1

n進グレイコードの出力を行った
(参考:n進グレイコードの出力について
ので、その逆をやってみました。

# n進表記から n進グレイコードへ
def to_gray(n, k, str)
  str.rjust(k + 1, '0').split('').each_cons(2).map{|d| (d[1].to_i - d[0].to_i) % n}.join
end

# n進グレイコードから n進表記へ
def to_n_ary(n, k, str)
  ary0 = str.rjust(k, '0').split('')
  d = ary0[0].to_i
  n_ary = [d]
  (1..k - 1).each{|e|
    d = (d + ary0[e].to_i) % n
    n_ary << d
  }
  n_ary.join
end

n, k = 2, 3
ary = []
(0..n ** k - 1).each{|i| ary << to_n_ary(n, k, to_gray(n, k, i.to_s(n)))}
p ary # n進表記に戻っているはず

さて上記コードにおいて、
n > 10 のとき上手くいかないのですが、
 どのように修正すればよろしいでしょうか?
②to_gray(n, k, str) の逆操作を to_n_ary(n, k, str)
 で行なっているわけですが、
 to_n_ary(n, k, str)
 をもう少し短く書くにはどうすればよろしいでしょうか?

| この質問を改善する | |
1

(編集: n > 10 に対応しました)

n > 10 の場合でも正しく動作させるには to_i, to_sn を指定すれば良いです。

  1. .to_i.to_i(n) にする
  2. .join の実行前に .to_s(n) を明示的に行う

to_gray も修正が必要になりますね:

def to_gray(n, k, str)
  str.rjust(k + 1, '0').split('').each_cons(2).map{|d|
    ((d[1].to_i(n) - d[0].to_i(n)) % n).to_s(n)
  }.join
end

② やっている事は質問のコードと基本的に同じで、書き方を変えただけですが:

def to_n_ary(n, k, str)
  a = 0
  str.rjust(k, '0').split('').map{|d| ((a += d.to_i(n)) % n).to_s(n)}.join
end

n進数にした時の先頭の 0 を除くならば(この場合引数 k は使いませんね):

def to_n_ary(n, k, str)
  a = 0
  str.sub(/^0+(?!$)/, '').split('').map{|d| ((a += d.to_i(n)) % n).to_s(n)}.join
end
| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする