1

これらの違いを聞かれたのですがどれも違いがないと思いました。
テストに際してどのディストリビュートがいいのかわからないので教えてください。

3

どれもセキュリティに重点を置いたディストリビューションではありますが、ペネトレーションテスト用と言えるのは Kali Linux だけではないでしょうか?

検索して調べた程度なので実際にはそのような使い方もされているのかもしれませんが・・・。

Kali Linux

攻撃・テストツールや解析ツールを備えたディストリビューション。Wireshark、Metasploit、Burpsuite、Aircrack-ng といった有名どころをはじめ、様々なパッケージが用意されているようです。

Tails

匿名性に重点を置いたディストリビューション、というかライブOS。Tor を使うことでインターネット上での匿名性を確保するほか、暗号化ファイルシステムなどを標準装備している。

Qubes OS

Xen による仮想化でアプリケーションを分離し、セキュリティを高めるディストリビューション。ネットワークやストレージへのアクセスも専用のVMを通すことで、ハードウェアへ直接アクセスすることを防ぐ。各VMで動作するアプリケーションをシームレスに操作するための仕組みなども用意されているようです。

4
  • Tails
    匿名性に特化したLinuxのディストリビュート
    例えば、DoS攻撃を回避するための訓練に利用できます。攻撃と防御に別れそれぞれ指揮を取りながらサーバーを守る体制を確立します。

  • Kali
    侵入に特化したLinuxのディストリビュート
    例えば、Wi-fiのセキュリティレベルの確認や自己サーバのセキュリティレベルの確認などが行えます。

  • Qubes
    ウイルスに対して特化したLinuxのディストリビュート
    アンチウイルスソフト開発者が、ウイルスの動作を確認するために使います。

サーバー管理者であれば、安全性を確保するためにTailsとKaliでのテストが必要になります
施設を管理も任されているのならKaliによるWifiのセキュリティチェックも必要でしょう
Qubesは、ワクチンソフトを開発する場合に必要になると思います。

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする