5 Ref to Dmitry Soshnikov's "ECMA-262-5 in Detail"
ソース | リンク

※文字(string)型はオブジェクトと同じように扱われます。
※ここではポインタに相当するものをアドレス値と呼んでいます。(メモリ上のアドレスの値そのままということではない)
※ ここで扱うプリミティブ型とは、boolean, stringnumber であり、nullundefined を除く。

原文からは、「複製」や「作成」や「格納」という言葉がどこさすのかは読み取れ読み取れませんでした。私は Javascript を使ってメタに書けば以下のような感じで理解しましたできただけです

追記:

調べたら、関連するものがありました。共有だか参照だかを述べた日本語訳のある「詳細 ECMA-262-3」と同じ方が書かれたもので、「ECMA-262-5 in Detail」 の中の記述です。

Think about bindings not as by-reference, but (from C viewpoint) as
by-pointer (or sometimes — by-sharing) operation. Often it’s also
called as a special case of by-value where value is an address.
Assignment just changes (rebinds) the pointer’s value (the address)
from one memory block to another. And when we assign one variable to
another we just copy the address of the same object to the second
variable. Now two identifiers are said to share the one object. From
here the name — by-sharing.

参考: ECMA-262-5 in detail. Chapter 3.2. Lexical environments: ECMAScript implementation.

まだ、なんかこう、もやもや感がのこる・・・

それよりも、ここでは変数がオブジェクトを保持することを、"Name-Binding"とも説明しているのが興味深いですね。変数にオブジェクトを「代入」ではなく「リバインディング」とも言っています。変数名にオブジェクトがバインドされているという概念なんですって。イメージとしては、バインドほうが余計な先入観がなく、説明によいかもしれないと思いました。

※文字(string)型はオブジェクトと同じように扱われます。
※ここではポインタに相当するものをアドレス値と呼んでいます。(メモリ上のアドレスの値そのままということではない)

原文からは、「複製」や「作成」や「格納」という言葉がどこさすのかは読み取れませんでした。私は Javascript を使ってメタに書けば以下のような感じで理解しました

※文字(string)型はオブジェクトと同じように扱われます。
※ここではポインタに相当するものをアドレス値と呼んでいます。(メモリ上のアドレスの値そのままということではない)
※ ここで扱うプリミティブ型とは、boolean, stringnumber であり、nullundefined を除く。

原文からは、「複製」や「作成」や「格納」という言葉を読み取れませんでした。私は Javascript を使ってメタに書けば以下のような感じで理解できただけです

追記:

調べたら、関連するものがありました。共有だか参照だかを述べた日本語訳のある「詳細 ECMA-262-3」と同じ方が書かれたもので、「ECMA-262-5 in Detail」 の中の記述です。

Think about bindings not as by-reference, but (from C viewpoint) as
by-pointer (or sometimes — by-sharing) operation. Often it’s also
called as a special case of by-value where value is an address.
Assignment just changes (rebinds) the pointer’s value (the address)
from one memory block to another. And when we assign one variable to
another we just copy the address of the same object to the second
variable. Now two identifiers are said to share the one object. From
here the name — by-sharing.

参考: ECMA-262-5 in detail. Chapter 3.2. Lexical environments: ECMAScript implementation.

まだ、なんかこう、もやもや感がのこる・・・

それよりも、ここでは変数がオブジェクトを保持することを、"Name-Binding"とも説明しているのが興味深いですね。変数にオブジェクトを「代入」ではなく「リバインディング」とも言っています。変数名にオブジェクトがバインドされているという概念なんですって。イメージとしては、バインドほうが余計な先入観がなく、説明によいかもしれないと思いました。

4 Added more explanation on "passed-by-value"
ソース | リンク

まず、参照渡し、値渡しと分けて考えなくても良いのではないでしょうか。
考えると混乱するだけです。

ほとんどのプログラミング言語での関数呼び出しに対する、私の理解は、

全て値渡しをする。

であり、Javascript 言語について特別なことは、

変数自体のアドレス値を渡す手段扱う指定がない

ということ特徴があるだけです。この理解の仕方で納得できるでしょうか?

Javascript では、オブジェクトを引数として関数が呼び出される時に実際はオブジェクトを指し示すアドレス値が渡されることになります。変数(入れ物)のアドレス値を渡すような指定がありはできません。プリミティブ型(文字以外)の場合でも、変数の中身が渡されます。これも変数自体のアドレス値を渡すことになる指定はできません。「変数にオブジェクトが入っている」とは実質オブジェクトを指すアドレス値が入っているとみなせ、関数にオブジェクトを渡すとは、オブジェクトを指すアドレス値を渡すことと言えます。くどいようですが変数を渡すことではありません。

混乱の原因は言語によって、「XXX渡し 渡しの言葉の意味するところが変わることです。参照渡し、共有渡しなどの言葉は、それぞれのプログラミング言語での記述の概念を理解しやすくするための言い回しと考える程度でよく、世の中には、値しかない、と割り切ったほうが理解がしやすいかと考えます。 (共有が参照渡しと違うのは、アドレス値が複製される、ということだけでしょうか、もやもそこがもやもやします。)

※文字(string)型はオブジェクトと同じように扱われます。
※ここではポインタに相当するものをアドレス値と呼んでいます。(メモリ上のアドレスの値そのままということではない)

例えばProperty Accessorsの仕様で 「Return a value of type Reference whose base
value is bv」
というのは、作成されるReferenceのbaseにbvそのものを格納する→bvをデータとして複製して格納ではなく、その存在そのものを格納→実際は参照(ポインタ)に当たるものが格納されるイメージ、というニュアンスなのでしょうか?

原文からは、「複製」や「作成」や「格納」という言葉がどこをさすのかは読み取れませんでした。私は Javascript を使ってメタに書けば以下のような感じで理解しました。

return Reference({
    base_value       : by,        // MemberExpression からの値
    referenced_name  : nameValue, // IdentifierReference からの値
    strict_reference : true,      // true か false
})

まず、参照渡し、値渡しと分けて考えなくても良いのではないでしょうか。
考えると混乱するだけです。

ほとんどのプログラミング言語での関数呼び出しに対する、私の理解は、

全て値渡しをする。

であり、Javascript 言語については、

変数自体のアドレス値を渡す手段がない

ということです。この理解の仕方で納得できるでしょうか?

Javascript では、オブジェクトを引数として関数が呼び出される時に、オブジェクトアドレス値が渡されることになり変数(入れ物)のアドレス値を渡すような指定がありません。プリミティブ型(文字以外)の場合でも、変数の中身が渡され変数自体のアドレス値を渡すことになる指定はありません。

混乱の原因は言語によって、「XXX渡しの言葉の意味するところが変わることです。参照渡し、共有渡しなどの言葉は、それぞれのプログラミング言語での記述の概念を理解しやすくするための言い回しと考える程度でよく、世の中には、値しかない、と割り切ったほうが理解がしやすいかと考えます。 (共有が参照渡しと違うのは、アドレス値が複製される、ということだけでしょうか、もやもやします。)

※文字(string)型はオブジェクトと同じように扱われます。
※ここではポインタに相当するものをアドレス値と呼んでいます

例えばProperty Accessorsの仕様で 「Return a value of type Reference whose base
value is bv」
というのは、作成されるReferenceのbaseにbvそのものを格納する→bvをデータとして複製して格納ではなく、その存在そのものを格納→実際は参照(ポインタ)に当たるものが格納されるイメージ、というニュアンスなのでしょうか?

原文からは、「複製」や「作成」や「格納」という言葉がどこをさすのかは読み取れませんでした。私は Javascript を使ってメタに書けば以下のような感じで理解しました。

return Reference({
    base_value       : by,        // MemberExpression からの値
    referenced_name  : nameValue, // IdentifierReference からの値
    strict_reference : true,      // true か false
})

まず、参照渡し、値渡しと分けて考えなくても良いのではないでしょうか。
考えると混乱するだけです。

ほとんどのプログラミング言語での関数呼び出しに対する、私の理解は、

全て値渡しをする。

であり、Javascript 言語について特別なことは、

変数自体のアドレス値を扱う指定がない

という特徴があるだけです。この理解の仕方で納得できるでしょうか?

Javascript では、オブジェクトを引数として関数が呼び出される時に、実際はオブジェクトを指し示すアドレス値が渡されることになります。変数(入れ物)のアドレス値を渡すような指定はできません。プリミティブ型(文字以外)の場合でも、変数の中身が渡されます。これも変数自体のアドレス値を渡すことになる指定はできません。「変数にオブジェクトが入っている」とは実質オブジェクトを指すアドレス値が入っているとみなせ、関数にオブジェクトを渡すとは、オブジェクトを指すアドレス値を渡すことと言えます。くどいようですが変数を渡すことではありません。

混乱の原因は言語によって、「XXX 渡し」の言葉の意味するところが変わることです。参照渡し、共有渡しなどの言葉は、それぞれのプログラミング言語での記述の概念を理解しやすくするための言い回しと考える程度でよく、世の中には、値しかない、と割り切ったほうが理解がしやすいかと考えます。 (共有が参照渡しと違うのは、アドレス値が複製される、ということだけでしょうか、そこがもやもやします。)

※文字(string)型はオブジェクトと同じように扱われます。
※ここではポインタに相当するものをアドレス値と呼んでいます。(メモリ上のアドレスの値そのままということではない)

例えばProperty Accessorsの仕様で 「Return a value of type Reference whose base
value is bv」
というのは、作成されるReferenceのbaseにbvそのものを格納する→bvをデータとして複製して格納ではなく、その存在そのものを格納→実際は参照(ポインタ)に当たるものが格納されるイメージ、というニュアンスなのでしょうか?

原文からは、「複製」や「作成」や「格納」という言葉がどこをさすのかは読み取れませんでした。私は Javascript を使ってメタに書けば以下のような感じで理解しました。

return Reference({
    base_value       : by,        // MemberExpression からの値
    referenced_name  : nameValue, // IdentifierReference からの値
    strict_reference : true,      // true か false
})
3 Fixed sentences that could possibly increase the risk of dementia
ソース | リンク

まず、参照渡し、値渡しと分けて考えなくても良いのではないでしょうか。
考えると混乱するだけです。忘れましょう。楽になりましょう。

ほとんどのプログラミング言語での関数呼び出しに対する、私の理解は、

全て値渡しをする。

であり、Javascript 言語については、

変数自体のアドレス値を渡す手段がない

ということです。この理解の仕方で納得できるでしょうか?

オブジェクトがJavascript では、オブジェクトを引数として指定され、関数が呼び出される時には、オブジェクトのアドレス値が渡されますがれることになり、変数(入れ物)のアドレス値を渡すような指定渡されることは決してありません。

プリミティブプリミティブ型(文字以外)の場合でも、変数の中身が渡され、変数自体のアドレス値が渡されるを渡すことになる指定はありません。

混乱の原因は言語によって、「参照渡しXXX渡し」等の単語言葉の意味するところ変わるところで、ことです。参照渡し、共有渡しなどの言葉は、それぞれのプログラミング言語特有記述の概念を理解しやすくするための定義付け言い回しと考える程度でよく、世の中には、値しかない、と割り切ったほうが理解がしやすいかと考えます。 EcmaScript の仕様書に共有が参照渡しと書いてないのであれば、無理にくくらなくてもいいのではないでしょうか?(共有と言っている違うのは、アドレス値が複製される、ということですがだけでしょうかどうももやもやしもやもやします。)

※文字(string)型はオブジェクトと同じように扱われます。
※ここではポインタに相当するものをアドレス値と呼んでいます。

例えばProperty Accessorsの仕様で 「Return a value of type Reference whose base
value is bv」
というのは、作成されるReferenceのbaseにbvそのものを格納する→bvをデータとして複製して格納ではなく、その存在そのものを格納→実際は参照(ポインタ)に当たるものが格納されるイメージ、というニュアンスなのでしょうか?

原文からは、「複製」や「作成」や「格納」という言葉がどこをさすのかは読み取れませんでした。私は Javascript を使ってメタに書けば以下のような感じで理解しました。

return Reference({
    base_value       : by,        // MemberExpression からの値
    referenced_name  : nameValue, // IdentifierReference からの値
    strict_reference : true,      // true か false
})

まず、参照渡し、値渡しと分けて考えなくても良いのではないでしょうか。
考えると混乱するだけです。忘れましょう。楽になりましょう。

ほとんどのプログラミング言語での関数呼び出しに対する、私の理解は、

全て値渡しをする。

であり、Javascript 言語については、

変数自体のアドレス値を渡す手段がない

ということです。この理解の仕方で納得できるでしょうか?

オブジェクトが引数として指定され、関数が呼び出される時には、オブジェクトのアドレス値が渡されますが、変数(入れ物)のアドレス値が渡されることは決してありません。

プリミティブ型(文字以外)の場合でも、変数の中身が渡され、変数自体のアドレス値が渡されることはありません。

混乱の原因は言語によって、「参照渡し」等の単語の意味するところ変わるところで、参照渡し、共有渡しなどは、言語特有の概念を理解しやすくするための定義付けと考える程度でよく、世の中には、値しかない、と割り切ったほうが理解がしやすいかと考えます。 EcmaScript の仕様書に共有渡しと書いてないのであれば、無理にくくらなくてもいいのではないでしょうか?(共有と言っているのは、アドレス値が複製される、ということですがどうももやもやします

※文字(string)型はオブジェクトと同じように扱われます。
※ここではポインタに相当するものをアドレス値と呼んでいます。

例えばProperty Accessorsの仕様で 「Return a value of type Reference whose base
value is bv」
というのは、作成されるReferenceのbaseにbvそのものを格納する→bvをデータとして複製して格納ではなく、その存在そのものを格納→実際は参照(ポインタ)に当たるものが格納されるイメージ、というニュアンスなのでしょうか?

原文からは、「複製」や「作成」や「格納」という言葉がどこをさすのかは読み取れませんでした。私は Javascript を使ってメタに書けば以下のような感じで理解しました。

return Reference({
    base_value       : by,        // MemberExpression からの値
    referenced_name  : nameValue, // IdentifierReference からの値
    strict_reference : true,      // true か false
})

まず、参照渡し、値渡しと分けて考えなくても良いのではないでしょうか。
考えると混乱するだけです。

ほとんどのプログラミング言語での関数呼び出しに対する、私の理解は、

全て値渡しをする。

であり、Javascript 言語については、

変数自体のアドレス値を渡す手段がない

ということです。この理解の仕方で納得できるでしょうか?

Javascript では、オブジェクトを引数として関数が呼び出される時には、オブジェクトのアドレス値が渡されることになり、変数(入れ物)のアドレス値を渡すような指定がありません。プリミティブ型(文字以外)の場合でも、変数の中身が渡され、変数自体のアドレス値を渡すことになる指定はありません。

混乱の原因は言語によって、「XXX渡し」等の言葉の意味するところ変わることです。参照渡し、共有渡しなどの言葉は、それぞれのプログラミング言語記述の概念を理解しやすくするための言い回しと考える程度でよく、世の中には、値しかない、と割り切ったほうが理解がしやすいかと考えます。 共有が参照渡しと違うのは、アドレス値が複製される、ということだけでしょうかもやもやします。)

※文字(string)型はオブジェクトと同じように扱われます。
※ここではポインタに相当するものをアドレス値と呼んでいます。

例えばProperty Accessorsの仕様で 「Return a value of type Reference whose base
value is bv」
というのは、作成されるReferenceのbaseにbvそのものを格納する→bvをデータとして複製して格納ではなく、その存在そのものを格納→実際は参照(ポインタ)に当たるものが格納されるイメージ、というニュアンスなのでしょうか?

原文からは、「複製」や「作成」や「格納」という言葉がどこをさすのかは読み取れませんでした。私は Javascript を使ってメタに書けば以下のような感じで理解しました。

return Reference({
    base_value       : by,        // MemberExpression からの値
    referenced_name  : nameValue, // IdentifierReference からの値
    strict_reference : true,      // true か false
})
2 本文に 44 文字追加
ソース | リンク
1
ソース | リンク