-4

質問の内容がわかりずらくてゴメンなさい。

縦4 横4 の計16個の画像を配置してあります。
15こは同じ画像なのですが1つ違う画像にしてあります。
その違う1つをタッチするたびに違う場所に出現させたいのですがやり方がわかりません。

ランダムに再配置するやり方がわかりません

touchesBeganの所になんと書けばいいのでしょうか?

コードは以下のとうりです
見よう見まねでやったので雑でゴメンなさい。

class ViewController:UIViewController{

    private var myImageView: UIImageView!
    private var myImageView2: UIImageView!
    private var myImageView3: UIImageView!
    private var myImageView4: UIImageView!
    private var myImageView5: UIImageView!
    private var myImageView6: UIImageView!
    private var myImageView7: UIImageView!
    private var myImageView8: UIImageView!
    private var myImageView9: UIImageView!
    private var myImageView10: UIImageView!
    private var myImageView11: UIImageView!
    private var myImageView12: UIImageView!
    private var myImageView13: UIImageView!
    private var myImageView14: UIImageView!
    private var myImageView15: UIImageView!
    private var myImageView16: UIImageView!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        myImageView = UIImageView(frame: CGRectMake(0,0,60,60))
        let myImage = UIImage(named: "images2.png")
        myImageView.image = myImage
        myImageView.layer.position = CGPoint(x: 60, y: 150)
        self.view.addSubview(myImageView)


        myImageView2 = UIImageView(frame: CGRectMake(0,0,60,60))
        let myImage2 = UIImage(named: "images.png")
        myImageView2.image = myImage2
        myImageView2.layer.position = CGPoint(x: 140, y: 150)
        self.view.addSubview(myImageView2)

        myImageView3 = UIImageView(frame: CGRectMake(0,0,60,60))
        let myImage3 = UIImage(named: "images.png")
        myImageView3.image = myImage3
        myImageView3.layer.position = CGPoint(x: 220, y: 150)
        self.view.addSubview(myImageView3)

        myImageView4 = UIImageView(frame: CGRectMake(0,0,60,60))
        let myImage4 = UIImage(named: "images.png")
        myImageView4.image = myImage4
        myImageView4.layer.position = CGPoint(x: 300, y: 150)
        self.view.addSubview(myImageView4)

        myImageView5 = UIImageView(frame: CGRectMake(0,0,60,60))
        let myImage5 = UIImage(named: "images.png")
        myImageView5.image = myImage5
        myImageView5.layer.position = CGPoint(x: 60, y: 250)
        self.view.addSubview(myImageView5)

        myImageView6 = UIImageView(frame: CGRectMake(0,0,60,60))
        let myImage6 = UIImage(named: "images.png")
        myImageView6.image = myImage6
        myImageView6.layer.position = CGPoint(x: 140, y: 250)
        self.view.addSubview(myImageView6)

        myImageView7 = UIImageView(frame: CGRectMake(0,0,60,60))
        let myImage7 = UIImage(named: "images.png")
        myImageView7.image = myImage7
        myImageView7.layer.position = CGPoint(x: 220, y: 250)
        self.view.addSubview(myImageView7)

        myImageView8 = UIImageView(frame: CGRectMake(0,0,60,60))
        let myImage8 = UIImage(named: "images.png")
        myImageView8.image = myImage8
        myImageView8.layer.position = CGPoint(x: 300, y: 250)
        self.view.addSubview(myImageView8)

        myImageView9 = UIImageView(frame: CGRectMake(0,0,60,60))
        let myImage9 = UIImage(named: "images.png")
        myImageView9.image = myImage9
        myImageView9.layer.position = CGPoint(x: 60, y: 350)
        self.view.addSubview(myImageView9)

        myImageView10 = UIImageView(frame: CGRectMake(0,0,60,60))
        let myImage10 = UIImage(named: "images.png")
        myImageView10.image = myImage10
        myImageView10.layer.position = CGPoint(x: 140, y: 350)
        self.view.addSubview(myImageView10)

        myImageView11 = UIImageView(frame: CGRectMake(0,0,60,60))
        let myImage11 = UIImage(named: "images.png")
        myImageView11.image = myImage11
        myImageView11.layer.position = CGPoint(x: 220, y: 350)
        self.view.addSubview(myImageView11)

        myImageView12 = UIImageView(frame: CGRectMake(0,0,60,60))
        let myImage12 = UIImage(named: "images.png")
        myImageView12.image = myImage12
        myImageView12.layer.position = CGPoint(x: 300, y: 350)
        self.view.addSubview(myImageView12)

        myImageView13 = UIImageView(frame: CGRectMake(0,0,60,60))
        let myImage13 = UIImage(named: "images.png")
        myImageView13.image = myImage13
        myImageView13.layer.position = CGPoint(x: 60, y: 450)
        self.view.addSubview(myImageView13)

        myImageView14 = UIImageView(frame: CGRectMake(0,0,60,60))
        let myImage14 = UIImage(named: "images.png")
        myImageView14.image = myImage14
        myImageView14.layer.position = CGPoint(x: 140, y: 450)
        self.view.addSubview(myImageView14)

        myImageView15 = UIImageView(frame: CGRectMake(0,0,60,60))
        let myImage15 = UIImage(named: "images.png")
        myImageView15.image = myImage15
        myImageView15.layer.position = CGPoint(x: 220, y: 450)
        self.view.addSubview(myImageView15)

        myImageView16 = UIImageView(frame: CGRectMake(0,0,60,60))
        let myImage16 = UIImage(named: "images.png")
        myImageView16.image = myImage16
        myImageView16.layer.position = CGPoint(x: 300, y: 450)
        self.view.addSubview(myImageView16)

        myImageView.userInteractionEnabled = true
        myImageView2.userInteractionEnabled = true
        myImageView3.userInteractionEnabled = true
        myImageView4.userInteractionEnabled = true
        myImageView5.userInteractionEnabled = true
        myImageView6.userInteractionEnabled = true
        myImageView7.userInteractionEnabled = true
        myImageView8.userInteractionEnabled = true
        myImageView9.userInteractionEnabled = true
        myImageView10.userInteractionEnabled = true
        myImageView11.userInteractionEnabled = true
        myImageView12.userInteractionEnabled = true
        myImageView13.userInteractionEnabled = true
        myImageView14.userInteractionEnabled = true
        myImageView15.userInteractionEnabled = true
        myImageView16.userInteractionEnabled = true
    }

    override func touchesBegan(touches: Set<NSObject>, withEvent event: UIEvent) {
        let touch = touches.first as! UITouch
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
}
  • 7
    どこまでわかっていてどこからわからないのか(タッチの検出方法がわからないのか、タッチの検出方法はわかっているけど画像の再配置方法がわからないのか)追記する必要があると思います。また、もともとどのようにして画像を配置しているか(UIImgeViewで画像を配置しているのか、別のカスタムViewを使っているのか、storyboardで配置しているのか、コードでビューを生成して配置しているのか)も追記すべきだと思います。全くの初心者で何かWebサイトの情報をみようみまねでやっているなら、参考にしているURLも記述すると、より具体的なアドバイスを得られやすいと思います。 – TakeOne 15年8月21日 23:17
4

アプリのグラフィックな部分の開発の、ひとつのテクニック、というかひとつの心得として、できるだけ構成を単純化するということが挙げられると思います。
今回の件では、同じ画像15個+異なる画像1個という16個で構成をするから、処理が複雑化しているといえます。これを、

・同じ画像(UIImage)のUIImageViewインスタンス16個、A01〜A16
・異なる画像のUIImageViewインスタンス1個、B

このように17個で構成すれば、とたんに単純化されます。A01〜A16は、格子状に配置して、終始固定したままにできます。A01〜A16の任意のインスタンスの上に、Bを重ねて配置すれば、当初想定した外見になります。あとは、ランダムにBの位置を移動するだけです。

もうひとつの心得を挙げさせてもらうならば、それはアプリのふるまいを、漠然とひとつのふるまいとイメージするのではなく、ひとつひとつの小さなパーツの組み合わせとしてイメージすることです。これも今回の件に即してみていけば、

・UIImageViewインスタンスBのタッチをトリガー(引き金)にしてイベントを起こす。
・UIImageViewインスタンスBの位置を、プログラムで移動する(変更する)。
・UIImageViewインスタンスBのとることができる位置(A01〜A16の位置)を、配列として保持する。
・ランダムに0〜15(まあ、1〜16でもかまいませんが)を返す関数を用意する。

このくらいのパーツに分けてみるといいんじゃないでしょうか?
そして、個々のパーツについて、じぶんの知っている範囲、経験のある範囲でプログラムにできるかを検証して、無理なら、そのパーツについて、絞った質問をするよう、心がけるといいでしょう。


以上の方針に沿ったサンプルコードを掲載しておきます。(Xcode 7.0 Beta 5、Swift 2.0)(Xcode 6.4、Swift 1.2でも動作するはず)

base16.png

base16.png

heart.png

heart.png

Single View Applicationのプロジェクトを新規作成します。
上のふたつの画像を、プロジェクトに追加します。
ViewController.swiftを下のように編集します。

ViewController.swift

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    // heartViewのプロパティtagを100とるす定数
    let heartTag = 100
    // 要素数16、CGPointの配列を用意する。
    var points = [CGPoint](count: 16, repeatedValue: CGPointZero)

    // ランダムな位置(CGPoint)を返すメソッド
    func randomPoint(under: Int) -> CGPoint {
        let n = Int(arc4random_uniform(UInt32(under)))
        // 「頼みもしない機能」を実装
        let tmp = points[n]
        points[n] = points[15]
        points[15] = tmp
        return tmp
    }

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        // 配列pointsに、位置座標を代入
        points[0] = CGPoint(x: 38.0, y: 38.0 + 36.0)
        points[1] = CGPoint(x: 114.0, y: 38.0 + 36.0)
        points[2] = CGPoint(x: 190.0, y: 38.0 + 36.0)
        points[3] = CGPoint(x: 266.0, y: 38.0 + 36.0)
        points[4] = CGPoint(x: 38.0, y: 114.0 + 36.0)
        points[5] = CGPoint(x: 114.0, y: 114.0 + 36.0)
        points[6] = CGPoint(x: 190.0, y: 114.0 + 36.0)
        points[7] = CGPoint(x: 266.0, y: 114.0 + 36.0)
        points[8] = CGPoint(x: 38.0, y: 190.0 + 36.0)
        points[9] = CGPoint(x: 114.0, y: 190.0 + 36.0)
        points[10] = CGPoint(x: 190.0, y: 190.0 + 36.0)
        points[11] = CGPoint(x: 266.0, y: 190.0 + 36.0)
        points[12] = CGPoint(x: 38.0, y: 266.0 + 36.0)
        points[13] = CGPoint(x: 114.0, y: 266.0 + 36.0)
        points[14] = CGPoint(x: 190.0, y: 266.0 + 36.0)
        points[15] = CGPoint(x: 266.0, y: 266.0 + 36.0)

        // base16.pngをviewに貼り付け。
        let baseView = UIImageView(image: UIImage(named: "base16.png"))
        baseView.center = CGPoint(x: 152.0, y: 152.0 + 36.0)
        baseView.userInteractionEnabled = false
        self.view.addSubview(baseView)

        // heart.pngをviewに貼り付け
        let heartView = UIImageView(image: UIImage(named: "heart.png"))
        // heartViewをランダムな位置にする。
        heartView.center = randomPoint(16)
        heartView.userInteractionEnabled = true
        // heartViewのプロパティtagをheartTag(100)にする
        heartView.tag = heartTag
        self.view.addSubview(heartView)   
    }

    // heartViewをタップすると
    override func touchesBegan(touches: Set<UITouch>, withEvent event: UIEvent?) {
        // タッチイベントを受け取ったviewが、heartViewなら
        if let touch = touches.first,
            let theView = touch.view
            where theView.tag == heartTag {
                // それっぽく見せるために、フリップ(裏返す)アニメーションを付加
                UIView.transitionWithView(theView, duration: 0.4, options: UIViewAnimationOptions.TransitionFlipFromRight, animations: {
                        theView.hidden = true
                    }, completion: {
                        (finished) in
                        theView.center = self.randomPoint(15)
                        UIView.transitionWithView(theView, duration: 0.4, options: UIViewAnimationOptions.TransitionFlipFromRight, animations: {
                                theView.hidden = false
                            }, completion: nil)
                })
        }
    }

}

上のコードには、頼まれていない処理が付加されています。
ランダムにheartViewの位置を変更すると、16分の1の確率で、移動前と同じ位置に移動する、すなわち見た目移動しない結果になります。それはかっこよくないので、かならず現在位置から移動するようにしたいものです。その処理を付加しています。

3

全てコードで配置しております。
再配置のやり方がわかりません

全てコードで配置しているなら、最初に16個の画像を配置する時に、
UIImageViewのframeプロパティで表示位置を座標指定しているはずです。

再配置するには、そのframeプロパティを変更してUIImageViewの
表示位置を変更すればよいだけです。

ただ、これはビューを表示する際の基本中の基本の
当たり前のことしか回答していないので、
あなたがわからないと思っているポイントは
別のところにあるのではないかと思います。

補足を求めても、たった2言しか補足できないということは、
たぶんなにがわからないのか(何をどう聞いたらいいのか)
自分でうまく説明できない状態なんだろうと思います。

全てコードで配置しているなら、そのコードを全部質問に記載すれば、
あなたがなにがわからないのか瞬時に理解し、具体的で適切な
アドバイスを与えてくれる人がここにはいると思います。


(2015/8/24追記)
コードを貼ってもらったので、そのコードをベースにアドバイスしたいと思いますが、touchesBeganの中身がほとんど何も書かれてないということは、たぶんどんな手順で処理したらいいのかすらさっぱりわからないのだと思います。その概略手順がわかったら今度は各手順の細かい処理方法に疑問が出てくると思うので、とりあえず現在のコードをベースに、こう追記したら動くというサンプルを書いてみました。

設計方針としては、UIImageViewを再配置するのではなく、各UIImageViewに設定している表示イメージ(UIImage)を更新することにしました。現在のコードをベースにするならこの方が簡単だと思います。

まず、ViewControllerのプロパティに以下の2つを追記します。
touchesBeganの中でどちらの画像が設定されているか判断できるようにするためです。

private var myImageA: UIImage!  // 他と同じ画像
private var myImageX: UIImage!  // 他と異なる画像

次に、viewDidLoadの最後に以下を追記します。

// イメージ設定
myImageA = UIImage(named: "images.png")
myImageX = UIImage(named: "images2.png")
myImageView.image = myImageX
myImageView2.image = myImageA
myImageView3.image = myImageA
myImageView4.image = myImageA
myImageView5.image = myImageA
myImageView6.image = myImageA
myImageView7.image = myImageA
myImageView8.image = myImageA
myImageView9.image = myImageA
myImageView10.image = myImageA
myImageView11.image = myImageA
myImageView12.image = myImageA
myImageView13.image = myImageA
myImageView14.image = myImageA
myImageView15.image = myImageA
myImageView16.image = myImageA
// タグ番号設定
myImageView.tag = 1
myImageView2.tag = 2
myImageView3.tag = 3
myImageView4.tag = 4
myImageView5.tag = 5
myImageView6.tag = 6
myImageView7.tag = 7
myImageView8.tag = 8
myImageView9.tag = 9
myImageView10.tag = 10
myImageView11.tag = 11
myImageView12.tag = 12
myImageView13.tag = 13
myImageView14.tag = 14
myImageView15.tag = 15
myImageView16.tag = 16

このあたりは、本来はUIImageViewを配列に入れる設計にすべきです。そうすればfor文でもっとすっきりと簡潔にコーディングできます。が、元のコードをいろいろ直すのが面倒なので、この回答ではタグを使いました。配列を使うならタグ番号を使う必要はなく、替わりに配列の添え字番号を使って全体としてもっとすっきりと簡潔になると思います。

そして、touchesBeganを以下のようにします

override func touchesBegan(touches: Set<NSObject>, withEvent event: UIEvent) {

    let touch = touches.first as! UITouch
    // タッチしたUIImageViewを取得
    let touchedImageView = touch.view as! UIImageView
    // タッチした画像が他と同じ画像(myImageA)なら何もしない
    if touchedImageView.image == myImageA {
        return
    }
    // タッチしたUIImageViewに他と同じ画像(myImageA)を設定
    touchedImageView.image = myImageA
    // タッチしたUIImageViewの番号を取得
    let touchedTag = touch.view.tag
    // タッチした番号と異なる別の新しい番号(1〜16)を取得
    // (1〜15のランダム値を取得し、タッチした番号と同じかそれ以上なら1加算する)
    var newTag = Int(arc4random_uniform(15))+1
    if newTag >= touchedTag {
        newTag++
    }
    // 新しいタグ番号を持つUIImageViewに他と異なる画像(myImageX)を設定
    let newImageView = self.view.viewWithTag(newTag) as! UIImageView
    newImageView.image = myImageX

}

これで質問にあった動作はできると思います。
ソースにコメントを入れておいたので、どんな手順でどんなことをしているか理解してください。

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする