1

https://github.com/plataformatec/devise/blob/1a0192201b317d3f1bac88f5c5b4926d527b1b39/app/controllers/devise/sessions_controller.rb

で、

respond_with(resource, serialize_options(resource))

という処理で最終的に、.erbに処理を渡していると思うのですが、
respond_withの動きがわかりません。

  def serialize_options(resource)
    methods = resource_class.authentication_keys.dup
    methods = methods.keys if methods.is_a?(Hash)
    methods << :password if resource.respond_to?(:password)
    { methods: methods, only: [:password] }
  end

で、 methodsonlyをキーに持つHashを作っていてrespond_withはこのHashを引数に受け取っているようではありますが... この2つのキーにはどういう意味があるのでしょうか?

| この質問を改善する | |
1

完全には理解できていませんが、このコミット(特にテスト)を見てなんとなく役割がわかりました。

https://github.com/plataformatec/devise/commit/3cedba1de8345b5f5f9055acd5513e893ed8d497

methods には config/initializers/devise.rb の authentication_keys が利用されます。

デフォルトは :email になっています。

# config.authentication_keys = [ :email ]

これを :subdomain に変えたりすると、認証時にuser.emailではなくuser.subdomainが使われるようです。(おそらく)

config.authentication_keys = [ :subdomain ]

あとはGitHubのblameやhistoryを使ってコミットログをさかのぼったり、pryやRubyMineを使ってじっくりデバッグ実行したりするとその他の不明な点も解決されるのではないでしょうか?

以上、ご参考までに。

| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする