取り消し線を追加する方法があったので、元の回答を追いやすいように取り消し線で追加。
ソース リンク
M.M.
  • 881
  • 6
  • 7

※セキュリティ関連のトピックであり、注意が必要な内容を含みます。必ずご自身で確認・検証してください。

恐らく、読み取りを許可していない階層に読み取り対象があるのだと思われます。

変更後のread権限の書き方にミスがあります。 アクセスできないのはそれが原因だと思います。 元の書き方と見比べてみてください。 ※勘違いでした。申し訳ない。

ただし、個人情報などを含むデータに対して元の書き方をすると、全世界に対して読み取りの許可をした状態になります。適切な権限の設定が必要です。
どのデータがprivateで、どのデータがpublicなのか切り分けが必要だと思われます。

firebaseはかなり自由度が高いので、難しく考えるよりは、階層構造そのものをprivateとpublicに分け、データを完全に分離するという手もあります。これはprivateゾーンでは本人のみアクセス可能、publicゾーンでは誰でもアクセス可能という権限を設定し、その権限に沿ったデータを格納するだけですが、簡単かつ堅牢です。

※セキュリティ関連のトピックであり、注意が必要な内容を含みます。必ずご自身で確認・検証してください。

恐らく、読み取りを許可していない階層に読み取り対象があるのだと思われます。

ただし、個人情報などを含むデータに対して元の書き方をすると、全世界に対して読み取りの許可をした状態になります。適切な権限の設定が必要です。
どのデータがprivateで、どのデータがpublicなのか切り分けが必要だと思われます。

firebaseはかなり自由度が高いので、難しく考えるよりは、階層構造そのものをprivateとpublicに分け、データを完全に分離するという手もあります。これはprivateゾーンでは本人のみアクセス可能、publicゾーンでは誰でもアクセス可能という権限を設定し、その権限に沿ったデータを格納するだけですが、簡単かつ堅牢です。

※セキュリティ関連のトピックであり、注意が必要な内容を含みます。必ずご自身で確認・検証してください。

恐らく、読み取りを許可していない階層に読み取り対象があるのだと思われます。

変更後のread権限の書き方にミスがあります。 アクセスできないのはそれが原因だと思います。 元の書き方と見比べてみてください。 ※勘違いでした。申し訳ない。

ただし、個人情報などを含むデータに対して元の書き方をすると、全世界に対して読み取りの許可をした状態になります。適切な権限の設定が必要です。
どのデータがprivateで、どのデータがpublicなのか切り分けが必要だと思われます。

firebaseはかなり自由度が高いので、難しく考えるよりは、階層構造そのものをprivateとpublicに分け、データを完全に分離するという手もあります。これはprivateゾーンでは本人のみアクセス可能、publicゾーンでは誰でもアクセス可能という権限を設定し、その権限に沿ったデータを格納するだけですが、簡単かつ堅牢です。

蛇足になりそうだったので()書きを削除。
ソース リンク
M.M.
  • 881
  • 6
  • 7

※セキュリティ関連のトピックであり、注意が必要な内容を含みます。必ずご自身で確認・検証してください。

恐らく、読み取りを許可していない階層に読み取り対象があるのだと思われます。

ただし、個人情報などを含むデータに対して元の書き方(階層構造のルートに対して再帰ワイルドカード構文など)をすると、全世界に対して読み取りの許可をした状態になります。適切な権限の設定が必要です。
どのデータがprivateで、どのデータがpublicなのか切り分けが必要だと思われます。

firebaseはかなり自由度が高いので、難しく考えるよりは、階層構造そのものをprivateとpublicに分け、データを完全に分離するという手もあります。これはprivateゾーンでは本人のみアクセス可能、publicゾーンでは誰でもアクセス可能という権限を設定し、その権限に沿ったデータを格納するだけですが、簡単かつ堅牢です。

※セキュリティ関連のトピックであり、注意が必要な内容を含みます。必ずご自身で確認・検証してください。

恐らく、読み取りを許可していない階層に読み取り対象があるのだと思われます。

ただし、個人情報などを含むデータに対して元の書き方(階層構造のルートに対して再帰ワイルドカード構文など)をすると、全世界に対して読み取りの許可をした状態になります。適切な権限の設定が必要です。
どのデータがprivateで、どのデータがpublicなのか切り分けが必要だと思われます。

firebaseはかなり自由度が高いので、難しく考えるよりは、階層構造そのものをprivateとpublicに分け、データを完全に分離するという手もあります。これはprivateゾーンでは本人のみアクセス可能、publicゾーンでは誰でもアクセス可能という権限を設定し、その権限に沿ったデータを格納するだけですが、簡単かつ堅牢です。

※セキュリティ関連のトピックであり、注意が必要な内容を含みます。必ずご自身で確認・検証してください。

恐らく、読み取りを許可していない階層に読み取り対象があるのだと思われます。

ただし、個人情報などを含むデータに対して元の書き方をすると、全世界に対して読み取りの許可をした状態になります。適切な権限の設定が必要です。
どのデータがprivateで、どのデータがpublicなのか切り分けが必要だと思われます。

firebaseはかなり自由度が高いので、難しく考えるよりは、階層構造そのものをprivateとpublicに分け、データを完全に分離するという手もあります。これはprivateゾーンでは本人のみアクセス可能、publicゾーンでは誰でもアクセス可能という権限を設定し、その権限に沿ったデータを格納するだけですが、簡単かつ堅牢です。

微修正。
ソース リンク
M.M.
  • 881
  • 6
  • 7

変更後のread権限の書き方※セキュリティ関連のトピックであり、注意が必要な内容を含みます。必ずご自身で確認・検証してください。

恐らく、読み取りを許可していない階層ミス読み取り対象あります。
アクセスできないあるはそれが原因だと思い思われます
元の書き方と見比べてみてください

ただし、個人情報などを含むデータに対して元の書き方(階層構造のルートに対して再帰ワイルドカード構文など)をすると、全世界に対して読み取りの許可をした状態になります。適切な権限の設定が必要です。
どのデータがprivateで、どのデータがpublicなのか切り分けが必要だと思われます。

firebaseはかなり自由度が高いので、難しく考えるよりは、階層構造そのものをprivateとpublicに分け、データを完全に分離するという手もあります。これはprivateゾーンでは本人のみアクセス可能、publicゾーンでは誰でもアクセス可能という権限を設定し、その権限に沿ったデータを格納するだけですが、簡単かつ堅牢です。

変更後のread権限の書き方ミスあります。
アクセスできないはそれが原因だと思います
元の書き方と見比べてみてください

ただし、個人情報などを含むデータに対して元の書き方をすると、全世界に対して読み取りの許可をした状態になります。適切な権限の設定が必要です。
どのデータがprivateで、どのデータがpublicなのか切り分けが必要だと思われます。

firebaseはかなり自由度が高いので、難しく考えるよりは、階層構造そのものをprivateとpublicに分け、データを完全に分離するという手もあります。これはprivateゾーンでは本人のみアクセス可能、publicゾーンでは誰でもアクセス可能という権限を設定し、その権限に沿ったデータを格納するだけですが、簡単かつ堅牢です。

※セキュリティ関連のトピックであり、注意が必要な内容を含みます。必ずご自身で確認・検証してください。

恐らく、読み取りを許可していない階層読み取り対象あるのだと思われます。

ただし、個人情報などを含むデータに対して元の書き方(階層構造のルートに対して再帰ワイルドカード構文など)をすると、全世界に対して読み取りの許可をした状態になります。適切な権限の設定が必要です。
どのデータがprivateで、どのデータがpublicなのか切り分けが必要だと思われます。

firebaseはかなり自由度が高いので、難しく考えるよりは、階層構造そのものをprivateとpublicに分け、データを完全に分離するという手もあります。これはprivateゾーンでは本人のみアクセス可能、publicゾーンでは誰でもアクセス可能という権限を設定し、その権限に沿ったデータを格納するだけですが、簡単かつ堅牢です。

ソース リンク
M.M.
  • 881
  • 6
  • 7
読み込んでいます