3

以下のようなコードから、ヘッダに参照関係があることが分かります。

A:import Foundation

import Foundation

let randValue = arc4random()    // OK!
autorelease {                   // OK!
    var today = NSDate()        // OK!
}

B:import ObjectiveC

import ObjectiveC

let randValue = arc4random()    // OK!
autorelease {                   // OK!
    var today = NSDate()        // NG!
}

C:import Darwin

import Darwin

let randValue = arc4random()    // OK!
autorelease {                   // NG!
    var today = NSDate()        // NG!
}

D:pure Swift

let randValue = arc4random()    // NG!
autorelease {                   // NG!
    var today = NSDate()        // NG!
}

つまり、Foundationをインポートすると暗黙のうちに依存関係にあるObjectiveCDarwinもインポートされるのですが、この依存関係を知る方法は存在しますか?

| この質問を改善する | |
3

xcode上でimport Foundationを右クリックしてJump to Definitionを実行すれば依存関係をたどることは可能ですが、階層が深いので一筋縄ではいきません。

あまり分かりやすい形ではありませんが、実行可能ファイルにリンクされているライブラリを調べれば、間接的に依存関係が分かります。

import Foundation

println("Hello, World!")

$ xcrun swiftc main.swift -F /System/Library/Frameworks/ -I /usr/include/
$ otool -L main
main:
    /usr/lib/libSystem.B.dylib (compatibility version 1.0.0, current version 1213.0.0)
    @rpath/libswiftCore.dylib (compatibility version 0.0.0, current version 0.0.0)
    @rpath/libswiftCoreGraphics.dylib (compatibility version 0.0.0, current version 0.0.0)
    @rpath/libswiftDarwin.dylib (compatibility version 0.0.0, current version 0.0.0)
    @rpath/libswiftDispatch.dylib (compatibility version 0.0.0, current version 0.0.0)
    @rpath/libswiftFoundation.dylib (compatibility version 0.0.0, current version 0.0.0)
    @rpath/libswiftObjectiveC.dylib (compatibility version 0.0.0, current version 0.0.0)
    @rpath/libswiftSecurity.dylib (compatibility version 0.0.0, current version 0.0.0)

libswiftCore.dylibだけはFoundationをインポートしなくてもリンクされるようです。
つまり、Foundationをインポートすると以下のモジュールもインポートされていることになります。

  • CoreGraphics
  • Darwin
  • Dispatch
  • ObjectiveC
  • Security
| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする