4

vagrantがバージョン1.7以降になってから
初回のbox作成・起動時にinsecure_private_key
置き換えていると説明されていますが、具体的に何がどうなっているのでしょうか。

質問の経緯は以下のとおりです。

現在ubuntu 15.04vagrant 1.7.2を使っています。
以前、ホストOSにwindows7を使っていた頃、
vagrantが1.7になってからのことですが、boxを新規作成させた後、
teraterm等からログインできなくなるという現象が起こり、
それについてはネットの情報を参考にVagrantfile

config.ssh.insert_key = false

という1文を挿入することでさしあたりの問題は解決しました。

いくつかの説明を読んでいると、どうやらvagrantが1.7になってからの仕様変更で、
vagrantの提供する共通公開鍵を持つboxを使ったゲストOS作成時では
それに対応するホスト側の秘密鍵(~/.vagrant.d/insecure_private_key)が
自動的に置き換えられてしまう……らしい……みたいなことになっていると
なんとなく理解していました。

ところが今日、OSをubuntuに変えてから初めて、

vagrant init chef/centos-6.6

とした後に、Vagrantfileを全く編集しない状態でも

vagrant ssh

とすると、普通にログインできてしまいました。
これは以前、windows7vagrant 1.7を使っていた時には
teratermでエラーになっていたはずでした。

これはもしかして1.7.2では何らかのバグが治ったのだろうか?
くらいに考え、でも気になるので、試しに
~/.vagrant.d/insecure_private_key

https://github.com/mitchellh/vagrant/blob/master/keys/

に置いてある、vagrantという名前のファイル
(共通公開鍵に対応する秘密鍵のはず)
の中身を比較してみると、中身が全く同じです。

ランダムに置き換えられた秘密鍵に変わるんじゃなかったのか??
と、これまでの理解か、確認の方法、またはその両方が間違っているらしいと
気が付いた次第。

元々公開鍵暗号の仕組みも、秘密鍵を持つ人だけが公開鍵を使って暗号を解ける、
くらいの理解しかなかったので、そもそもそれが間違いなのかもしれませんが、
結局、vagrant が初回のbox作成・起動時にinsecure_private_key
置き換えていると説明されているのは、具体的に何がどうなっているのでしょうか。

愚問かと思いますが、教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

3

自己解決しました。
確かに現在のvagrantはゲストOSの初回起動時にホストOS側の鍵情報を自動で変更し、ゲストOSと暗号の再調整を行っています。
ただし、その置換後に使う秘密鍵ファイルの場所はvagrant ssh-configというコマンドを使わないと分からないようになっていました。

$ vagrant up
...
...
(ゲストOS起動中)
...
(ゲストOS起動後に以下を実行)
$ vagrant ssh-config
HostName 127.0.0.1
User vagrant
Port 2222
UserKnownHostsFile /dev/null
StrictHostKeyChecking no
PasswordAuthentication no
IdentityFile /home/xxxx/.vagrant/machines/www/virtualbox/private_key
IdentitiesOnly yes
LogLevel FATAL

IdentityFile /home/xxxx/.vagrant/machines/www/virtualbox/private_keyの部分が置き換えられた秘密鍵ファイルです。
したがってこのファイルを指定してsshコマンドを実行するとvagrant sshとしたときと全く同じ動作をします。

ssh -p 2222 -l vagrant -i /home/xxxx/.vagrant/machines/www/virtualbox/private_key 127.0.0.1

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする