2

AとBという2つのストリームがあった場合、Aのストリームを読み込み、処理を加え、Bのストリームに結果を受け流すような処理はどのように書くのでしょうか。

一旦Aのストリームの内容を書き出して処理を加え、その結果でBのストリームを作る、というような方法しかないのでしょうか。

2

一旦Aのストリームの内容を書き出して処理を加え、その結果でBのストリームを作る、というような方法しかないのでしょうか。

理想的には

(defun f (in out) (loop (write-char (read-char in) out)))
(defun g (in out) (loop (write-char (read-char in) out)))
(let ((in ...) (out ...) (pipe ...))
  (make-thread (lambda () (f in pipe))
  (make-thread (lambda () (g pipe out)))

と書きたいのですよね。しかし、(pipe ...) に相当するものが無いので、CLの範疇では

(defun read-all (in) ...)
(defun f (in) (make-next-input-stream (dosomething (read-all in)))))
(defun g (in) (make-next-input-stream (dosomething (read-all in)))))
(let ((in ...))
  (read-all (g (f in))))

とするしか無く、本当のパイプとは似ていない形になってしまいます。いくつか方法が考えられます。

  1. clで(pipe ...)を実装してしまうこと。しかし、streamクラスはbuilt-in-typeなので継承できません。NG. 追記: gray-streamで拡張できるようです。 http://kurohuku.blogspot.jp/2009/11/gray-stream.html ここの make-virtual-stream は実質pipeですね。

  2. iolibを使う。(iolib.syscalls:pipe)はあるのですが、帰ってくるのがFile Descriptor番号なので、いかんせん使いにくい。ラッパがあればいいのですが、ないようです。そこでmkfifoを使いましょう。

たとえば以下のような感じ。

(unwind-protect
  (let ((fifo "/tmp/myfifo")
        (in ...) (out ...))
    (iolib.syscalls:MKFIFO fifo 255)
    (with-open-file (fifoin fifo :direction :input)
      (with-open-file (fifoout fifo :direction :output)
        (make-thread (lambda () (f in fifoout))
        (make-thread (lambda () (g fifoin out))))))
 (delete-file fifo))

たぶんうまく行くはず。

  1. sbclなら sb-unix:unix-pipe が返してきたFD番号を SB-SYS:make-fd-stream でストリームに出来ます。これもユーティリティーがあればいいのに。あと、生成したpipeを消す方法がわからないのですが大丈夫なのか不明です。

例:

(multiple-value-bind (read-fd write-fd) (sb-unix:unix-pipe)
  (let ((pipeout (SB-SYS:make-fd-stream write-fd :output t))
        (pipein  (SB-SYS:make-fd-stream read-fd  :input  t)))
     ...))

iolibがもっとしっかり使いやすくなっていればいいのですけどね。 pipe系の問題としては、lispオブジェクトを渡せないということでしょうか。 charしか流せません。

  1. cl-asyncとかどうなってるんでしょうね。なにか出来そうな気がしますが、知りません。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする