-2

SwiftでiOSのプログラミング時、データベースなど組み込むとき、保存場所に慣習などあるのでしょうか?

アップグレード時、上書きされる保存場所、されない保存場所を、実機でそれぞれどのように設定すればいいでしょうか?

教えていただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

  • 上書きされる置き場、されない置き場って何ですか? 置き場が何を指すのかも分かりません。その辺、分かるように書かないとマイナス票増えるだけだと思いますよ。 – 豚吐露 15年10月5日 1:09
  • アプリをアップデートしたらファイルが勝手に上書きされて困っている、といった話なのか、ファイルの保存場所になにか慣習(必須ではない)があるのか尋ねていらっしゃるのか、あるいはどちらとも違うのでしょうか? – unarist 15年10月5日 7:18
  • ファイルの保存場所に慣習があるんでしょうか?そしてその保存場所をどのように使い分ければいいのでしょうか? – Junichi 15年10月5日 7:35
1

ディレクトリのパス取得は、つぎの関数を用いるのが定型となっています。

Foundation Functions Reference

func NSSearchPathForDirectoriesInDomains(_ directory: NSSearchPathDirectory, _ domainMask: NSSearchPathDomainMask, _ expandTilde: Bool) -> [String]

NSSearchPathDirectoryNSSearchPathDirectory.DocumentDirectoryNSSearchPathDomainMaskNSSearchPathDomainMask.UserDomainMaskとすると、アプリが保存する書類ファイルが格納されるDocumentsフォルダのパスを取得できます。
(引数expandTildeは、~を使って、ユーザディレクトリの先頭から始める(false)か、ルートディレクトリから始める(true)かを選択します)
返り値は、パスの配列になります。クラウドサービスを使って、Documentsフォルダの場所が複数になるということを想定しているんでしょうが、とくにむずかしいことをしていなければ、この配列の要素数は1です。

let pathArray = NSSearchPathForDirectoriesInDomains(NSSearchPathDirectory.DocumentDirectory, NSSearchPathDomainMask.UserDomainMask, true)
let documentPath = pathArray[0]

アップグレード時、上書きされる保存場所

アップグレードで上書きされるのは、アプリケーション本体のみと、私は認識しています。アプリケーション本体は、保存場所にはならない(保存場所にすべきでない)ので、「ない」という回答でいいかと思います。

じっさいに実機で各ディレクトリの場所を出力してみて、iOSのディレクトリ構造がどうなっているか、勉強なさるといいでしょう。コンピュータのセキュリティで使われる概念に「Sand Box」というものがありますが、iOSでは、これを採用して、アプリケーションごとにそれぞれのDocumentsフォルダが作られることがわかると思います。万一iPhone/iPadがハッキングされても、ハック対象のアプリのみに被害がとどまり、ほかのアプリの安全が保たれるというしくみです。

  • 上書きされる保存場所が「ない」という答えで今までの疑問が全て解消致しました。 あとはいただいた情報で、実機テストしてみます。 ありがとうございました。 – Junichi 15年10月5日 12:43

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする