1

wordpressで、searchform.phpをカスタマイズしています。
以下がコードになります。

<?php
function my_search_form( $form ) {
    $form = '<form role="search" method="get" id="searchform" action="'.home_url( '/' ).'" >
    <div><label class="screen-reader-text" for="s">' . __('Search for:') . '</label>
    <input type="text" value="' . get_search_query() . '" name="s" id="s" />
    <input type="submit" id="searchsubmit" value="'. esc_attr__('Search') .'" />
    </div>
    </form>';
    return $form;
}
add_filter( 'get_search_form', 'my_search_form' )

ここで、以前から使い所がわからなかったヒアドキュメントを使ってみようかと思いました。
$formに値(htmlコード)をいれるときに使用できるかと思いましたが、ヒアドキュメントはここで使用すべきなのでしょうか?

ヒアドキュメントについて認識不足なのかもしれません、ご教授願います。

  • 文法的な面を確認されている話なのか、セキュリティ面での懸念があるという話なのか、どちらなのでしょうか? – holywise 15年8月13日 4:01
  • ありがとうございます。 文法的な面を意識してです。。 知識不足で申し訳ありません、セキュリティ的にも何か有効なのでしょうか? – Blue bird 15年8月16日 7:27
2

ヒアドキュメント自体には単に「長い文字列を定義するのに便利な構文である」という以上の意味はありません。特に改行を多分に含む文字列を静的に定義したいときに便利です。個人的によく使うのはSQLをソース内に直接書くようなパターンですが、だからといって特定のこれこれのケースでは必ず使うべきというような事情はないと思います。

質問に挙がっているソースは Function Reference/get search form « WordPress Codex に記載のあるものですね? ここでのケースに関して言えば、ヒアドキュメントを使っても使わなくてもお好みで良いのではないでしょうか。

セキュリティ面に触れたのは、ユーザの入力をよく検証せずに使って画面を構築するとそのままセキュリティホールに直結する可能性があるからです。上記リンク先のNotesにもXSS脆弱性について書かれてますね。ヒアドキュメントを使っただけでセキュリティホールになるというわけではありません。

  • ありがとうございます。 長い文の時のときはヒアドキュメントを使用したほうが管理しやすそうですね。 – Blue bird 15年8月28日 4:06

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする