2 編集済みの本文
ソース | リンク

Run Lengthのフォーマットに決まりはないので圧縮後にどのようなデータ構造にするかは用途によります。データにアルファベットしか出現しないことが分かっているのであればWWWBBW3B2と圧縮しても問題ないわけです。

任意のバイト列を表現したいなら、単純に繰り返すバイトと繰り返し回数を連続させるだけでもOKです。

例えば11111000(0x31 0x31 0x31 0x31 0x31 0x30 0x30 0x30) なら0x31 0x05 0x30 0x03のように表現圧縮できます。

Run Lengthのフォーマットに決まりはないので圧縮後にどのようなデータ構造にするかは用途によります。データにアルファベットしか出現しないことが分かっているのであればWWWBBW3B2と圧縮しても問題ないわけです。

任意のバイト列を表現したいなら、単純に繰り返すバイトと繰り返し回数を連続させるだけでもOKです。

例えば11111000(0x31 0x31 0x31 0x31 0x31 0x30 0x30 0x30) なら0x31 0x05 0x30 0x03のように表現できます。

Run Lengthのフォーマットに決まりはないので圧縮後にどのようなデータ構造にするかは用途によります。データにアルファベットしか出現しないことが分かっているのであればWWWBBW3B2と圧縮しても問題ないわけです。

任意のバイト列を表現したいなら、単純に繰り返すバイトと繰り返し回数を連続させるだけでもOKです。

例えば11111000(0x31 0x31 0x31 0x31 0x31 0x30 0x30 0x30) なら0x31 0x05 0x30 0x03のように圧縮できます。

1
ソース | リンク

Run Lengthのフォーマットに決まりはないので圧縮後にどのようなデータ構造にするかは用途によります。データにアルファベットしか出現しないことが分かっているのであればWWWBBW3B2と圧縮しても問題ないわけです。

任意のバイト列を表現したいなら、単純に繰り返すバイトと繰り返し回数を連続させるだけでもOKです。

例えば11111000(0x31 0x31 0x31 0x31 0x31 0x30 0x30 0x30) なら0x31 0x05 0x30 0x03のように表現できます。