次の項目のタイムライン: Qiita のページに載っているスクリプトのライセンスは?

現在のライセンス: CC BY-SA 4.0

4 件のイベント
日時 書式を切り替える 内容 ユーザー ライセンス コメント
20年1月12日 21:32 コメント 追加済み k system Linux の パッチを送信するときには、カーネルパッチ作成・投稿に関する指針 にあるように 『「 sign-off 」とは、パッチがあなたの書いたものであるか、あるいは、あなたがそのパッチをオープンソースとして提供する権利を保持している、 という証明をパッチの説明の末尾に一行記載するというものです。(当該プロジェクト又は関連する オープンソースライセンスに沿った形で再配布されることに理解及び 同意する。 ・・途中省略・・) もしこれに同意できるなら、以下のような1行を追加してください。 Signed-off-by: Random J Developer <random@developer.example.org> 』と書かれています。 signed-off は英語圏のビジネス文書を承認する用途で利用する言葉らしいです。
20年1月12日 14:42 コメント 追加済み cubick git のコミットへの署名はあくまでコミットしたユーザーの正当性 (=なりすまし等がないか) を確認するものであり、ライセンスの話とは直接関連が無いように思います。
20年1月12日 12:18 履歴 編集日時 k system CC BY-SA 4.0
本文に 843 文字追加
20年1月12日 11:52 履歴 回答を投稿 k system CC BY-SA 4.0