

Drat! - Ruby has a Double Splat - Firmafon Developers Blog

を見ました。

質問1. 仮引数の** と = {} の違いはなんでしょうか?

def f(**options)
  p options #=> {:hoge=>"AAA", :foo=>"BBB"}
end

f hoge: "AAA", foo: "BBB"

def f(options = {})
  p options #=> {:hoge=>"AAA", :foo=>"BBB"}
end

f hoge: "AAA", foo: "BBB"

の違いはなんでしょうか?

実際に試してみた例

def f(options = {})
  p options #=> nil
end

f nil

(とくに問題なし)

エラー

def f(**options)
  p options
end

f nil

`f': wrong number of arguments (1 for 0) (ArgumentError)

基準はわかりませんが、実引数に与えられた種類に応じてエラーにしてくれる場合が増えたということでしょうか?


質問2. ** と mergeメソッドとの違いは?

options = { a: 'b' }
hoge = { c: 'd', **options }
p hoge #=> {:c=>"d", :a=>"b"}

fuga =  { c: 'd'}.merge(options)
p fuga #=> {:c=>"d", :a=>"b"}

同じでしょうか?

4

質問2. ** と mergeメソッドとの違いは?

ハッシュリテラルでは違いが分かりませんので、変数にします。

{ **Hash, **Hash } の場合

irb> h1 = { a: 'b'}
=> {:a=>"b"}
irb> h2 = { c: 'd'}
=> {:c=>"d"}
irb> h12 = { **h1, **h2 }
=> {:a=>"b", :c=>"d"}
irb> h1
=> {:a=>"b", :c=>"d"}
irb> h2
=> {:c=>"d"}

merge メソッドの場合

irb> h1 = { a: 'b'}
=> {:a=>"b"}
irb> h2 = { c: 'd'}
=> {:c=>"d"}
irb> h12 = h1.merge(h2)
=> {:a=>"b", :c=>"d"}
irb> h1
=> {:a=>"b"}
irb> h2
=> {:c=>"d"}

{ **Hash, **Hash } の場合は h1 が書き変えられています。これは Hash.merge!() と同じです。

irb> h12 = h1.merge!(h2)
=> {:a=>"b", :c=>"d"}
irb> h1
=> {:a=>"b", :c=>"d"}
irb> h2
=> {:c=>"d"}

ソースコードでは以下の様になっていて、Hash.merge() の場合はコピーを渡している事が判るかと思います。

ruby-2.6/hash.c

/*
 *  call-seq:
 *     hsh.merge(other_hash)
            :
*/
static VALUE
rb_hash_merge(VALUE hash1, VALUE hash2)
{
    return rb_hash_update(rb_obj_dup(hash1), hash2);
                          ^^^^^^^^^^^^^^^^^
}

/*
 *  call-seq:
 *     hsh.merge!(other_hash)
            :
 */
static VALUE
rb_hash_update(VALUE hash1, VALUE hash2)
{
    rb_hash_modify(hash1);
            :

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする