3

特定のブランチなど(tree-ish なオブジェクト)に存在する、特定のファイルの SHA-1 ハッシュを取得したいと考えています。

git の原理的に、checkout などによって index や worktree に対して変更を加えずとも、これを実現する方法はありそうだと考えているのですが、ご存知の方はいらっしゃいますでしょうか。

例えば:

git THECOMMAND HEAD:hoge-dir/fuga-file
git THECOMMAND origin/develop:README

などで、該当するファイルの SHA-1 ハッシュを取得できたらよいと考えています。

2

確かに Git は SHA-1 ハッシュでオブジェクトを識別していますが、これはあくまでオブジェクトのハッシュであり、ファイルなどのデータ本体のハッシュではありません。

具体的には、データ本体の前にオブジェクトの種類や長さを付加したものが Git におけるオブジェクトであり、これをハッシュ関数にかけたものがオブジェクトIDになっています。

・・・とここまで書いて、「計算済みのハッシュ値を取り出したい」とは書かれていないことに気づきました。

git show origin/develop:README

で当該オブジェクトの中身を表示できるので、これを sha1sum にでも流して

git show origin/develop:README | sha1sum

という感じでどうでしょうか。

ちなみにファイルパスを ./ から始めると、相対パスとして扱われるようです。

  • 質問のするときには、計算済みハッシュとファイルの生ハッシュが違うことに気づいていませんでした。この質問を行った目的は、異なるリビジョンにあるファイルの同一性を比較することでした。示したいただいた方法で実現できそうなので accept します。 – Yuki Inoue 15年10月7日 18:24

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする