質問の投稿者にリワードを付与するため信用度が再計算されています。 続きを読む

どのような質問は避けるべきですか?

まず、質問がこのサイトのトピックに沿っていることを確認してください。

自分が直面している実際の問題に基づいて、実用的で回答可能な質問のみをしてください。くだけた自由回答形式の質問は、サイトの有用性を損ない、他の質問を最初のページから押しのけてしまいます。

質問は妥当な範囲にしてください。質問の回答として 1 冊の本を想像しているなら、質問の範囲が広すぎます。

質問の動機が「______に関する議論に参加したい」である場合は、ここで質問しないでください。しかし、動機が「他の人に ______ を説明してほしい」であれば、おそらく OK です。(ディスカッションはもちろん、リアルタイム ウェブ チャットで歓迎されます。)

質問が通報されるのを予防するため (削除の可能性も)、次のような主観的な質問は避けてください

  • どの回答も同様に有効:「好きな ______ は何ですか?」
  • 質問と一緒に回答も提示され、さらに他の回答を期待している:「私は ______ に ______ を使用しています。皆さんは何を使用しますか?」
  • 解決すべき実際の問題がない:「他の人が私と同じように感じるか興味があります。」
  • 自由形式の仮定的な質問をしている:「もし ______ が起きたらどうしますか?」
  • 質問を装った暴言: 「______ は最悪ですよね?」

(上記のセクションは、 MetaFilter’s FAQ (MetaFilter の FAQ) から改作したものです。)

一部の主観的な質問は許されますが、「主観的」とは「何でもあり」という意味ではありません。すべての主観的な質問は建設的であることが期待されます。どういう意味でしょうか?建設的で主観的な質問とは以下のようなものです。

  • 「なぜ」と「どうやって」を説明する回答を引き出す
  • 短い回答ではなく長い回答がつきやすい
  • 建設的で公正、かつ偏らないトーンである
  • 意見よりも経験を共有することを歓迎する
  • 意見が事実と参考資料で裏付けされていると主張する
  • 単なる思慮のない交流を楽しむものではない

詳細は、guidelines for great subjective questions (素晴らしい主観的な質問のガイドライン) および本当の質問には回答があるに関するブログ投稿をお読みください。

質問がサイト自体に関するものである場合は、ここでは質問しないでください。メタディスカッション サイトでは、どのような質問が適切か、どのタグを使用すべきか、機能の推奨、バグの指摘、またはこのサイトの仕組みについての一般的な議論について話すことができます。