0

BeautyPlusというアプリがあって、その中で動画に美肌にみえるフィルターをかける機能があります。
これの実現方法を思案しているのですが、なにか良いアイデアがあればご教授頂きたいです。

より具体的に説明すると、肌認識、もしくは顔認識を駆使して、カメラに写っている人間の顔の皮膚の部分のみ、シミやシワを目立たなくしたいです。この工程には、①肌認識、‌​顔認識をする。②シミやシワを目立たなくする。があると思います。ここで、①で抽出した範囲に対して、GLSLで②の処理を行う方法を知りたいです。よろしくお願いします。

また、当方画像処理にあまり詳しくなく、ブラーをかけたり、輝度を上げるくらいしか、美肌にする方法を思いつきません。この他にどんな加工をしたらシミやシワを目立たなく‌​することができるかも教えて頂けると助かります。
GPUImage(もしくはGLSL)を使った肌認識の方法もご存知の方がいたら教えて頂けると助かります。

※現在は、GPUImageを使ってバイラテラルブラーフィルターと輝度を上げたものを美肌フィルターとして使っているのですが、バイラテラルブラーを使ってBeautyPlusと同じレベルでのシ‌​ミの除去を行おうとすると、絵がのっぺりして、解像度が低くなったような映像になってしまいます。なので、他になにか特別な手法があるのかな?と考えています。

  • まず、「画像をどう加工すれば美肌に見えるか」という点については解決済みでしょうか? 質問が曖昧すぎるので、もう少し質問自体を具体的にし、「技術的に何が分からないのか」を詰める必要があると思います。 – Shirone 15年8月8日 0:43
  • 説明が足りずすみません。肌認識、もしくは顔認識を駆使して、カメラに写っている人間の顔の皮膚の部分のみ、シミやシワを目立たなくしたいです。この工程には、①肌認識、顔認識をする。②シミやシワを目立たなくする。があると思います。ここで、①で抽出した範囲に対して、GLSLで②の処理を行う方法を知りたいです。よろしくお願いします。 – JohnyDgoode 15年8月11日 9:49
  • また、当方画像処理にあまり詳しくなく、ブラーをかけたり、輝度を上げるくらいしか、美肌にする方法を思いつきません。この他にどんな加工をしたらシミやシワを目立たなくすることができるかも教えて頂けると助かります。 – JohnyDgoode 15年8月11日 10:06
6

App Storeの画像を見ただけですが、シミの除去は「バイラテラルフィルター」だと思われます。また赤ら顔を抑えるための色調補正もかかっていますが、色空間やトーンカーブのパラメーターは分かりません。

追記・バイラテラルフィルターの仕組み

コメントに関連してバイラテラルフィルター他のぼかし処理ついて記しておきます。

まず一番単純なぼかしフィルターとしては3×3平滑化が挙げられます。これは

  • 画像のすべての画素の色をその画素の周囲9ピクセルの平均値で置き換える。

というアルゴリズムです。ここでの「平均値」は「1/9を掛けた値の合計」と言い換えられますが、この「1/9」をピクセルごとに別の値に変えたり、あるいは範囲を5×5や7×7に拡張すると別のフィルターが作れるわけです。このような処理を「畳み込み」と呼び、使用する係数を「カーネル」と称しますが、その中で一番メジャーなものがガウシアンフィルターで、

  • 距離の2乗の指数に反比例する重み(ガウス分布)を係数とする、 ※e^(-r^2/2σ^2)

つまり中心に近い画素を重視する平滑化処理です。

前置きが長くなりましたが、バイラテラルフィルターは

  • 「距離」と「中心画素との輝度差」のそれぞれでガウシアンの係数を計算し、それを掛け合わせて重みとする

処理になります。なので調整できるパラメーターとしては距離、輝度のσとなります。またバイラテラルフィルターは複数回連続で適用すると効果が強まるので、回数がパラメーターとなっている場合もあります。

というわけでGPUImageのdistanceNormalizationFactorは上の式のσだと思われ、遠くの画素をどれだけ重視するかを示しています。しかしGPUImageの実装では、「平均の計算対象となっている画素が9個しかない」ように思われます。この実装で微調整ができるのかは疑わしい、というのがコメントの意図です。

追記・アルファブレンド

上記のとおり、バイラテラルフィルターは「似た色の画素を重視して平均をとる」処理です。なので適用すると陰影が全体的に弱まり、輪郭周辺で急に色が変わるという傾向になります。

なので顎周辺でバイラテラルフィルター適用結果と元の画像を滑らかに切り替える、つまり適用画像に透明度(アルファ)を設定して元画像に重ねてやれば違和感が抑えられるかもしれません。やってみないと何とも言えませんが。

  • 回答ありがとうございます! 実は現在、GPUImageを使ってバイラテラルブラーフィルターと輝度を上げたものを美肌フィルターとして使っているのですが、バイラテラルブラーを使ってBeautyPlusと同じレベルでのシミの除去を行おうとすると、絵がのっぺりして、解像度が低くなったような映像になってしまいます。なので、他になにか手法があるのかな?と考えていました。 – JohnyDgoode 15年8月11日 12:31
  • @JohnyDgoode アルファブレンドなどの小細工をしているのかもしれませんが、スクリーンショットを見る限りではそういう印象はないですねぇ。GPUImageのバイラテラルフィルターはサンプル点数が9点しかないようなのでそれが原因なんじゃないかという気もします。 – pgrho 15年8月11日 15:21
  • GPUImageのバイラテラルフィルターにdistanceNormalizationFactorというプロパティがあり、これがサンプル点数のことだと思いました。アルファブレンドを使った小細工というのが気になったのですが、差し支えなければ教えて下さい! – JohnyDgoode 15年8月12日 4:45
  • 詳細に説明して頂きありがとうございます!教えて頂いた内容を足がかりに美肌フィルターを作ってみたいと思います。 – JohnyDgoode 15年8月13日 11:47

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする