2 本文に 2 文字追加
ソース | リンク

RubyでClassを作っているのですが、どちらのインターフェイスの方が良いのか悩んでいます。

パターンA

class Hoge
  def piyo=(piyo_data)
    #do_something
    @piyo = piyo_data
  end

  def fuga=(fuga_data)
    #do_something
    @fuga = fuga_data
  end

  def send
    Api.call({
      piyo: @piyo,
      fuga: @fuga
    })
  end
end

# Usage
hoge = Hoge.new
hoge.piyo = piyo
hoge.fuga = fuga
hoge.send

パターンB

class Hoge
  def send(piyo_data, fuga_data)
    Api.call({
      piyo: piyo(piyo_data),
      fuga: fuga(fuga_data)
    })
  end

  private
  def piyo(piyo_data)
    #do_something
    piyo_data
  end

  def fuga(fuga_data)
    #do_something
    fuga_data
  end
end

# Usage
hoge = Hoge.new
hoge.send(piyo, fuga)

パターンAは、いちいち各メソッドでデータをセットしていくのが使う側からすると面倒くさそうに見えます。パターンBは、引数が増えてきたときにわかりにくそうに見えます。

RubyでClassを作っているのですが、どちらのインターフェイスの方が良いのか悩んでいます。

パターンA

class Hoge
  def piyo(piyo_data)
    #do_something
    @piyo = piyo_data
  end

  def fuga(fuga_data)
    #do_something
    @fuga = fuga_data
  end

  def send
    Api.call({
      piyo: @piyo,
      fuga: @fuga
    })
  end
end

# Usage
hoge = Hoge.new
hoge.piyo = piyo
hoge.fuga = fuga
hoge.send

パターンB

class Hoge
  def send(piyo_data, fuga_data)
    Api.call({
      piyo: piyo(piyo_data),
      fuga: fuga(fuga_data)
    })
  end

  private
  def piyo(piyo_data)
    #do_something
    piyo_data
  end

  def fuga(fuga_data)
    #do_something
    fuga_data
  end
end

# Usage
hoge = Hoge.new
hoge.send(piyo, fuga)

パターンAは、いちいち各メソッドでデータをセットしていくのが使う側からすると面倒くさそうに見えます。パターンBは、引数が増えてきたときにわかりにくそうに見えます。

RubyでClassを作っているのですが、どちらのインターフェイスの方が良いのか悩んでいます。

パターンA

class Hoge
  def piyo=(piyo_data)
    #do_something
    @piyo = piyo_data
  end

  def fuga=(fuga_data)
    #do_something
    @fuga = fuga_data
  end

  def send
    Api.call({
      piyo: @piyo,
      fuga: @fuga
    })
  end
end

# Usage
hoge = Hoge.new
hoge.piyo = piyo
hoge.fuga = fuga
hoge.send

パターンB

class Hoge
  def send(piyo_data, fuga_data)
    Api.call({
      piyo: piyo(piyo_data),
      fuga: fuga(fuga_data)
    })
  end

  private
  def piyo(piyo_data)
    #do_something
    piyo_data
  end

  def fuga(fuga_data)
    #do_something
    fuga_data
  end
end

# Usage
hoge = Hoge.new
hoge.send(piyo, fuga)

パターンAは、いちいち各メソッドでデータをセットしていくのが使う側からすると面倒くさそうに見えます。パターンBは、引数が増えてきたときにわかりにくそうに見えます。

1
ソース | リンク

classのインターフェイスについて

RubyでClassを作っているのですが、どちらのインターフェイスの方が良いのか悩んでいます。

パターンA

class Hoge
  def piyo(piyo_data)
    #do_something
    @piyo = piyo_data
  end

  def fuga(fuga_data)
    #do_something
    @fuga = fuga_data
  end

  def send
    Api.call({
      piyo: @piyo,
      fuga: @fuga
    })
  end
end

# Usage
hoge = Hoge.new
hoge.piyo = piyo
hoge.fuga = fuga
hoge.send

パターンB

class Hoge
  def send(piyo_data, fuga_data)
    Api.call({
      piyo: piyo(piyo_data),
      fuga: fuga(fuga_data)
    })
  end

  private
  def piyo(piyo_data)
    #do_something
    piyo_data
  end

  def fuga(fuga_data)
    #do_something
    fuga_data
  end
end

# Usage
hoge = Hoge.new
hoge.send(piyo, fuga)

パターンAは、いちいち各メソッドでデータをセットしていくのが使う側からすると面倒くさそうに見えます。パターンBは、引数が増えてきたときにわかりにくそうに見えます。