1

質問のタイトル通り,Golangの関数の並列化などについてなのですが,

Matrix_inverse_program

で,SIZE(行列の次元数)を少なくとも30以上にして実行すると,
生成された逆行列の要素が±InfやNaNになっていたりします.
これは,逆行列が存在しない場合にも無理矢理逆行列を生成させているからなのか,
float64型の限界値を超えているからなのか,分からないです.

また,逐次で実行した場合と並列化したプログラムとでの実行時間の差が,次元数1000において10回ずつ実行して,ほとんどないか逐次の方が早いという結果になっています.
channelの通信によるオーバーヘッドで実行効率が低下していると思っているのですが,
この問題の解決策を模索中でまだ解決できていません.

疑問に対する答えや,プログラムの改善案などを思いつきましたら,教えて頂けると幸いです.
何卒宜しくお願い致します.

  • ええと、当該のプログラムで実行されている goroutine は実質的に1つだけですので、並列化の恩恵(実効的な処理速度の向上)は見込めません。MatrixDecompose() 関数の処理を相互に依存のない単位に分解して、粒度(実行量)をヨリ細かくする必要があるでしょう。 – user9156 15年8月12日 13:18
  • 例えば入力が [[-2, -4], [-6, 4]] の場合(SIZE=2)、計算結果の逆行列が [[-3.5, -0.5], [1.5, 0.25]] となってしまいます。実際には [[-0.125, -0.125], [-0.1875, 0.0625]] です。MatrixDecompose(X, &perm, &toggle, &err) となっていますが、これは R = MatrixDecompose(X, &perm, &toggle, &err) とするのではないでしょうか。 – user9156 15年8月12日 17:39
  • @argus ご教授ありがとうございます.2つ目のコメントの件,確認しました.そのままではできていませんでした.変更案を適用させて頂きます. – marlowe 15年8月13日 6:53

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする