1

Swiftの
 Optional 型 - nil の代入を許す
 非 optional 型 - nil の代入を許さない
があり、Optional型にするに「?」を使い、unwrapping(nilを排除)するのに「!」を使います。

しかし、よくあるコードで

var mMoviewPlayerView : MPMoviePlayerController!

の「!」はいまいちしっくりこないのです。
(1) MPMoviePlayerControllerやUIViewはもともとnilがあり、それをunwappingしたものを宣言しているのか?
(2) 宣言しているだけならば、中身はnilだと思うのですが何故エラーが出ないのでしょうか?

ご存知の方、ご教示お願いします。

2
var mMoviewPlayerView : MPMoviePlayerController!

この宣言は、Implicitly Unwrapped Optionalと呼ばれるものです。その名の通り、「暗黙のうちにunrwapが行われるOptional」です。

Optionalとは値としてnilを許容しますが、nilunrwapして利用しようとした場合に、実行時エラーを発生させる仕組みでした。

  1. Implicitly Unwrapped OptionalOptionalの一種なのでnilを取りうることができます。そのため、宣言時にnilであってもエラーは起きません。
  2. nilと評価されている状態で、値にアクセスすると暗黙のうちにunrwapが発生した結果、実行時エラーとなります。

なぜImplicitly Unwrapped Optionalが用いられるのでしょう。

これはプログラミングするタイミングで必ずnil以外の値が入っていることが保証されるケースにおいて、unrwapOptional Bindingの記述で冗長になることを防ぐためだと考えられます。

「必ずnilが入らないのであれば、そもそもOptionalにする必要もない」ように感じます。

しかしMPMoviePlayerControllerのようなGUI部品は、常にメモリ上にロードされているわけではありません。UIViewControllerのライフサイクルの中で、必要に応じて初期化・解放が行われるため、このような仕組みの方が都合がよいのです。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする