3
(with-open-file (s "test.txt" :direction :input)
 (let ((buf (make-string (file-length s))))
  (read-sequence buf s)
  buf))

↑のようにread-sequenceで日本語で書かれたファイル(ここではtest.txt)を読み込んで文字列に格納すると,その文字列にNULL文字が入ってしまいます.
例えばtest.txtの中身が

日本語で書かれた文章

であった場合,格納される文字列は

"日本語で書かれた文章^@^@^@^@^@^@^@^@^@^@^@^@^@^@^@^@^@^@^@^@"

となってしまいます。

格納する変数のサイズの指定が悪いと思うのですが,どうすればピッタリ格納出来るでしょうか?
ちなみに処理系はsbclでファイルの文字コードはUTF-8です。

  • LANG=ja_JP.utf8 LC〜〜〜も同様です. – tamamu 15年9月29日 14:19
  • 回答してみましたが、『日本語のファイル』固有の問題ではありませんので、題名から『日本語の』を取ってしまった方が良いかなと思います。 – g000001 15年9月29日 19:48
3

現象として、日本語のファイルを読んだらNull文字でパディングされたように見えているだけで、実際に起きていることは違います。

make-string

make-stringは指定した長さの文字列を作りますが、未指定の場合の初期値は処理系によって違います。
SBCLの場合は、Null文字であった、というだけです。

(make-string 10)
;=> "^@^@^@^@^@^@^@^@^@^@" 

read-sequence

read-sequenceは、用意されたシーケンス(文字列もシーケンス)に読み込んだものを植え付けます。

この2つが合さって、Null文字でパディングされているように見えた、ということになります。
日本語かどうかと、何でパディングされるか、は無関係ということになります。

(with-open-file (s "/tmp/j.txt" :direction :input)
 (let ((buf (make-string (file-length s) :initial-element #\Space))); 初期値に空白を与えた場合
  (read-sequence buf s)
  buf))
;=> "日本語で書かれた文章                    " 

日本語のテキストを読み込むには

日本語のテキストを読み書きするのに、オクテットに変換することはまず無く、大抵は、単にエンコーディングを合わせてread-lineするだけです。

(with-open-file (s "test.txt" :direction :input :external-format :utf-8)
  (let ((buf (read-line s)))
    buf))
;=> "日本語で書かれた文章" 

なお、複数行の場合はファイル終端まで繰り返します。

(with-open-file (s "test.txt" :direction :input :external-format :utf-8)
  (loop :for line := (read-line s nil) :while line
        :collect line))
;=> ("日本語で書かれた文章") 

もしくは read-sequence で一気に読み込みます

(with-open-file (s "/tmp/j.txt"
                   :direction :input
                   :element-type '(unsigned-byte 8)
                   :external-format :utf-8)
  (let ((buf (make-array (file-length s) :element-type '(unsigned-byte 8))))
    (read-sequence buf s)
    (sb-ext:octets-to-string buf :external-format :utf-8)))
;=> "日本語で書かれた文章

; "

1

失礼しました、上のコメントは忘れて下さい(しばらくしたら削除します)。

文字列をバイト列に変換して表示してみると、確かに 0x00(NULL) が最後に追加されていますね。

(with-open-file (s "text.txt" :direction :input)
  (let ((buf (make-string (file-length s))))
    (read-sequence buf s)
    (sb-ext:string-to-octets buf)))
=>
#(230 151 165 230 156 172 232 170 158 227 129 167 230 155 184 227 129 139 227
  130 140 227 129 159 230 150 135 231 171 160 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  0 0 0)

とはいうものの、buf を文字列として扱う場合、0x00 は null terminator(文字列の終端)になりますので、特に問題はないかと思います。

ご要望通りにサイズを合わせたい場合はバイト列を使います。

(with-open-file (s "text.txt" :direction :input :element-type '(unsigned-byte 8))
  (let ((buf (make-sequence '(vector (unsigned-byte 8)) (file-length s))))
    (read-sequence buf s)
    buf))
=>
#(230 151 165 230 156 172 232 170 158 227 129 167 230 155 184 227 129 139 227
  130 140 227 129 159 230 150 135 231 171 160)

これを文字列に戻すには sb-ext:octets-to-string を使います。

(with-open-file (s "text.txt" :direction :input :element-type '(unsigned-byte 8))
  (let ((buf (make-sequence '(vector (unsigned-byte 8)) (file-length s))))
    (read-sequence buf s)
    (sb-ext:octets-to-string buf :external-format :utf-8)))
=>
"日本語で書かれた文章"

read-sequence に文字列のバッファを渡すと、内部でパディング領域を追加してしまう様です。

追記

少し不思議なのは、read-sequence の実行後に buf のサイズが増えていることなのです。

(with-open-file (s "test.txt" :direction :input)
  (let ((buf (make-string (file-length s))))
    (format t "~D ~a~%" (length (sb-ext:string-to-octets buf)) (sb-ext:string-to-octets buf))
    (read-sequence buf s)
    (format t "~D ~a~%" (length (sb-ext:string-to-octets buf)) (sb-ext:string-to-octets buf))))
=>
30 #(0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0)
50 #(230 151 165 230 156 172 232 170 158 227 129 167 230 155 184 227 129 139
     227 130 140 227 129 159 230 150 135 231 171 160 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
     0 0 0 0 0 0 0)

30 byte(UTF-8 10文字)から 50 byte に増えていて、0x00 が 20 byte 追加されています。

initial-element を指定しても同様です。

(with-open-file (s "test.txt" :direction :input)
 (let ((buf (make-string (file-length s) :initial-element #\Space)))
  (format t "~D ~a~%" (length (sb-ext:string-to-octets buf)) (sb-ext:string-to-octets buf))
  (read-sequence buf s)
  (format t "~D ~a~%" (length (sb-ext:string-to-octets buf)) (sb-ext:string-to-octets buf))))
=>
30 #(32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32
       32 32 32 32 32 32)
50 #(230 151 165 230 156 172 232 170 158 227 129 167 230 155 184 227 129 139
     227 130 140 227 129 159 230 150 135 231 171 160 32 32 32 32 32 32 32 32 32
     32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32)

更に追記

SBCL の read-sequence の実装を確認してみました。

"日本語で書かれた文章"/UTF-8 => 30 byte
"日本語で書かれた文章"/UTF-8 => 10 文字

byte 単位で見れば 30 byte なのですが、UTF-8 encoding で見れば 10 文字となります。
read-sequence が何をしているかというと、

make-string 直後の buf => #[0 0 ...] (30 byte)
日 => E6 97 A5 => 230 151 165

まず、日(230 151 165) というシーケンスを buf の最初の要素(buf[0])と置き換えています。そして、"本"、"語"、…と続きます。
つまり、最終的に 30 byte - 10 byte(10 文字分) + 30 byte(UTF-8 10文字) = 50 byte に置き換わることになります。

では、test.txt の内容が ASCII 文字のみの場合はどうなるのでしょうか。

alphabet.txt => "Hello World!"

(with-open-file (s "alphabet.txt" :direction :input)
 (let ((buf (make-string (file-length s) :initial-element #\Space)))
  (format t "~D ~a~%" (length (sb-ext:string-to-octets buf)) (sb-ext:string-to-octets buf))
  (read-sequence buf s)
  (format t "~D ~a~%" (length (sb-ext:string-to-octets buf)) (sb-ext:string-to-octets buf))))
=>
12 #(32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32 32)
12 #(72 101 108 108 111 32 87 111 114 108 100 33)

バイト列のサイズは作成時と同じになっています(1 文字 = 1 byte)。

なので、wide char を含む文字列の場合は(結果的に)文字列が拡張されてしまう、という事になりますでしょうか。おそらく Lisp 処理系ごとで挙動が違うのだと思いますが。。。

  • bufをmake-stringで作成しているのが原因だと思います。file-sizeはバイトサイズですが、make-stringは文字数です。utf-8では1-4バイトになるので大抵文字数の方がバイト数より少なくなると思います。 – g000001 15年9月30日 10:30

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする